読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯉の滝登り

好きなものを、好きなように、好きなだけ。

"ミス・大丈夫"史上最強超ド級無敵ポップ

※この記事はYUKIのアルバム「まばたき」のネタバレを含みます。購入してからか、購入しないと決めてからお読みください。いつもありがとうございます。

 

 

街はホワイトデーだというのに相も変わらずスーツを身に纏って駆け回っている。生憎スーツが似合わない上半身太り(脚が細いとは言ってない)のため何の救いもない。唯一の朗報は、2017年始まってまだ100日も経っていないのに名アルバムが多すぎて困ってるってことくらい。

 

 

本日3/15、自称"ミス・大丈夫"ことYUKIの8thアルバム「まばたき」がリリースとなった。

キャッチコピーは"YUKI史上最強超ド級無敵ポップ"らしい。ポップ大好きマンのわたし、購入しないわけがない。

f:id:xxkanakoxx:20170315184451j:image

f:id:xxkanakoxx:20170315184513j:image

タワーレコード渋谷店。 

 

 

 f:id:xxkanakoxx:20170315184519j:image

f:id:xxkanakoxx:20170315184522j:image

初回限定版を購入。ちょっとお高めかなり大きめ、内容もボリューミー。

 

 

 f:id:xxkanakoxx:20170315183701j:image

タワーレコード渋谷店の店頭では抽選会が行われていた。もちろんハズレ。その隣に佇むユキンコめっかわ。そうだYUKIちゃんソロになって15周年か。

 

 

さてアルバムについてである。

インタビューでも語っているように、前作の「FLY」は自身の可能性を追求して比較的新しい方向に舵を切り、理性的に作成された。この「まばたき」はその真逆、ある意味で原点回帰のアルバムになったと思う。

YUKI自身に秘めきれない爆発的な生命力を抑えることもせず出し切っている。それを面白がって、曲と遊んでいるような印象すらある。それらを肌で感じることができる、とても瑞々しいアルバムだ。

 

 

収録全13曲をざっと見ていこう。私情はなるべく混ぜないようにするが、おそらく混ざる。

 

1.暴れたがっている

1曲目というのはいわばアルバムの顔である。ほとんどの人は1曲目から聴くし、店頭での試聴だって大体1曲目からだ。リスナーはここからこのアルバムのテーマを読み取ることができる。とても大切な役割を担っている。

ピアノのサウンドが印象的。これぞYUKIというアルバムの訪れを高揚感と共に届けてくれる1曲。溢れ出るポップofポップに鳥肌。

 
2.さよならバイスタンダー

31stシングル。NHK総合系アニメ3月のライオンのOPに起用された。orion/米津玄師のディスクレビュー(http://xxkanakoxx.hatenablog.com/entry/2017/02/15/054513)でも記したが、このアニメ(マンガ)と非常に結びつきの強いBUMP OF CHICKENの次を担うには最高に相応しい2人だったと思う。

まずタイトルで泣く。バイスタンダー、すなわち傍観者としての自分とさよならするのである。

「自分の責任を自分で負う零くんの覚悟の強さに共感した」というYUKI。歌われている一人称は彼のことだが、YUKI自身にも重ねているのだろうなと思った。好きなように歌いたいという決意が漲る、疾走感のあるナンバー。サビ入る瞬間のドラムが好きすぎる。

 

3.こんにちはニューワールド

ロディアスな裏ポップ的な要素を含んでる。癒しの空気すら漂う。ぼーっとしながら聴きたい。ちょこっとだけ甘酸っぱいような、ほろ苦いような、ほんのりスパイシーな、醸し出される思春期の空気。

初聴から結構好みの曲だったけど、スルメ曲でもある。

《I am "Y" and "U" and "K" and "I"》


4.無敵

ちょっと背伸びした前向きさ。等身大をぶつけられている感覚。コード進行というか、サウンドというか、アニメのOPにもってこいな感じがある。強い意志を感じるのに、ちょっと苦しく切なくなるのはなんでだろう。わたしも幻のヒーローをずっと待っているんだけどなあ。

 
5.名も無い小さな花

こういうナンバーもめっちゃYUKIって感じ。ゆったりとまでは行かないが、穏やかな気持ちになれる。愛おしい感覚とか、慈しむ瞬間とか、思わず頬を緩ませて目を細めたくなるようなシーンを彼女はそれに装飾を加えずありのままメロディに載せてくるのがお上手。それを型どる言葉の選び方も秀逸だ。アルバムの繋ぎ目のような役割を果たしている。


6.レディ・エレクトリック

Bメロのビートの刻み方とサビ前の切り替えが印象的。この曲に限らないけど、茶目っ気たっぷりながらもフレーズの最後の方の歌い方に「大人のYUKI」が垣間見えるのがほんのりセクシーで好き。

《放電してよ レディ》もある意味"暴れたがっている"のかな、という印象。


7.私は誰だ

イントロから物凄い疾走感。ベースが派手じゃないのにいきいきしてて好きだなあ。

止まってる時間なんてない、とにかく行かなきゃ、はじけなきゃって背中を押される。

《「生きてたい」より「生きたい」》という歌詞に、人生に対する主体性や積極性を感じて気に入っている。


8.tonight

29thシングル。KADOKAWA/松竹系配給映画・伊坂幸太郎原作のグラスホッパー主題歌である。当方伊坂幸太郎の大大大ファンで、この映画も観に行った。

雨の日の夜中か明け方に聞きたい。

《優しさを持って 哀しさを持って 生きる だから私は強いの》

すごく人間的で刺さる歌詞だ。メロディが美しい。


9.ポストに声を投げ入れて

30thシングル。ここでシングルを繋げてきたことで後半への盛り上がりが加速する。東宝系配給映画ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナの主題歌であった。

すごく私情を挟んだ感想で申し訳ないのだが、タイトルがものすごく田淵だなあと昨年夏から思っていた。異論は認める。

ちょっと子供心が戻ってくるような、懐かしさと可愛さをも内包している。でもそれだけじゃない。ちゃんとYUKIの音楽として舞っているという印象。


10.バスガール

めっちゃリズミカルなイントロをバックに喋ってる〜!って思ってたらYUKI節炸裂。弾けすぎない絶妙な躍動感。こういうコミカル可愛い曲もYUKIちゃんの魅力。

別に歌詞の中で雨は降ってないけど、傘を持って踊りたくなるタイプの曲。電車で聴いてたら絶対リズム取っちゃう。


11.2人だけの世界

鳥肌立った。これは本当に聴いて確かめてほしい。YUKIはなんでこういうお天気雨みたいな、天の川みたいな、独特の世界観を1曲に込められるんだろう。素敵すぎる。


12.聞き間違い

フラゲ日にタイアップが発表された。石原さとみが出演する花王「フレアフレグランス」のCMで、4/1から放送される「香りで前を向く」編に起用される模様。

音がすごくキラキラしてる。テイストとしては愛をこめて花束を/Superflyっぽい。

YUKIちゃんの歌詞の好きなところは、前向きに大丈夫って背中を押してくれると同時に「悲しみにくれている時間」も無駄じゃない、そういう時もあるよねって肯定してくれるところ。それだけで救われる。

《私にしか歌えない歌があるんだ》


13.トワイライト

エレクトリックなサウンドのラスト曲。theラスト曲っぽさはないが、YUKIっぽさはここにもがっつり埋め込まれている。このアルバムは13曲と結構たっぷりめなのに、"ポストに〜"からここまでとてつもない勢いで駆け抜けるもんだからあっという間だった。ここまで来てようやく「あ、終わっちゃうんだちょっと寂しいな」なんて思って聴いてたら、いつの間にか1曲目に戻っている。

 

 

"暴れたい"でも"暴れている"でもなく、"暴れたがっている"、現在のYUKIちゃんが内面から溢れ出ている1枚となった。好きなアルバムがまた増えた。

 

f:id:xxkanakoxx:20170315184538j:image

f:id:xxkanakoxx:20170315184602j:image

特典のファイルと羽海野チカ先生によるステッカーもかわいいのでぜひ。

 

 

個人的に「CDを手に入れる」 ということに異常な拘りがある。音源を手に入れることに関しては便利な時代になったしそれなりに利用しているが、やはり借りるよりもダウンロードするよりもCDを購入したい。フラゲ日までのドキドキも、CDショップの展開も、店頭特典も、封を開けるわくわくも、歌詞カードの匂いもデザインも、円盤を読み込む瞬間も、1音目の感動だってプライスレス。人によるのは百も承知。

 

 

"ミス・大丈夫"は健在だ。わたしもこんな45歳になれるかしら。

ワンマン先行のお知らせが入ってる...申し込んでみようかなあ...