鯉の滝登り

好きなものを、好きなように、好きなだけ。

sumika - ファンファーレ/春夏秋冬

f:id:xxkanakoxx:20180911103857j:image

sumikaがニューシングル「ファンファーレ/春夏秋冬」をリリースした。前作「Fiction e.p」からたった4ヶ月、そのペースの速さに驚く。劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」のオープニング曲として"ファンファーレ"を、そして同作品の主題歌として"春夏秋冬"を書き下ろした。

 

住野よるさんの同タイトルの小説が実写化され、ついにアニメ版まで。話は逸れますが実写映画の主題歌として書き下ろされたMr.Childrenの"himawari"についてはこちらに詳しく書いてます。

 

 

本題に戻る。

"ファンファーレ"はオープニングらしく疾走感のあるなロックサウンド。筆者も原作は読んだが、桜良の天真爛漫ではつらつとした様子が浮かんでくる爽やかさが印象的だ。

奇を衒うこともなく純粋なメロディで、sumikaらしいストレートなポップソングに仕上がっている。しかしそれは「変わらない」ということではない。アレンジも片岡健太の歌声もちゃんと洗練されていて、また新しいsumikaを感じられる。

これだけちゃんとポップなのに、ただ明るいだけじゃないのが心に刺さるポイントだ。どん底にいても手を引いてくれるような芯の強さがそこにある。

 

 

一方主題歌"春夏秋冬"はバラード。アコースティックギターとバンドサウンドのバランスが心地よく、壮大なのにどこかシンプルで美しい。歌詞ももちろんそうだが、コード・メロディでここまで物語性を付与できるのかと妙に感嘆した。転調の効果的な使い方をまた一つ知ってしまった。

冒頭は季節が巡っていく様子が描かれているが、同時に「僕」が桜良と心を通わせていく様子が見える。なのにどうして、という部分が「君の膵臓をたべたい」に触れた人でないと伝わらないのがもどかしいところではあるが、サビへの移り方は作品に触れると更に鳥肌が立つ部分だと思っている。

 

 

そしてこのシングルには収録されていないのだが、劇中歌の"秘密"もすごく良いので気になる方はオリジナルサウンドトラックをぜひ。

 

 

sumikaの快進撃が止まらない。

いいメロディを生み出すソングライターは結構いろんなところにいるのだけど、それを押し上げるのはやっぱりバンドの力によるものが大きいと思う。ピアノを手に入れてからの彼らはより自分たちの長所を躊躇いなく放出できていると感じる。今までを押し殺すこともなく、今までにこだわりすぎることも無く、バンドサウンドをいろんな方面に昇華できる。なかなかこなせることじゃない。

 

次はどんな姿を見せてくれるのかと期待してやまない。