鯉の滝登り

好きなものを、好きなように、好きなだけ。

フジフレンドパーク2017 Zepp DiverCity TOKYO(6/30)

※この記事はフジファブリックの対バンツアー「フジフレンドパーク2017」のツアーネタバレを含みます。行かれる方は念のため回避をおすすめします。

いつもありがとうございます。

 

 

 

内容に入る前に書いておきたいことがありますが、飛ばしていただいても構いません。
文章を書くことに関しては素人ですが、このブログにも一応著作権があるので盗用・丸パクリはお控えください。文章を引っ張りたい場合は引用でお願い致します。

書く形式を真似ていただくのは非常に光栄ですが、明らかなコピペはお互い恥ずかしいのでオリジナルでがんばりましょう。

わたしもブログを書く際は細心の注意を払っておりますが、お気づきの点ございましたらお知らせください。

 

 

 

 

2017年上半期最終日の6/30。昨日の東京ドームから場所を移し、Zepp DiverCity TOKYOへ向かう。

 

f:id:xxkanakoxx:20170701132102j:image

フジファブリックの2マンツアー「フジフレンドパーク2017」。今年で4年目の開催。

アー写更新されてない!!って思ったけど、シングルリリースかツアー開始まではゆるす

 

先日のPerfumeは個人的に意外や意外という感じはあったものの、UNISON SQUARE GARDENは絶対来るだろうなと思っていたので嬉しい。SMAの先輩後輩での対バン。

 

f:id:xxkanakoxx:20170701132334j:image

 Zepp DCは本当にいい箱。音もいいし電波も入るしどこからでもステージが見やすい。およそ2500名のキャパシティでこんなにわくわくするライブハウスもなかなかない。

開演前SEにX JAPANの"紅"がかかっていて妙な違和感すら覚えたが、温度差が心地よくてなんとも不思議な感覚だった。

 

 

 

まずはUNISON SQUARE GARDENのアクトから。

 

19:03、暗転。青色の光と共にいつものSE。

鈴木→田淵→斎藤の順で登場。田淵の白Tシャツが新鮮。袖が長めでかわいい。ギターボーカルはステージ中央で右手を高く上げて一礼。誇らしげな表情が印象的。

 

 

01.サイレンインザスパ

対バンでもキレのある幕開け。

でもなんだか「目で殺す」みたいな恐怖感よりも激しさによる楽しさの方が勝ってたな、今日は。フジファブリックのファンの方が「やばい」「すごい」って口々に言ってて思わずドヤ顔。

テンプレート的なヘイ未遂。知らなかった人と知ってて引っかかってしまった人と引っかからなくてドヤ顔してる人と無関心な人が混在してて一瞬のプチカオス。嫌いじゃない。

この曲のギター大好きだし、間奏のギター弾きながらつま先上がる宏介さんも良かった。

 


02.ワールドワイド・スーパーガール

この流れは胸が高鳴る。

Bメロ3人のまあ楽しそうなことよ。いい顔してる。宏介さんと田淵のリズムの取り方が違うから2人を交互に見るのが好き。

サビ田淵、いつも通り耳上でぴょこぴょこ左手動かしてたけど、いつもよりかっこつけてた感。もっと全力で可愛くやってくれよ!だるそうにぴょこぴょこするのもよかったけど!

貴雄の奇声がデフォになりすぎてる。初めて聴いたら絶対びっくりする。

 


03.オリオンをなぞる

イントロからもう嬉しい。

Aメロのクラップ少なかったな。クラップが悪だとは全く思わないんですけど、波及していくクラップが好きじゃないんですよね。意志のなさが露呈している気がして。周りに合わせなくたって、叩こうが地蔵になろうが好きなようにやればいいじゃない。

貴雄が自分の叩くリズムを口ずさむのが本当に好き。すごく幸せそうな表情するんだよね。

《立てないわけがないよ》の感情の入れ方最高すぎた。

いつもラストの《ココデオワルハズガナイノニ》、田淵はマイク前あたりでやや俯きながら口パクしたりしなかったりなんだけど、今日は下手側に出てきてた。ちょうど目が合ってしまってわたしも口パクしてたから田淵の口角が上がっていく様子まで見えてしまった。あんまり目が合ったとか言うのどうかなと思った時期もあったけど、勘違いして幸せな気持ちになれるならそれでいいじゃない。

音楽を通じてのみ空間を共有できるこの感じ。最高。

 

 

斎藤「こんばんは、UNISON SQUARE GARDENです!フジフレンドパーク、よろしくお願いします!」

 

 

04.誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと

絶対やると思っていました。何曲か予想していたけどこの曲は確実に来ると思ってた。

昨年のゴーゴーの日以来?(RSR以来でした!Aさんコメントありがとうございます!)

田淵の横跳び好き。

《きっと誰かは忘れちゃってるかもしれないな》のフレーズ終わりの仕上げ方が色気をまとっていて最高。

アラレちゃん田淵も顕在。

《フロンティアーの真実》 の所のドラムのリズム取りが好きすぎて、ライブで改めて聴くと感動する。

 


05.蒙昧termination

CITS好きにもたまらん展開が用意されているところが素敵。これで後半ポップに振り切るのが計算されているように感じる。ユニゾンのファンはすぐ深読みするからね(田淵談)。セトリのレシピはいつまでも知らないままでいたい。

2番冒頭のマイクチェック最近凝ってる。

今日の田淵に言っといてあんまり殺気なかったな。自分で書いた歌詞に自分の名字が載ってても意に介さずベースべんべんしてるベーシスト好きだなあ。

《ご勝手に》の後の気怠げな表情最高じゃないですか。最高なんですよ。

 

 

06.天国と地獄

この枠は"場違い〜"が来ると思っていたから外した。

柴さんがYouTube説を提唱していて本当にその通りだなあと思っていたけれど、シングルカットすらされていないこの曲でボルテージを上げられるのは改めてすごいなあと思った。

もうこの話何回もしていて聞き飽きたとは思いますがon the drumsのたった一音、めちゃめちゃエロくないですか。すごく好きですあの余韻。

きついスタンディングのときに来るとつらいけど、今日は快適に見れたのでひたすらに楽しかった。

 

 

斎藤「改めまして、どうもUNISON SQUARE GARDENです。僕ら結構長くバンドやってて、もう13年くらいやってるんですけど、こうやってがっつり対バンさせていただくのは初めてなんですよ。もともと事務所の先輩と後輩なんだけど、僕らステージ上のフジファブリックさんしか知らないからこの対バンを機にどうにかして仲良くなりたいなって思ってたんだけど、ステージ上の皆さんしか知らないからビビり上がってて。そんなときにフジファブリックさんのネットラジオに呼ばれたの。この対バンの前にね。これは仲良くなるチャンスだと思って。でもなかなか突破口がなくて。考え付いた策が下ネタ笑。ここ(田淵と貴雄)は小学校の同級生なんだけど、田淵の家に置いてあったちょっとエッチな本を貴雄が持って帰っちゃった話とか。で結構盛り上がって打ち解けたと思ったの。でもうちの事務所優秀で。見事にOAには載ってませんでした。綺麗に全カット笑

でもそのおかげで、フジファブリックの皆さんと仲良くなれました。なんたって魂の交換を済ませたからね!笑

今日は最後までよろしくお願いします!」

 

 

07.Silent Libre Mirage

ツアー(ftH6)以外では初披露。速さといい明るさといい本当にライブ映えする。

歌い始め直前の「タタタタン タタタ」のリズムが大好き。

2番Aメロ後半がライブだと更にカオスで(特に貴雄)本当に楽しい。やりたい放題なのにテクニカルなのがこのスリーピースバンドの強いところ。

近いうちに歌詞カード欲しいな。

 


08.アイラブニージュー(アウトロセッション)

去年のBIGMAMAとの対バン2日目以来...!およそ1年ぶりで泣ける。このタイミングでやってくれるとはなあ。

イントロの3人のドヤ顔よ。悔しいけど嬉しすぎるからゆるす

田淵が横向きでマイク拾うの可愛い。1サビ入り遅れてたけど。アンドレカンドレもファンタとコーラも可愛い。

アウトロセッションかっこよすぎた。ここからの"桜のあと〜"とか素晴らしすぎるわ。

 


09.桜のあと(all quartets lead to the?)

多幸感攻撃。ほとんどのセットリストに入っていると言っても過言ではないのに、来るとやっぱり嬉しい。

《君は自由なんだから》の田淵の表情が優しすぎて震えた。

Dr.Izzyファイナル公演からもう半年以上経つのにいまだに引きずってるからエモーショナル。

ここまでの圧倒的なポップネスとさわやかさを兼ね備えた後釜曲の誕生に期待。

 


10.シュガーソングとビターステップ

シュガー終わりってめちゃめちゃいいですよね。"Silent〜"からの超ド級無敵ポップラインがひたすらに幸せ。

ftH6のセットリストから外れたことでこの曲が更に好きになった。天邪鬼とかではなく、"シュガー"の存在の大きさを再認識したという感覚。

あともう耳にたこができるくらいお伝えしておりますがAメロのベースが本当に好き。UNISON SQUARE GARDENの楽曲の中ではダントツ。宏介さんの《超天変地異》のフリを目にする余裕もなくベースラインを追ってしまう。

 

 

 

そういえば今日バラードなかったな。

終わりたくなかった。ずっとあの幸せな空間にいたかった。

9/17まで彼らのライブが見られないなんてだいぶ耐えられない。最近ではもっとも長いブランクかも。

制作期間かなという淡い期待を寄せながら、ニューシングル"One roll, One romance"のリリースを楽しみに待ちたい。

 

 

 

 

約20分間の転換を経てフジファブリックのアクトへ。

個人的には今年2回目。前回観たのは中野サンプラザのツアーファイナル公演。

リアルタイムで聴き始めたのが5年ほど前なので志村さんのいた時代を知りません。いわば新参ですが感想をさくっと。

 

 

SEと共に3人とサポートドラマーのBOBOさんが登場。かとをさんのアンプの所に石川さんコラボの石川慎一置いてあって笑ってしまった。田淵にあれあげてよかとをさん。

 

 

01.夜明けのBEAT

志村さんの置き土産。サビの総くんキー、初めてライブで聴いたときは少し違和感もあったのだがいつの間にか慣れていたし結構お気に入りでもある。

1曲目にこれはテンション上がる。今もこの曲を歌い続けていることに感動もつのる。

 ジャジャッ ジャジャッ「イェーーーー!!」がすごく好き。

 


02.TAIFU

ライブで初めて聴きました。まさか聴けるとは思わなくてつい両手で口元を覆う。

この志村節炸裂の超ド変態曲(褒めてる)を今のフジファブリックが綺麗に踏襲したアクトだった。妙な中毒性はそのままで、総くんの色がくっきり出ていてすごく良い。

しかしこの曲も本当に変態的に天才的だな。かっこいい。ダイちゃんのキーボードのはね方は可愛い。

 


03.SUPER!!

一度聴くと耳からしばらく離れなくて本当に好き。個人的にはフジファブリックの中でも常時TOP5に入るくらい好き。

ギター金澤ダイスケのところで総くんと一緒にヘッドの上げ下げするの何回見ても可愛い。あんな可愛いおじさんいていいんかい。

一皮むけたフジファブリック流ウルトラポップに心踊る。

 


04.Sugar!!

これは嬉しい。

まだちゃんとフジファブリックのことを知らない頃、野球のハイライトで流れてきたこの曲にわくわくしたのは確かに覚えている。

ダイちゃんのキーボードのラインが印象的で高まる。

全力で走らなきゃ。

 


05.ブルー

アオハライド

フジファブリックのノスタルジーをきちんと受け継ぎながらもちゃんと地に足が着いている感じがあって泣けてくる。

Bメロが切なくて優しい...歌っている総くんの表情からも切なさがこみ上げる。

 


06.銀河

山内「今からここを地球で一番盛り上がってる場所に...いや違うな、"銀河"で一番盛り上がってる場所にしましょう!」

 

曲振りが総くんらしくて良かった。

初めて聴いたときの衝撃が今もなお消えない。こんなに少ない言葉と擬音だけでこんなにかっこいい音楽が作れるのかと。今聴いても鳥肌が立つ。

 本当に変態的なかっこよさなんだよね。フロアもめちゃめちゃ盛り上がってた。

 


07.徒然モノクローム

山内「次の曲は田淵くんがね、話の中で好きだって言ってくれてた曲で。リクエストじゃないんだけど、それを聞き逃さなかったのでやってみようと思います」

田淵は前に違う曲を挙げていた気がする(Monster?)ので意外だったけど嬉しい。

総くん、前は「ギター上手いなこの人」って思ってたけど、最近は見る度本当に歌が上手くなってる。素晴らしいギターボーカルだ。

《徒然しちゃう》のワクワク感が相変わらずすごい。

かとをさんのベースに必死に耳を傾けていたら当たり前だけど田淵のベースと全く音が違っていて、一口にベース・ベーシストと言っても様々だなあと。わたしはまだまだベースを語るに至らないな。

 


08.カンヌの休日

前回観たとき山田孝之が来てくれた回だったので総くんが1人で歌うバージョン初めて観た。贅沢。

初めて聴いた時テイストが好きすぎてiTunesで即購入した。

ダイちゃん本当に楽しそうにキーボード叩くなあ。

 


09.Surfer King

一歩ずれたらダサいだけになりそうなのに、変態的なセンスでここまでの名曲にさせている。ワードチョイスがシュール。

フフーフフーで許されるだけの力がある。本当に志村さん天才だなと思った曲のひとつ。

3人ともめちゃめちゃ楽しそうだったな。

 


10.虹

"虹"に限らないけれどダイちゃんがキーボードで拾うラインが好きすぎるんだよなあ。自分がピアノを長く続けているからというのもあるかもしれないが、痺れる。

 

 

颯爽と去っていく様も清々しい。

 


en.
11.若者のすべて(w/斎藤宏介)

山内「ここでセッションをやってみたいと思います。えー、ユニゾンから、斎藤くんです!」
斎藤「お邪魔します!」
山内「いやいやどうもどうも。Tシャツ、お揃いですねえ」
斎藤「ほんとですね。いや、お似合いですよ
山内「いやいやお似合いですよ。あのねえ僕と斎藤くんが揃うとね、縁起がいいんですよ」
誰もわからない
山内「ギターの色がほら!赤と白で!紅白!」

2人でギター掲げる。かわいい

山内「いやあユニゾンよかったよ」
斎藤「ありがとうございます」
山内「なんでそんなよそよそしいの〜!なんか上から言ってるみたいじゃん〜!もっと『でしょ』とか言ってよ笑」
斎藤「...まあね」

頭の回転速い宏介さん最高

斎藤「いや君たちもなかなかよかったよ?」
山内「ありがとう笑」
斎藤「いや嘘ですよ笑...なんか漫談みたいですね笑」
山内「ギター漫談?」

金澤「ストラト漫談だね笑」

昨年のVIVA LA ROCKでの企画「VIVA LA ANTHEMS」で斎藤宏介がこの曲をカバーしたのは記憶に新しいが、ついにこの時が来た。

1番を歌う宏介さんはキーを少し高めにしていたが、間奏が終わったときにはあっという間に原キーに戻っており、総くんが2番を歌い出していた。転調がナチュラルすぎて驚く。あの部分だけもう一度聴きたい。

リリース時を知らないだけにあまり多くを語るのもはばかられるのだが、それを除いてもこの曲には心を鷲掴みにされる感覚がある。何年経っても色褪せない。

宏介さんの歌声でまた聴くことができて嬉しかった。彼も本当にすごいギターボーカルだ。

 


12.LIFE

イントロの本当に最初のあたりで総くんが一瞬ドヤ顔したのが良かった。この対バンの成功を確信したかのような満足げな笑み。

サビではわたしもすごくニコニコしながら手を振った。本当に楽しかった。

コーラスしながらフロア見渡していい顔するかとをさんとダイちゃんも最高。

間奏のギター聴くとやっぱり総くんギター上手いなって(原点回帰)。

穏やかなエンドロール。

 

 

タイミングが思い出せないMCの概要だけさっくりと。

 

♪フジフレンドパークの話

・バーサスじゃなくて仲良くやりましょう
・4年目だけど事務所の後輩とやるのは初

 

♪事務所の偉い人の話

・お互い中堅
・上が詰まってる(ユニコーン真心ブラザーズスカパラ)
・下も詰まってる(OKAMOTO'S、チャランポランタン)
・事務所の偉い人がたくさん見に来てるから盛り上がらないと今後活動しづらくなる

 

UNISON SQUARE GARDENとの話
・曲の毒っ気がすごくて親近感
ネットラジオの同じ話をして総くんの天然が炸裂「フジフレンドパーク、個人的に波乱の幕開けです」

 

♪ダイちゃんと貴雄ちゃんの話
・イベントで一緒になって2週間くらい毎日一緒にごはん行ってた
・ダイちゃん的には貴雄はバンドメンバーかつ推しメン
・総くんの「フレンドじゃん」というちょっとよくわからないツッコミ

 

♪かとをさんと田淵の話
・田淵に影響されていつもよりたくさん動いてたかとをさん
・総くんの視界に入ってくるかとをさん
・みんな気付いてないと思いきや意外に気付かれてたかとをさん

 

 

 

 

最高に楽しかった。満足感が尋常じゃない。

こんな素敵な対バンを観れて本当に良かった。フジファブリックもまた近いうちに観たい。最高の空間をありがとうございました。

 

 

ライブ最高、バンド万歳。

 

 

 

 

セットリスト

UNISON SQUARE GARDEN

01.サイレンインザスパ
02.ワールドワイド・スーパーガール
03.オリオンをなぞる
04.誰かが忘れているかもしれない僕らに大事な001のこと
05.蒙昧termination
06.天国と地獄
07.Silent Libre Mirage
08.アイラブニージュー(アウトロセッション)
09.桜のあと(all quartets lead to the?)
10.シュガーソングとビターステップ

 

フジファブリック

01.夜明けのBEAT
02.TAIFU
03.SUPER!!
04.Sugar!!
05.ブルー
06.銀河
07.徒然モノクローム
08.カンヌの休日
09.Surfer King
10.虹

en.
11.若者のすべて(w/斎藤宏介)
12.LIFE