鯉の滝登り

好きなものを、好きなように、好きなだけ。

ストリップ歌小屋 東京公演

※この記事はクリープハイプの自主企画「ストリップ歌小屋」のネタバレを含みます。既に行かれた方、あたたかい気持ちで読んでいただける方はぜひ。

 

 

 

 

6/8、Zepp Tokyo

f:id:xxkanakoxx:20170609153836j:image

クリープハイプの自主企画、「ストリップ歌小屋」の初日公演が行われた。ゲストはUNISON SQUARE GARDEN

前日にも彼らは全く同じ場所で対バンをしているが、UNISON SQUARE GARDENの自主企画「fun time HOLIDAY 6」の最終公演なので正確に言えば2daysではない。2daysだけど2daysではない。

レポを期待して読んでくださっている皆さまには申し訳ないのだが、いやもちろん簡易的には書くけれども、主に感じたことを書き連ねて行こうと思います。お付き合い願えれば。

惑わされると思ったのでTwitterを開かないうちに全部書きました。完全に主観です。

 

 

UNISON SQUARE GARDENセトリ全替えの話

文字の通りである。前日のセットリストと1曲もかぶっていなかった。定番曲さえも。

意地が見えるね。今日の方が緊張感あった。昨日はひたすら楽しい、かっこいいという感じ。いつもそうだけど。

 

 

UNISON SQUARE GARDENのアクトの話

見たこと思ったこと羅列。

*箱庭ロック・ショー

最高です。

おそらく君が真ん中な世界とかがジャッジャッジャッ←好き

最近宏介さんかまないね。

 

*シャンデリア・ワルツ

イントロの「UNISON SQUARE GARDENです!」がなかった。いいけど。

世界が始まる音がする田淵の表情かっこよすぎ。


*マジョリティ・リポート

×GRAPEVINEでもやったけど嬉しい。

イントロ田淵。

Aメロどうしても宏介さんのノリ方見ちゃう。

《ユニゾンスq...あー読めない》のとこ、なんか訛ってるみたいな言い方するの可愛い。はっきり発音するからそう聴こえるのかな。

マイノリティの出番もぜひ。


*流れ星を撃ち落せ

唇ツーマンぶり。

宏介さん巻き舌最高。

《ヒカル星 ミライ話 まにまに繰り広げ恭しい》の田淵の乗り方好きすぎる。


*場違いハミングバード

昨日入ってないセトリだったから絶妙だなあと思った。

安定のぶち上げ感。

どうしても裏で取りたい。

 

*オトノバ中間試験

ライブで見たのちょうど40回目。相変わらずの多幸感に痺れる。

制限タイム、DVD/Blu-rayのおかげでみんなできるようになってて少し悲しい(わがまま)。

好きすぎる。


*何かが変わりそう

イントロで天を仰ぐ田淵。

Dr.Izzyツアー思い出す。

コーラス綺麗だったなあ。


シュガーソングとビターステップ

おかえり!

イントロ入りの貴雄、めっちゃいい顔してた。

Aメロ田淵が相変わらずちょこまかしてたけどちょっと奇妙さ軽減。

こんな日常を平和と見間違う斎藤宏介。


ガリレオのショーケース

カオス。

宏介さん、ギターソロで悦に入る。
田淵座る、ごろりん、V字開脚。ドラムセットの後ろを全力疾走。途中でマイク直しに来たスタッフさんがはけてから隣のスタッフさんと指さして爆笑してた。
貴雄、目隠しプレイ。頭おかしいくらいえげつないドラム叩く(褒めてる)。手で叩いたりスティック急に出してきたり。

終わりに貴雄と宏介さんが何か話す。宏介さん珍しく爆笑。

 

アナザーワールド

次に書きます。単純に上手かった。

 

 

 

アナザーワールドの話

書かないわけにはいかないね。

斎藤「クリープハイプとは昨日もここでやらせてもらってて2日連続なんですけど、昨日は僕らの自主企画、今日はクリープのイベントに呼んでもらうって形で。でね、クリープとの出会いってどこでも話した事なかったなって思って。東京に吉祥寺っていう街があるんですけどそこのイベントで出会って。そのイベントは僕ら以外にもたくさんのバンドが出てたんですけど、その時にクリープハイプを見てかっこいいなって思って。当時僕らぜんぜんお客さんいなくて、ライブ終わったあとスタッフもいなかったから物販とかも自分たちで手売りしてて。でそこの近くに尾崎さんもいて、声をかけにいったの。そしたら尾崎さん僕らのこと知ってくださってて。ユニゾンの人でしょ、って。で尾崎さんに『かっこ良かったです。CD売ってください』って言ってCDを買おうとしたら尾崎さんが『じゃあ交換しましょうよ』って。その時にいただいたのが『ねがいり』で。僕らは『新世界ノート』っていうCDを渡して。今はもういろんな事情で廃盤になっちゃったんだけどね。その時から11年、尾崎さんは今のメンバーと出会ってさらにかっこよくなって僕らは僕らでこんな3人なんでそれなりにやってて。お互いちょっとずつ動向を探り合いながらここまできて。お互い見ていただければわかると思うけど仲良しこよしが好きじゃないから、今日このタイミングでできてよかったです。クリープとは11年一緒に歩んできた途中だと思っていて、これからもずっと一緒に進んでいきたいバンドです。今日はありがとうございました。僕らはあと一曲で次はクリープです。次の曲はUNISON SQUARE GARDENクリープハイプに捧げます」

からのアナザーワールドですよ。イントロから泣くわ。

宏介さんが「新世界ノート」とちゃんと名前を出したからあの中からやるのかなと思ったけどまさかのでした。田淵がMC中からずっと懐かしむように微笑んでて、MCのときにあんな表情するの珍しいなって思ったの。で上を向く。既にめちゃめちゃ涙目でした。曲中も下向いてる時は涙堪えて、両目を拭く仕草も。曲終了後はフロアをあまり見ず、早々に立ち去りました。

フラッドの佐々木が事あるごとに田淵に助けられていたように、田淵やユニゾン自体も尾崎さん、そしてクリープに助けられていたんだなあ。それは直接べったり仲良くするということではなくて(尾崎さんと田淵は飲み友達だけれど)、常に意識し合う存在ということ。2日とも何度も何度も「なかよしこよしじゃない」「今というタイミングだった」と両者が繰り返していたのがその証でもある。前に田淵がオーラルのやまたくに「対バンを受けるけれどなかよしこよしでは絶対にやらない。お互いロックバンドとしてやろう」と伝えたのを思い出した方も多いはず。いずれもすごくいい関係。

昔の彼らの苦労や苦悩をわたしは知らないし、知らなくていいことだと思っているけれど、今日の"アナザーワールド"では彼らの道のりが目に見えるようですごくぐっと来てしまった。この感情に名前はつけられないけれど、演奏の凄みを見せつけられた。

両者ともに頑固おじさん。そのままでいてほしいな。信念を持って歩み続けてきたからこそ今日のような日に辿り着けたんだと思うと目頭が熱くなりますね。

 

 

クリープハイプのアクトの話

長くなりそうなので印象に残ったところだけ。

 

最初

尾崎「僕の好きな野球のチームは負け続けてるけど、今日は負けたくないんで勝ちに行きます。な?カオナシ?」

カオナシ「勝ちに行くから、ついてこいよ。」

悲鳴にも似た歓声。あれはずるいわ。

 

ひねくれ

尾崎「セトリってやつ?どうせいつもとおんなじでしょとか色々煩いから、今日はいつも全くやらない曲をやってどれくらいお客さんの反応があるか見ようかと思います」

尾崎「昨日もここでライブをやったんだけど、終わった後やめときゃいいのにエゴサーチをしたんですよ。そしたらユニゾンのファンの方が『友達にクリープ全く知らないけどどうしたらいい?って聞いたら、"今度会ったらセックスしよう"だけ知ってればいいよって言われたけどその通りだった』って書いてあって。悔しいから今日は一曲目にしました」

ひねくれ具合が好きすぎる。

 

ファン愛

尾崎「昨日も言ったけど僕対バンって嫌いで。でも流行りに乗って対バンツアー3本やる事になったから大好きなバンドを呼びました。昨日はユニゾンのお客さんの前でやって本当にいいお客さんだったの。でもやっぱり僕らのお客さんが愛しいんですよ。メンヘラばっかだけど。だからね、取られたくないんですよ」

クリープのファンは愛されてるなあ。ちょっとだけいいなとも思ったけど、あれだけの本数のライブをやってくれてあれだけの音楽体験をさせてくれるからユニゾンのファンも十分愛されてるよね。方法が違うだけで。

 

セックスしよう

尾崎「今日は観覧車に乗ってるカップルに届くくらいデカい声でお願いします」

もちろんです。

 

愛の標識

銘菓のところ「UNISON SQUARE GARDEN」って歌ってませんでした?空耳だったらごめんね

 

ABCDC→蜂蜜と風呂場→週刊誌→グレーマンのせいにするの流れ最高。本気出しすぎててビビった。

社会の窓と同じ構成→社会の窓も。同じ構成の方が約2年ぶりと聞いてビビった。

イノチミジカシコイセヨオトメ→手と手の流れ、2011年のストリップも同じ終わり方だったらしい。終演後に言ってる人がいた。

 

新曲いいよね。イトも相変わらず好き。曲が良すぎるんだ本当に

 

手と手

尾崎さんの「離したくないので、離したくないので!」でわかったけど、無性に終わってほしくない気持ちになった。それでも明日はやってくる。

 

 

改めて最高の対バンをありがとうございます。

 

セットリスト 

UNISON SQUARE GARDEN

01.箱庭ロック・ショー
02.シャンデリア・ワルツ
03.マジョリティ・リポート
04.流れ星を撃ち落せ
05.場違いハミングバード
06.オトノバ中間試験
07.何かが変わりそう
08.シュガーソングとビターステップ
09.ガリレオのショーケース
10.アナザーワールド 

 

クリープハイプ

01.HE IS MINE
02.愛の標識
03.寝癖
04.ABCDC
05.蜂蜜と風呂場
06.週刊誌
07.グレーマンのせいにする
08.NO SWALLOWS, NO LIFE.
09.鬼
10.百八円の恋
11.社会の窓と同じ構成
12.社会の窓
13.イト
14.イノチミジカシコイセヨオトメ
en.
15.手と手