読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯉の滝登り

好きなものを、好きなように、好きなだけ。

fun time HOLIDAY 6 福島・郡山公演

※この記事はUNISON SQUARE GARDENの自主企画「fun time HOLIDAY 6」のネタバレを含みますが、前半はツアーのネタバレを踏まないよう留意しました。SCOOBIE DOの素晴らしすぎるアクトをわたしなりに書きましたのでお時間ありましたら読んでやって下さい。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

早いものでftH6も後半に入った。8本目の今回は福島県郡山市にあるHIPSHOT JAPANにて。個人的には初のライブハウスなのでわくわく。

f:id:xxkanakoxx:20170522104345j:image

キャパはおよそ500名(公演によって前後)。薄暗い階段を降りていくとフロアが見えてくる。真ん中から後ろが少し高くなっている2ブロック型。ドリンクが開演前交換制だったのも印象的。

 

f:id:xxkanakoxx:20170522104541j:image

 

早速SCOOBIE DOのアクトから。

日曜公演なので開演早め。17:30定刻で暗転。

SEと共に4人が登場。コヤマさんめっちゃ髪切った!夏仕様かな、短髪もすごく似合う。先に申し上げておくとMCのタイミングが不的確ですみません。

 

 

01.新しい夜明け

のっけからかっこよすぎて息をのむ。清々しさと新しさが光ってる。後でやるけど"夕焼けのメロディー"とは対極なのかなと思ったり。

コヤマさんはどんなお客さんの前でも同じテンションではじめるからすごいなあと思う。

 


02.真夜中のダンスホール

最初のギターリフ好きすぎ。

フリースタイル フリースタイル

ここにはルールは一つもない

これに尽きるよね。どんな形だって自由。

《フリースタイル》のところで知っているお客さんは手を上げたりしてたけど、それも介さず全体を煽るあたり本当に徹底した自由度合いだなあと思って更に好きになった。10年くらい前にリリースされたけど、ずっとこのスタンスは不変。

 

 

コヤマ「UNISON SQUARE GARDENに何度もしつこく誘われて今回対バンすることになりましたSCOOBIE DOですよろしく!今日SCOOBIE DOのライブ初めて観るよって人?...ほとんどか笑。よし、今ここにいるのは、俺らと、UNISON SQUARE GARDENと、そして君のソウルだけだ。自由に楽しんでね!」

 


03.What's Goin'On

この世は◯◯次第、を繰り返していくところから始まるこの曲。

サビとか本当かっこよくて見とれてしまった。途中のラップ部分もいいよねえ。

Life goes onを《ただそれだけの事さ》って言えちゃうこの清々しさね。最高。

 


04.イキガイ

裏で乗れる。

これは歌詞が好きすぎてすごく心に刻まれるナンバー。誰よりも好きなものがずっとあるから...

ベースライン聴いてて、田淵もこういうの好きそうだなって思った。彼はあんまりベーストークしないけれど。

人生の辛い方も無視しないあたりがすごくグッとくる。

 

 

コヤマ「実は僕たち10年前にCHAMP RECORDSっていう事務所を立ち上げまして。自主レーベルね。だから今インディーズなの。で前の事務所をやめるときに山下達郎さんに挨拶するってなって、一応4年くらいかな?お世話になったから。で『今までお世話になりました。これからも自分たちの音楽続けて行くので、また巡り会えたらその時はよろしくお願いします』って言ったの。そしたら達郎さんが『音楽を続ける意志があるなら2つのことをやれ』って仰って。

まず1つ目が『音楽を続けていくその術を見つけなさい』ってこと。これは俺たちは見つけた。でもう1つが『全国各地に1人でも君たちのことを待っている人たちが必ずいるから、その人たちに会いに行きなさい』ってこと」

この話すごく感動して涙目。UNISON SQUARE GARDENもこの話には共鳴してるんじゃないかしら。

 

コヤマ「次はその10年を歌った曲をやります」

 

05.Last Night

先日リリースされた"ensemble"(後述)の3曲目に収録されている。

ゆったりしてるけど、しっかりこの10年を踏みしめてこれからへの決意を伺える芯のある曲。

これ弾いてるときのリーダーの表情が凛々しくてかっこよかった。

 

 

コヤマ「我々先日13年振りにシングルをリリースしまして。次はそれをやります。聴いてください、"ensemble"


06.ensemble

わたしがスクービーを知ってから一度もシングルは出ていなくて、それを今年13年振りに出してくれたことがまず嬉しい。しかもそれを生で聴く機会がいただけるとは。

アップテンポではないけど刻むリズムは相変わらずSCOOBIE DOが放つそれ。

サビ前のギターいいよね。ぜひCDで聴いて欲しい1曲。わたしはタワレコで試聴して即買いでした。

 

 

コヤマ「メンバーを紹介させてもらってもいいですか!」

フリースタイルダンジョンみたいなメンバー紹介、すごくかっこよかった。最後の方速すぎてなんて言ってたか覚えてないけど。MOBYちゃん→ジョーさん→リーダー→コヤマさんの順にサクサク紹介して、最後に「サムライ4人衆」みたいなこと言ってた。

 

コヤマ「今日ここに来てくれた君のタイムアンドマネーアンドソウルに感謝します本当にどうもありがとう!」

 


07.アウェイ

アウェイめっちゃ好きで今日1番聴きたかったから本当に嬉しい。自然と乗っちゃう。

《平行線》とか《点と点》のときのコヤマさんの手の動き好き。

間奏の各ソロのところでジョーさんがめちゃんこドヤ顔してて痺れた。そのベースラインもかっこいいのに弾き様もかっこよくて直視できない。

コヤマさんが「俺らの状況を教えてくれ!」ってふって《アウェイ》って歌わせるの最高にクレイジーで好きすぎる。the pillowsもそうだけどベテランはアウェイに強いなあ。

 


08.Back On

テンション上がるイントロ。

みんなで回転するのが可愛い。

「Back On」のコール、最初はぱらぱらだったけどだんだんみんながわかってきて、最後の方はすごい盛り上がりだった。コヤマさんも煽る煽る。

2番前にジョーさんとリーダーが跳ねるのがなんか好き。

 


09.夕焼けのメロディー

コヤマ「最後に僕たちのデビュー曲を聴いてもらいたいと思います。」

最高すぎる。

リーダーのコーラスめっちゃうまい。

ジョーさん小刻みに揺れながらフロア見てはにかんでるの可愛すぎる。

ギターソロのかっこよかった。あんなに情緒豊かに正確に弾ける人おらんよ。コヤマさんその間めっちゃ右腕まわしてたなあ。

 

 

コヤマ「呼んでくれたUNISON SQUARE GARDENありがとう、大きな拍手を!来てくれた君も本当にありがとう、また会おうな!サンキューありがとうSCOOBIE DOでした!」

 

 

最高にかっこよかった。

コヤマさんが「君」と単数で呼びかけることでちゃんとお客さんそれぞれ1人に対して向き合っているということが更に胸アツ。

拍手も長く続いていたし、その圧倒的な演奏力と空気感に圧倒された証拠だと思う。あのダンサブルなブレない音楽とオーディエンスへの姿勢、ユニゾンが追いかける理由がよくわかる。

フロアを200%あっためてくれた。さてお次はUNISON SQUARE GARDEN

 

 

 

※ここからUNISON SQUARE GARDENの自主企画「fun time HOLIDAY6」のツアーネタバレを含みます。

 

 

 

 

 

小さい箱だとやっぱり転換に30分くらいかかるのね。それでもスクービーの余韻がすごくてちっとも長く感じなかったけれど。

 

18:52、暗転。青色の光。

鈴木→田淵→斎藤の順に下手より登場。ギターボーカルは中央で観客を見渡し、右手を高く上げて一礼。

 

 

01.メッセンジャーフロム全世界

愛知の1曲目なんなんですかね本当に。気まぐれやめてほしい(わがまま)。やるなら"気まぐれ雑踏"やって(わがまま)。

イントロ弾き出しの宏介さんめっちゃドヤ顔。《大さじ》の言い方が「おうさじ」なのが個人的にすごく好き。

Aメロの田淵のノリ方可愛い。サビで貴雄が頭振って楽しそうだった。

《急に偉そうになりやがって》の張り上げっていうんですか、タメっていうんですか、長さが体感的にはすごくちょうどよかったなあと思う。

どの部分か忘れたが貴雄がばっと立ち上がったのがかっこよすぎてぶちあがった。

 


02.桜のあと (all quartets lead to the?)

安定の盛り上がり。郡山の方々も結構元気で最初から押しがすごかったし、前方はだいぶぐらぐらしてた。立つのが少しつらくなってきたら一歩だけ下がることで自分の場所を快適に確保できるのでオススメです。前に行くくせに人とくっつくのが好きではないという矛盾。

やっぱりワンマンだけでなくフェスやイベントでも軒並み披露しているから3人の調和度もすごい。この曲で貴雄見つめてるとやっぱり手数多くて彩り豊かだな、フルカラーなユニゾンの楽曲には彼のドラムが欠かせないな、と毎回思う。

《全部惜しみもなく》の直後から鳴り始めるギターがすごく好き。最近そこが焦らなくなって心地よい。

 


03.Silent Libre Mirage

イントロでの沸き様を見て、配信だってみんな彼らの新譜を楽しみにしてるんだなあとよくわかった。田淵がここですごくいい顔するんだよなあ。「新譜だぜ?今からやるぜ?」みたいな。

ライブで聴くと音源にも増して爽快感わくわく感がすごい。

《理屈じゃないのだが~》のところ、踊っちゃうなあ。急にみんな手数多くなるんだもん。2番で仕掛けてくるあたりほんとかっこいい。普通なら真剣になるところなのに、3人はこのハードラインすら楽しんでいるようでさすがだなあと思う。貴雄とかにやにやしてたからね。

早く正式な歌詞カードをくれえ⤴︎ 

 

 


斎藤「みんな大丈夫?...大丈夫?いやあ、絶望的に暑いですけど、超絶的に楽しいですね。さっきコヤマさんに『ユニゾンのお客さんってどう?』って聞かれたとき『いや、素直な子達ですよ』って答えたんだけど、本当はもっといろいろ言おうかなあと思ったんだよね、『"一見"素直です』とか。でも好きなんですよね。みんな音楽が大好きで。でさっきSCOOBIEが終わってコヤマさんに『ユニゾンのお客さんは素直だね』って言われました!これで僕らの株が上がってまた対バンに呼べます!!

fun time HOLIDAY 6、主催のUNISON SQUARE GARDENです!今日は楽しませてもらいますのでよろしくお願いします!」

 

 

 

04.プロトラクト・カウントダウン

fun time名物的なかっこいい系チューン。

Bメロの田淵の荒れ方が好き。あとサビの田淵の表情も怖くてかわいい。

宏介さんの「なんかちがぁぁぁう!」、毎回楽しみにしてます。あの細い身体から放たれる覇気のあるシャウトがいいよね。

MCの直後がこの曲っていうのなかなかしまっててさすがセトリおじさんという気持ち。

 


05.instant EGOIST

自由に楽しむの最たる楽曲かなあといったところ。

今日は「We're kidding! hahaha...」のとこめっちゃ声通ってた。その後のステップ、そんなに大きい動きじゃなかったけど身体のしなり具合がとてもよかった。

《「さあ 手を叩こう」?》のとこで手叩く人結構いない?あれ気持ちがどうも乗らない人を模して田淵が「あ"〜?」って言うんだよね?あ、でも気持ちが乗ってる人もいるから叩く人も居ていいってことか?でも手を叩こうに対して歌詞の時点でクエスチョンマーク付いてるぞ?ん?って毎回考えちゃう。多様性大事ですね。

 


06.オリオンをなぞる

やっぱり名曲なんですよねえ。

こんなことがあったもんで今日より聴きたかったんです(?)

ライブ版オリオンのドラムだいぶアレンジ加えてくるから好きすぎる。

サビ前に田淵がにやってしたり指さしたりするのすごくグッとくる。軽くテンションMAXになってしまう。

《立てないわけがないよ》の宏介さんの感情移入具合がすごくて鳥肌。

 


07.光のどけき春の日に

イントロで徐々に宏介さん側の光が強まる照明が好き。光感。

この曲のコーラスが好きで好きで仕方ないんだけど、もうちょっとくっきりでも良かったかなあ。今日は箱的になのかマイクの音量なのか声の調子なのかわからないけど。あと貴雄が少しずれてたね、これ言ったらしゅんとしちゃいそうだけど。声色は2人とも綺麗でした。

間奏のところで田淵が手元見ながら少しずつ頭振るのが雰囲気あって良かったなあ。

宏介さん、高音もしっかり狙えてて素敵でした。

 

 

斎藤「いやあSCOOBIE DOかっこよかったね…。僕らリハーサルから見させてもらってたんだけどもう一曲一曲が素晴らしくて。俺はじめて聞いたもん、貴雄が曲終わった瞬間『ブラボー!』って言うの笑。で、いつもツアーを一緒に回ってるスタッフさんも観てたんだけど、その人たちもこうやって踊ってんの(揺れる動き)。どうやら音楽を聞いてると自然と体が動いちゃうらしいんだよね。わかる〜!ってなったけど、思い返してみるとその人たち僕らのライブいつも見てるけど全っ然踊ってなくて。だから今めちゃめちゃ嫉妬してます。はは。

でも今日はね、僕らが主催なんで!主役は僕らなんで!最後までよろしくお願いします!」

 

 

08.ため息 shooting the MOON

これは貴雄アレンジが強烈過ぎて震えた。

ソロのところでは一音だけ鳴らしてて鳥肌。余韻すらかっこよくてゾクゾクした。

早口のとこでいつも宏介さんがせかせかしちゃうんだけど今回は情緒あって素敵でした。田淵は表情怖くて可愛いと思いきやめっちゃかっこいい視線投げてくる。

アウトロでセッション。聴くの2回目だけどすごく攻めててにやける。

 


09.フルカラープログラム

わかっていてもドンタンストントの多幸感がすごい。だからこそアウトロで貴雄がシャンシャンシャンシャンってするところが毎回少し切ない。

殿堂入りしすぎててたくさん聴けないタイプの曲だけど、改めて聴くと本当にいい曲だなあと再認識する。楽しすぎてあまり覚えてない。

 


10.徹頭徹尾夜な夜なドライブ

夜な夜な、こんなダサかっこいいのに空気の作り方は超一流なんだよなあ。

サビ前の5678での田淵がすごくかっこいい。表情でかっこよさ魅せてくる。

《ワタシドコ?ココハダレ?ダアレ?》でフロア全体が踊り狂ってて最高にクレイジー。その中でも映える宏介さんの凛とした歌声。

 


11.天国と地獄

このツアーで"場違いハミングバード"と入れ替わりながら演奏されているこの曲。福岡あたりからやっていたようだけど個人的には初パターン。

これもサビ前の田淵がかっこいいから夜な夜なとかぶる。足上げはこの曲ではせず変わりに"BUSTER DICE MISERY"のAメロみたいな動きしてました。

この貴雄ソロでも一音だけ叩いて余韻を持たせてて痺れた。

 


12.mix juiceのいうとおり

貴雄のツッツッツッに合わせて宏介さんが「最後の曲です!」って言うの、めっちゃいいんだけどリズム見失う。

HIPSHOT、そんなに照明多いわけではないんだけど発光の仕方がすごく綺麗だったからmix juiceは入っててよかったなあと思った。

シュビドゥバもいつも通り。

本編最後の曲がこの曲で本当に良かった。締めに相応しいポップネス。

最後田淵の「斎藤くん好きぃ」が出過ぎてた。後ろからのしかかろうとしてて笑った。何事もなかったかのようにマイクに戻る宏介さんもまた一興?

 

en.

斎藤「さっきまでおでんの出汁を吸ってたのかってくらい(ギターの弦が)しなしなですよ。これは皆さんの熱気です。このfun time HOLIDAYっていうイベントは僕らが見たいバンドを呼んで対バンするっていうシンプルなものなんですけど、対バン相手のライブをユニゾンのお客さんにも見て欲しいってのがあって。

...うわっびっくりした(後ろチラ見したら貴雄立ってた)。なんかヌボーっとしたものが見えたから、なんか白いよからぬもの見ちゃったかと思った」

田淵最後の部分で爆笑。貴雄、SCOOBIEのタオルを掲げる。

 

斎藤「あれあそこに売ってますんで。たくさん買ってもらったらまた対バンできます!!笑

今日あっついしね。さっき最後の曲で田淵が顔近づけてきたときの鼻息の荒さときたら…豚もしくは猪かってくらい、フガッフガッって。もうこの距離に(顔の近くに掌を当てて)ここに豚か猪がいるんじゃないかってくらい」

田淵が口臭チェックみたいに両手で鼻と口抑えてフガフガしてて可愛かった。


斎藤「さっきSCOOBIE初めて見た人ってコヤマさんが聞いた時に半分以上手が上がったでしょ。でもみんな楽しそうに踊ってて、いい音楽って純粋に楽しめるんだなあって。今日郡山でこの2バンド見てもらえてよかったです!
今日は見ていただいて本当にありがとうございました!ではアンコールやります!」

 

 

13.シュプレヒコール〜世界が終わる前に〜

最初のワンフレーズから泣いてしまった。

それまでは普通に楽しんで踊っていたのに、あと2曲でこの楽しい時間が終わってしまうんだなあという気持ちと自分の現実の状況を重ね合わせたら自然と泣いてた。

ほんと妄言なので流してほしいんですけど、泣いてたら田淵がすごく優しい表情を向けてくれて更に泣きました。その後も《ひとりぼっちで絵の具を混ぜた この空の行く先を占うような いつの間にかパレットは 無限に世界を彩り始めていた》のところずっと目合ってた気がするけど泣いてたから気のせいかもしれない。終演後「シュプレヒコールの田淵の表情急にすごい豊かじゃなかった?困ったようにクシャっと誰かに微笑んでたよね?」って言ってる人がいて、ああそれでしたってなりました。あの人は本当にわたしのヒーローだなあ。

すごく心に刺さるシュプレヒコールだった。あんまり覚えていないはずなのに、あのときのことはずっと忘れない。

 

 

 

14.アトラクションがはじまる(they call it "NO.6")

それでもぶち上がるハローNO.6。

これ本当によく出来たシナリオだよねえ。6枚目のアルバム出した直後のftHが6回目。スパンはそれぞれ違うのにここで交差するのも何かの縁。

《君が満足そうに抱える常識を》のビブラート良すぎて毎回震える。《片道切符で挑むmuddy road》と《飽きちゃったら》の直後のアレンジが良き。ライブらしいキメになってた。仕掛けてるのは主に貴雄かな。

Dr.Izzyの曲がこうやって活躍しているのを見るとなぜか誇らしい気持ちになる。この楽しさは譲れないなあ。

戻る道なんて全然ないし 上品な待望論もない そんなの関係ないんだよ
世界が終わったって来世で存分にかき回そう 気が向いたらおいでよ
君が満足そうに抱える常識を徹底的に壊して
目が覚める鼓動が聞こえたなら 徹底的に揺らして

 

斎藤「UNISON SQUARE GARDENで し た!」

 

 

 

終演後久々にすごい勢いで泣いてしまった。いつも慰めてくれる人が近くにいてくれてなんとか帰れています。

両者グッとくるアクトだったんだけど、SCOOBIE DOには本当に脱帽。大学生になってからは初めて観たが音楽に対するソウルがひたすらにかっこいい。FUNKY4は最上級の音楽で踊らせてくれた。ありがとうございました。

 

 

UNISON SQUARE GARDENには追いかける音楽がありながらも、自分たちがやらなきゃいけないことがあるとも自覚しているんだろうな。自分たちがまず楽しむとはいつも言っているけれど、それに加えて田淵が言うところの「ライブに行くと『うっ』てなっちゃう」という部分の解消。先を行く人たちのライブにフラストレーションを微塵も感じていなかったら、ここまで徹底したスタンスのライブバンドにはなっていなかったであろう。彼らが音楽的に影響を大いに受けた対バン相手とやる公演に行くと毎回感じる。相手バンドへのリスペクトと、自分たちの信念のミクスチャー。

数多ある好きなバンドの中でもUNISON SQUARE GARDENのライブが一番好きだと胸を張って言えるのはその点なのかなあと思う。

 

 

Syrup16gかあ。行きたかったけどお留守番です。ftH6最大の問題回じゃないかしら。

あと4公演にどんな色がつくのかとても楽しみだなあ。個人的には残すところあと1公演です。

 

「価格設定自由販売」について本気出して考えてみた

DANDANANDDNA、NOOK IN THE BRAIN、BABELは大事に仕上げてるので近いうちにこっそり上げます。パスピエが書くたびグッときてしまってなかなか...ねえ。

 

 

タイトルから溢れるポルノ感。しかし本気出して考えるのは幸せについてではなく、今話題となっているsumikaのCDである。

 

 

sumikaをちゃんと聴き始めたのは別アーティストのライブに足を運んだ時のこと。sumika大好きな二人におすすめされたという何とも単純な理由なのだが、彼女らの音楽観は信用できるなと思ったので後日迷わず音源を購入し始めた。軽く感想を書いておくと、勧めてくれてありがとう。

 

 

さて5/18にリリースされた「Dress Farm #3」。2014年に同じ形で出された#1、#2に続いて3枚目である。詳細は以下の通り。

 

f:id:xxkanakoxx:20170520164036j:image

Dress Farm #3

・収録曲

1.春風
2.ふっかつのじゅもん (Live Ver. 2017.02.25 at Zepp DiverCity)
3.リグレット (Live Ver. 2017.02.25 at Zepp DiverCity)

 

・価格

自由設定

 

そう、話題をかっさらっている1番の理由が「定価がないこと」なのだ。

 

今日はいかにも音楽ライターが取り上げそうなこの話題を、超ド素人目線で書き連ねたいと思います。お察しの通り頭良いことは何一つ書けませんご容赦。

 

 

¶コンセプト

まずなぜこんな試みが生まれたのか 、メンバーからのコメントがこちら。

 

リスナーである我々がCDの価格を各々決定して購入する、という話。

 

普段皆さんはどうやって、いくらで音源を手に入れているだろうか。

 

CDショップ。シングルは大体1,000円前後かな。初回限定版だって1,500~2,000円くらい。アルバムは3,000円かしら。特別仕様は5,000円。DVDもそれくらいで買える。有名な人だと8,000円くらいしたり。いずれにせよ足を運んで円盤を購入する。

各種ダウンロードサイト。最近はこれしか使わない人もいるのかな。あるいはCD派ながら、贔屓にはしていないけれど気になったアーティストの音源だけを引っ張ってきてみたり。使い方は様々だ。1曲250円。ボタン一つで買えちゃう。お手軽。

月額制の音楽サイトもある。毎月決まった値段で聴き放題。違法サイトは論外だからとっととアンインストールしような。

 

つらつらと書いたがどれも決められた値段を支払っている。

当たり前だよね。音楽に限らず大体のものには既に値段がついている。実際にかかった費用やら売る人の利益やら経済学的にやらいろいろあるからね。

 

 

sumikaはそこに待ったをかけた。

買う側がそのものに価値をつけるとしたら?自由に価格を設定できるとしたら?

 

 f:id:xxkanakoxx:20170520183757j:image

 

 

¶価値をつける

今回長い文章にするつもりはないのですぐに考察に入る。

「sumikaは一番大好きなバンドだから最低でも2,000円以上は出さなきゃ」

「1円で買う人なんているのかな」

 

どちらも本当にどうでもいいことだと思っている。そりゃ利益率とか何枚を平均いくら以上で売れば黒字とか大人の事情はいろいろあるだろうが、今回の話だといくらで購入するかは大して悩む必要はないと思う。わたしが書くとおこがましいけれど。

レジに持って行った時点でお財布に入っていた小銭をすべて出したって良い。雑誌と一緒に買って1,000円ぴったりになるように設定するのもありだ。バンドに最大の敬意を金額で示すために福沢諭吉大先生にさよならを告げたって誰も文句なんかつけらんないから。

 

 

個人的に考えたいなと思うのは以下の二点。

①ショップに赴いてCDを購入すること

②実際に聴いた後のこと

 

 

まず①。

今回は販売方法が限られていて(http://www.diffusy.com/dressfarmsumika)、近くに販売店舗がなく注文になったり、そのシステムのせいで50円より安い価格がつけられなかったり送料を避けられなかったりと存分にこの取り組みを楽しめなかった方もいると思うのでイメージしづらい話ではあるかもしれない。これでも十分すごいとは思うので、メンバーやスタッフさんの熟考や熱意、行動力には感謝しかない。

今回は配信ではなく、基本的にはCDを買いに行くシステムだった。わたしは頑固なほどにCD大好きマンなので(配信も利用しているが)この過程にも価値を見出したい。

 

フラゲ日まであと何日のワクワク感。

今日やること終わったら取りに行けるというモチベーション。

ポップってすごいよね。愛がないと書けない。敬意をこめて写真におさめる。

受け取ったら早く聴きたい以外の感情がない。ポータブルCDプレイヤーほしい。

家に着いたら一目散に開封する。あっ歌詞カード可愛い。いい匂いする。

特典付いてるーーーー!!!!!!!!

円盤のデザインも好き。ここが銀色なら100点だったなあ。

一聴目の感動。

とりあえずずっと聴いてる。iPodに入れる。

 

どの部分に価値を感じるかは人によって違うし、購入するものによっても変わる。

自分の評価軸って何だろう。どこにいくらの価値を見出すんだろう。

シングルが1,000円だったなら、内訳はどうなる?これに対して「制作費が何%で...」とか言い出す人も嫌いじゃないよ。

自分の感性に耳を傾けるきっかけになりそう。

 

 

そして②。

購入時の金額設定はシリアスに考える必要はないというのはsumikaのコメントにもあるし、わたしもそう思う。

正直なところ、買ってみないと全貌が見えないものに対して価値をつけるのは困難だ。想像頼りになるからだ。

でもそれでいいのではないか。まずはお金を出して買ってみる。聴いてみる。

 

大事なのはそこからだ。

聴いてみてどう思ったか。

 

めっちゃいいありがとう大好き

えー歌い方変わっちゃった

一巡目しっくりこなかったからもうちょっと聴きならしたい

今までのCDの中で一番お気に入りになりそう

 

人によると思う。

それらを抱えて自分の設定した価格を思い出そう。今ならいくら出せる?

リグレットになるかどうかも自分次第。

 

 

 

音楽の聴き方も様々になったこの時代に、わたしたちはリスナーとしてどんな価値観を持って音楽と向き合っていくべきか問われている気がしてならない。

 

 

 

ここまでつらつらと書いてきましたが、本当にクオリティが高くて良いCD。"春風"はぜひCDで聴いてほしい。ライブ音源2曲はどちらも大好きなミニアルバム"IcoY"に収録されている。そちらもぜひ。

Amazon.co.jp: sumika : I co Y - ミュージック

 

sumikaのライブを一度も観たことがないので今年中に機会があったらいいな。わたしはそのチケットをいくらで買ってそのライブにいくらの価値を付けるかなあ。

 

 

UNISON SQUARE GARDEN TOUR2016「Dr.Izzy」 DVD/Blu-ray

どうも就活生です。
同い年が着実に終わらせていく中まだまだ納得がいかずあと1ヶ月続ける阿呆だけど、苦しいときに苦しいと口に出せるようになってきたから少しは成長したかな。聞いてくれる人の懐の深さによって助かっています。

 

 

 

DANDANANDDNA・NOOK IN THE BRAINのライブレポ、BABELのディスクレビューと書きたいことが溜まってしまった。パスピエは書き上げていて公開しようとした瞬間にやおたくや、もとい矢尾拓也の脱退が発表されたために書き直しているし、ピロウズはもうひたすらにかっこよすぎたしさわおさんの色気すごいし、9mmの新譜は一言で言うと「滝さん」だ。いろいろ抱えすぎて語彙力が低下している。そんなときでも書けるバンド、UNISON SQUARE GARDEN

 

 

昨年7/15のオリックス八王子から12/24のミュージックタウン音市場(沖縄)まで全48公演をまわったツアー「Dr.Izzy」。追加公演である横須賀芸術劇場公演(11/21)が映像化された。

この日わたしも会場を訪れたが「BSフジの特番のために」カメラが入る、とあちこちに書かれていたため円盤になると聞いて本当に嬉しかった。

 

 

DVDとBlu-rayとの2タイプ。わたしは後者を購入。同じお値段で美しい映像ならこっちでしょう。

 

f:id:xxkanakoxx:20170517233255j:image

特典はポストカード。宏介さんの表情、臨場感ありすぎ。

 

f:id:xxkanakoxx:20170517233419j:image

タワレコではパネル展も実施された。写真は新宿店。

 

 

さて、今回は感想をさくっと。本当に個人的な見解を書き連ねただけの回です。購入されるか、購入しないと決めてからどうぞ。

 

 

 

 

SEのときの青色の光はいつ見ても良き。

鉄柵の意味わからなかったけど映像になるとミステリアス感出ててかっこいいね。

 

 

エアリアルエイリアン

「〇〇、Dr.Izzy」聴き取れず。

ライブでは柵の向こうが見えなかったから嬉しいカットがたくさん。特に貴雄とかほぼ見えなかったから手元まで映してくれて嬉しい。ちょっと目がチカチカするけど。

宏介さんちょっと声擦れてる。まだブランク(11/3から11/18まで少し空いた)抜けてないのかな。

 


・アトラクションがはじまる(they call it "NO.6")

斎藤「ようこそ」

張り上げるでもない置きに行く「ようこそ」が心地よい。

田淵の「ライブ1曲目のいつもの表情」を映してくれていて臨場感がすごい。あの表情です。

宏介さんBメロの乗り方かわいい。フレーズ終わりの笑顔が素敵。ほんとにライブ好きなんだね。

Hey, section2chorusのrの巻き方すき。

《NonstopでAttract》の田淵の右手モーションへのフォーカス。

斎藤「こんばんは神奈川ー!」

ジャッジャッジャ ジャッジャッジャ

斎藤「UNISON SQUARE GARDENですっ!」

ジャン

 


・場違いハミングバード

貴雄「ワンツースリーフォー!」

観て思い出したけど田淵、イントロのところはふらふらしててベース入るところから急に回りながら動き回るパターンだったわ。このフォーカス素敵です。

《こちらの》で宏介さん越しの指差し田淵入れたのはいいけど、《アドレスまで》の怖い顔まで映して欲しかった。

斎藤ギターソロアングル、ずっと下からだと目のやり場に困るからありがたいカメラワーク。

舌打ちのフォーカス良いんだけど、確か後ろで貴雄がスティック使って宏介さんのこと(かフロア)指してたからそこまで映るアングルならなお良かったなあ。

 


オリオンをなぞる

叩く音を口ずさむ貴雄かわいい。歌詞を口パクしてる時もドラムの音を確認してる時も両方すき。

田淵「暫定ロマン」

貴雄「暫定ロマン」

田淵「最高ロマン」

カメラの絶妙な切り替えよし。

《軽く テンション MAX》・《ココデオワルハズガナイノニ》は田淵もかわいいから遠目のアングルで欲しかった。

《Perfectly, Euphoria!》のコーラスくっきり。

斎藤「はぁいこんばんは!」

 


・マジョリティ・リポート(darling, I love you)

田淵×貴雄グルーヴ、映像に残して欲しかったので嬉しい。

 斎藤「よしじゃあ自分だけのやり方で最後まで自由に楽しんでってくださいぃよろしくっ!

ワン、ツー、ワンツースリーフォー」

→田淵への指差し。

宏介さんの乗り方が終始グルーヴィーで好きすぎる。

サビの貴雄コーラスが軽快ではね気味、かわいい。

青い珊瑚礁》で青くなる照明、何回見ても素敵だなあ。

意図的か偶然かわからないけど、宏介さんソロのとき田淵がちょっとマイクから下がるの粋だなと思ってた。

《あー読めない》の表情・口の動きめっちゃいい。けだるさ出てる。

 


マイノリティ・リポート(darling, I love you)

イントロのドラムとギターがかっちりはまってきた頃ので良かった。速いところから始まって普通になって、またギターで加速していくイメージ。そう考えるとベースの安定感すごいな。

この曲の照明も雰囲気出てて結構好き。

合計21公演に行ったが、ツアー通して1番成長したのは間違いなくこの曲だと思う。素人目から見ても難しそう。

 


・Miss.サンディ

セッション好きすぎ。ドラムだけで高まる。

ベースラインにかぶせてくるギターめっちゃいい。こんなにうねりあったっけってくらい。

斎藤「ヘェイ!」

宏介さんのAメロの手が好きという意見はわかるのだが、同意なのだが、なんせAメロのベースラインが好きすぎてですね...

サビのコーラスうますぎて震えた。田淵がどんどん高音コーラス上手くなってる。

《イルミ中》田淵がかわいいのに...!映して...!

何よりも《ですよね》の引きのショット完璧すぎる。宏介さんは右手つんつんしてるし、田淵は右手真横に指さしてるし、貴雄は下手つんつんしてる。合ってないのに合ってるスリーピースロックバンド。

間奏中のたぶちのニコニコ歩きからの回し蹴りよき。

サンディ君をもっともっダダダン!はないバージョンねそういえば。

 


パンデミックサドンデス

Aメロで田淵が宏介さんの後ろぐるぐるしてて好き。

本当に赤の照明が似合う曲よね。

《冷淡たる》斎藤宏介の顔結構好きです。

間奏で田淵が蹴り出すところのアングルがないから惜しい。

宏介さんこんな汗だくなの知らなかった。シャツ着てこんなに歌ってこんなに弾いてるんだもんね。

最後田淵→全体のカメラワークかっこいい。

 


・8月、昼中の流れ星と飛行機雲

甘いの言い方があんまり甘くない。個人的ベストオブ甘いは8/7の神奈川公演でした。

全体としてはオリックスの"8月〜"が良かったかなあ。

《君がくれるページの》のところでシンバル打ちながら肘徐々にあげる貴雄好きすぎる。

くしゃくしゃ感もあまりない。もっとくしゃくしゃしてた所あったよね。大好きな曲なのでちょっと厳しめに。

《しないで》の田淵の顔の上げ方は100点。

《なりながら》の宏介さんの右脚の曲げ方も100点。

 


・君はともだち

暖かみのある照明が好き。

コーラス好きすぎてライブ中も目を閉じて耳を澄ましていた記憶。最近本当に田淵と貴雄の調和度がすごい。お気に入りはサビ前の「フゥー」

サビ終わりに田淵が手元見るところで少しだけ微笑むのがかっこいい。

《守りたいものはできるよ できた時にきっと少し優しくなれるだろう》を毎回口ずさんでいた田淵。映像では確認できず。

《(なま)えを僕》の田淵よき。

ラララ田淵好き。照明がオーディエンスにも当たるのエモい。

 


・等身大の地球

めっちゃ楽しそうな顔でヘッドホン外しながら踏む貴雄。胸元のふえるとフレンズの手に線が引っかかっちゃっても笑顔で丁寧に外すところが紳士。

クラップちゃんと聴く田淵好き。必ず目線が右になる。

宏介さんのAメロの右手の動きうるさくていいよね。一躍とかヒーローとか

《等身大のあたしを愛してよミニチュアなんかじゃなくて》のところでの田淵の肩回しがエロい。映してくれてありがとうございます。

宏介さんと貴雄が向かい合って弾いてる。楽しそう。ベースソロに入る所で宏介さんが田淵を指す。続いて貴雄もにこにこしながら田淵指す。なんだ君たち仲良しか。

ベースソロにかぶせてくるギターラインが良すぎて痺れる。

12秒⤴︎ ま・え・に!の歌い方最高。

連続する踊って〜の田淵の乗り方好き。

 


・23:25

"等身大〜"からの繋ぎかっこよすぎか。

きの↑うの

ニュート↑ラル

の指上げと

《花盛り》のところの右手の動き良い。

《未定の空模様》直後のギターめっちゃキメてる。

遠目だけど田淵が舌出すのかわいい。

貴雄が上手側にスティッククロスするの、多分宏介さんに向けてやってたんだろうな。ええやん。

田淵ばきゅーんも最高。

 


・mix juiceのいうとおり

斎藤「次の曲です!」

MC綺麗にカットされてる。

宏介さん両手上げた後、映ってないけど貴雄指さして2回振り下ろしてる。はず。

《ちゃちな理性に挟まれて》のところの田淵の裏ノリが好きすぎて、というか自分の体感と合ってて楽しい。

2番田淵、けんけんぱに見えてけんけんぱっぱなんだよねえ。

シュビドゥバくっきりだし田淵の動き映っててよき。

手元見ないで両サイド叩く貴さんほんとすごい。素人目線だけど惚れる。

最後の田淵のあの動き入ってて完璧。

 


・ドラムソロ

斎藤「オンドラムスタカオスズキ!」

超楽しそう。表情すき。

トゥトゥとかパンパンパパンとか口ずさむ貴雄好き。

スティック持ち手と逆に掴んでもさりげなく持ち直すのかっこいい。

本当にこのドラマーすごすぎるな。うっとりするドラムソロ。

 


・BUSTER DICE MISERY

2人カムバック。

Wait for (        ) MISERY BUSTER!

帰国子女でもかっこの部分は正直お手上げです。4回とも違うように聴こえるし貴雄とかもはや聴き取れぬ。backにもburstにもthatにもgotにもlackにもknockにもdiceにも聴こえる。なんて言ってるかわかったら教えてください。

タイトルコールの発音好き。

Aメロの田淵の動き何回見てもわらう。

ばっつぅーのとこ、田淵が首こてんとするのばっかり見てたけど宏介さんこんなエロい顔してたのね。知らなんだ...

《伊達じゃなし》は田淵フォーカスやろー!

キメのところ真剣に貴雄の様子伺う宏介さん。かわいい。

 


・オトノバ中間試験

斎藤「よっ!」

イントロから楽しすぎて無理。

サビの田淵右脚ダンダン好きすぎ。

《穴掘ってミュージシャン》は田淵の両脚キメ映してえ

上手→下手に貴雄とアイコンタクトしながらじり戻る田淵

...と思ったら!《僕なんで》で貴雄のど目の前に後ろ向きで立って右手で宏介さん指す田淵!好き!つられて貴雄も宏介さん指してるし!仲良しか!

《出来損ないのスラップ》は田淵が左手ぶらぶらしてるから映してえ

《Oh, pardon me?》、今回は裏返ってないね貴雄ちゃん。

間奏で立ち上がる貴雄を指さす田淵。

貴雄「ワンツースリーフォー」

台に乗る宏介さん。

田淵の一連の大好きな動き両手抑えから入れてくれたの本当にありがとう。ちなみに新潟公演ではウインクも付いてました。口パクからの制限タイムありがとう。笑顔込みで250点です。

でも!《追試でございましょう》は田淵よ!惜しい。

 


シュガーソングとビターステップ

宏介さんのソロよき。ドラム台に乗る田淵可愛いけど多分降りる時の方が可愛かった。

イントロの手もフォーカスしてくれてありがとう。

Aメロのベースライン世界一好きです。

ママレードアンドやん。誰よ「に」っていった人。

蓋然性合理主義、このときはちゃんと誰かにやってくれてるけど最近フロア見ないこと多いんだよなあ。

間奏のremixで宏介さんの声入ってるの最近気付いた(アホ)

ぎゅいーんは宏介さんの足下映すとこやん!

貴雄立ってるー!

ラスサビ前の田淵指差し。

《また一興》は貴雄ー!

 


・シャンデリア・ワルツ

連続の多幸感攻撃。

《眠れない夜》の言い方!すき!

左脚スピーカーにかけてAメロ弾く田淵かっこいい。脚のラインと表情が素敵すぎる。

サビ前スティックで客席指すのかっこいいよ貴雄。

田淵が2番Bメロで嬉しそうに客席見回すの本当に好き。

世界が始まる胸ポンポン

向かい合って弾くの楽しそうすぎるけど一瞬照れてるみたいな表情するの可愛すぎる。

 


・Cheap Cheap Endroll

サビ前田淵の左手好き。荒いようでコーラス完璧なのわらう。

《非難轟》、結構高いキーから攻めるなと思ったら更に張り上げていて恐れ入った。

ハンドスプリング田淵。

ブレイクのところ、ずーっとどっちが正解かなと思っていたけどちょっとは盛り上がった方が流れいいね。関西関東、地域によっても反応が違ったのが印象的。

楽しそうに《君がもっと嫌いになっていく》って歌うバンド。

斎藤「サンキュー」

 


・徹頭徹尾夜な夜なドライブ

斎藤「神奈川最高でしたどうもありがとう!ラスト!」

貴雄のカウントいっつも荒くて好き。

田淵足あげのときベースに当たらないよう上げたり下げたり配慮してるの良き。

Aメロ腰振り久々に観れた記憶。

《オオカミ》のオオの発声の仕方好き。

ドラム修正梅さん。

2番Bメロスピーカーに脚くんで座る田淵、沖縄でど目の前で経験したので思い出してはときめきが止まらない。

5678宏介さんもいいけど田淵かっこいいから映してえ

夜な夜なマイク抱えて移動はわらう。根っこつかむからスタンド大丈夫かとヒヤヒヤしてた。

イェーの顔がポストカードになったのかな。

最後「ダアレ!」な貴雄よき。

夜な夜なドライブ夜な夜な→斎藤「バイバイ!」

本編をちゃんと完結させてて相変わらず好き。

貴雄の階数確認エモいなあ。からの胸トン、指差し、ぱーん。

 

 

en.
・フライデイノベルス

田淵が上まで眩しそうな表情で見上げるの好き。

斎藤「アンコールありがとうございます」ポロロン。牛さんTシャツくたびれすぎ。

普通にこの曲難しいよね。宏介さんの歌うとこ。

サビ田淵首こてこて。でもサビ前の田淵も可愛いので映して欲しい。

 


・何かが変わりそう

これだけ言わせて。この曲もめちゃ好きということを先に言っておいて、"like coffeeのおまじない"と"スカースデイル"も入れて欲しかった。なんなら"リニアブルーを聴きながら"も。こう思い始めたらきりがないからやっぱりセトリ統一の方がいいのかなと思ったり思わなかったり。

イントロギターでばんざい田淵。

《考えてる》いつもだけどr最高。

5階まで映る絶景。良きかな。

2番Aメロ左のイヤモニ抑えるのグッとくる。普段極限の上手側から見ないから尚更。

サビ前の貴雄の正確さ、当たり前のようですごい。

 

 

 ・桜のあと(all quartets lead to the?)

今日よく宏介さんの後ろ行くなあ田淵。ホールの中でもステージ広めね。

サビ前のドラムを口ずさむ貴雄。

曲自体がイベントやフェスとはやっぱり違う顔を持ってる気がしちゃう。

わがままにスイッチ押す田淵。

クラップまじ?と思いながらもそれも自由。

スティックでフロア指す貴雄。

 

 

斎藤「またね!

楽しかったですどうもありがとう!」

2人がはけた後貴雄「ぱぁん!」→スティック投げる

胸トン、指差し、ぱーん。

最後は観客全員とグータッチするかのような拳。

 

 

 

1階のお客さん、思ったよりみんな同じ動きしてるじゃんと思ったことは内緒。どんな乗り方だって自由。恥ずかしさなんてどこにもない。

 

 

UNISON SQUARE GARDENのライブってなんでこんなに楽しいの。一面的ではなく、たくさんの「楽しい」をくれてありがとう。

これからも素敵な音楽に背中を蹴られに行きます。

 

スガさんアーティスト生活20周年おめでとうございます

昨日までVIVA LA ROCK2017が開催されていた場所。私も二日前に来ている場所。

その面影を残したまま、さいたまスーパーアリーナスガシカオ主催のフェス、「スガフェス!」が開催された。

 

今年でデビュー20周年とのこと。本当におめでとうございます。

そのお祝いのために多くのアーティストが駆け付け、20年に一度のミラクルフェスが開催された。早速振り返る。

 

 

タイムテーブルはこちら。ブレイクタイムを挟んで二部構成。

f:id:xxkanakoxx:20170509112940j:image

アリーナ内に入るまでの出店はビバラとあまり変わらなかったのでは。スガさんお馴染みのかけすぎ部があったくらいかな。

 

 

順を追って見ていこう。

 

 [第一部]

怒髪天

怒髪天 に対する画像結果

セットリスト

1. セイノワ
2. オトナノススメ
3. グライダー(The ピーズ カバー)
4. 赤ら月
5. 酒燃料爆進曲
6. 夜空ノムコウ(w/スガ シカオ)

 

 

13:00、怒髪天のアクトがスタート。

スガさんとの関連はというと、増子さん(Vo.)が参加している1966年生まれの集まり「ROOTS 66-Naughty 50-」で共演している。

トップバッターを任された彼らは"セイノワ"からアクトをスタート。今日まで怒髪天を知らない人も中にはいただろうがそんなことはお構い無しで会場のボルテージを上げていく。

増子「今日は長いぞ〜!ちゃんと準備運動しろよ!」

そのまま"オトナノススメ"。大人最高。

増子「こんにちは怒髪天です!まだ1時だよ。こんな時間からビールの歌とか歌っちゃうのが我々なんですけども。だって普通ね、今ぐらいに起きるでしょう。

改めましてスガくん、デビュ−20周年おめでとうございます!俺らもデビューしてもう33年になりまして、一応武道館とかやってるんですよ。出演アーティストの名前が発表されていくうちにだんだん俺ら顔が青ざめていきましたから。だってヒット曲が無いの俺らと稲川淳二さんだけだもん」

その後話題はThe ピーズに。来たる武道館公演の応援のために"グライダー"をカバーしてくれるというサービス精神。新曲"赤ら月"と続き、"酒燃料爆進曲"で駆け抜けた。

ラストにはメンバー全員が赤いはっぴ姿で登場。歌詞を見ながら"夜空ノムコウ"を歌っているとスガさんがステージへ。4人の反応の仕方が芸人さんのよう。

増子「ただいま!さいたまスーパーアリーナにて!スガ シカオとカラオケしてまーす!!」

スガ「俺いま封印中なんだけどこの曲笑」

会場の笑いを誘いながらも、名曲と共にフェスのスタートを飾った。

JAPANESE R&E(リズム&演歌)、かっこよかったです。

 

 

 

THE BACK HORN

f:id:xxkanakoxx:20170510175631j:image

 セットリスト

1.罠
2.刃
3.あなたが待ってる
4.With You(w/スガ シカオ)
5.コバルトブルー

 

 

続いて登場したのはTHE BACK HORN。来年結成20周年を迎える彼らはスガ シカオと所属レーベルが同じという共通点もあり、菅波栄純(Gt.)とはタッグを組んでフェスやイベントに出演してきた仲でもある。

SEと共に4人がステージに登場。まずは"罠"→刃"でテクニックをみせつけ、フロアを魅了。岡峰さん(B.)がすごく好きなのだが目の前であの指弾きを観ることができて鳥肌立った。続けて宇多田ヒカルと共作の新曲"あなたが待ってる"を披露。もうそれだけであったかい。

山田「次はお待ちかね、あの方を招いて一緒にやりたいと思います!マイク邪魔だね」

スガさんを呼び込む。照れ笑いしながら登場。

 

スガ「なんか変な感じ。栄純とはいつも夏に会ってるからね。お互い汗臭い状態でね?笑」

一同爆笑
菅波「自分はスガさんに育てられましたんで」
山田「一緒にやるようになってバンドに還元するものが増えた感じするよね」

将司さんのマイクが少しだけ上手に寄せられ、スガさんが中央へ。"With You"をコラボした。やはり関わりが長いだけあって安定感がすごい。


スガさんが去るとラストは"コバルトブルー"でステージを締めくくった4人。12日には大阪でUNISON SQUARE GARDENと約1年半ぶりの対バンを行う。わたしは残念ながら観に行くことができないが、楽しみに待ちたい。

 

 

 

UNISON SQUARE GARDEN

f:id:xxkanakoxx:20170510175700j:image

セットリスト

1. 桜のあと(all quartets lead to the?)
2. オリオンをなぞる
3. オトノバ中間試験
4. 天国と地獄
5. シュガーソングとビターステップ(w/スガ シカオ)

 
 
毎度のように彼らの部分だけテンション上がってすみません。UNISON SQUARE GARDENです。
"桜のあと~"、"オリオンをなぞる"といったライブ定番曲を放ちながら観客の心をつかんでいくのが手に取るようにわかる。ただ今回スタンディングブロック前方に煽り屋さんが多くて、わたしも1曲目後ろから男性に「いきってんな」と言われ耳元に腕を置かれた。好きなアーティストのアクトでいきって何が悪いのと思いながらも無視。つまらなかったのか他の人にもちょっかい出してましたが、"オトノバ中間試験"がわからなかったようで適当ノリに移行。そこでやっと振り払えて田淵にニヤッとされたようなされなかったような。アイラブオトノバ。いくらなんでも都合良過ぎるからあんたなんかと踊れない。知名度が上がってくるとこういうカスみたいな人も紛れてくるんだなと少し勉強になりました。結構煽ってたけど意に介さずかっこいいアクトを続けるUNISON SQUARE GARDENが好きすぎる。ビバラで感じた「このアーティストはずっと追っていきたいな」っていう感覚は確かなものだと思う。

斎藤「いやーほんとにこの空気あったかいね。だって今日うちのお客さん一人もいないと思ってたもん。だって最前にユニゾンのタオル持ってる人全然いないじゃん!(何人かユニゾンタオル掲げる)…ああ、いたいた笑。えっと次で最後の曲なんですけど…僕ら普段3人でやっててゲストを迎え入れて一緒にやるってことはないんですけど、今日は特別に、あのスペシャルゲストをお招きしたいと思います。…いやあのね、みんなが想像してる人じゃないと思う。もうね、想像もつかないような…もしかしたらここにいる人のほとんどが知らないかもしれない。『え!?この人!?!?』っていう。……あのね、何回も呼ぶと新鮮味が無くなってくるから、皆さん、フレッシュな感じであたたかく迎え入れていただいてもいいですか!紹介します、スガ シカオーゥ」
にこにこしながらスガさん再登場。宏介さんを指さしながら歩いてくる。

スガ「あのーねえ、UNISON SQUARE GARDENはね、個々の演奏能力が高すぎるんですよ。リハを見るまでほんとに生演奏してるとは思ってなかったから笑」
斎藤「ユニゾンの曲をやるってなってメールのやり取りをさせていただくようになったんですけど、途中から週に1回くらいのペースでネガティブなメールが来るようになって。我々は大先輩を慰める側に回るっていう。『大丈夫ですよ』って笑
...ではさっそく『スガーソングとシカーステップ』を、やりたいと、思います」

 "シュガーソングとビターステップ"よりはちょっとBPM遅めの"スガーソングとシカーステップ"。田淵が緊張してたのか3人じゃない違和感なのかめちゃおとなしくて笑った。

スガさんもあんなこと言いながら上手だけど、それを毎回余裕の表情で(そこには見せない努力があるのだろうけど)こなす3人は本物のスーパーミュージシャンだ。

 

演奏後は3人と握手、ハグ。コラボしないスタンスは先輩によってどんどん崩されていっているけど、3人という原点がぶれなければ何してくれちゃってもかっこいい気はする。

 

 

ふなっしー

f:id:xxkanakoxx:20170510175840g:image

セットリスト

1. ふな ふな ふなっしー♪〜ふなっしー公式テーマソング〜 

 

ニゾン終了直後会場が暗転し、"We Will Rock You"と共に登場したのは、移動型ステージに乗ったふなっしー。後方からの登場であったため前方や後方から中心部に走り寄る人もちらほら。"ふな ふな ふなっしー♪"を歌い、外に出ようとしたお客さんも思わず足を止める。生で見たのが初めてだったのでなかなか嬉しかった。

 

スガ「基本スガフェスの出演者ってガチ友なんですけど、実はふなっしーだけ会ったことなくてずっと会いたかったの」

最後は一緒に「梨汁ブシャー!」

合間の登場であるはずが、かなりの盛り上がりを見せていた。

 

 

 

RADIO FISH

f:id:xxkanakoxx:20170510180008j:image

 セットリスト

1. 黄金時代
2. ULTRA TIGER
3. 進化論
4. PERFECT HUMAN

 

 

続いてはオリエンタルラジオ率いるRADIO FISH。こちらも生で見るのは初めて。"黄金時代"→"ULTRA TIGER"と続けてダンスナンバーを披露。遠くから観てても動きが揃っていて鳥肌。

中田「実は僕が高校時代からスガさんの大ファンで、その関係でお仕事も一緒にさせていただいたこともあって。いろんな相談に乗ってもらったりプライベートでもお世話になっていたんです」

あっちゃんきっかけだったのね、と思いきやShow-heyが"コノユビトマレ"のMVにダンサーとして出演していたことも今回の出演に至る大きな要因であったようだ。

新曲"進化論"→お馴染み"PERFECT HUMAN"で会場を一気に盛り上げてくれた。

時間は短くともアクトは強烈。

 

 

 

稲川淳二

f:id:xxkanakoxx:20170510180112j:image

セットリスト

1. オープニングトーク
2. 脂ぎった顔
3. エンディングトーク

 

フェスに稲川淳二。フェスに稲川淳二。音楽の祭典に稲川淳二

正直まったく予想していなかったので、発表されたとき10回くらい見てしまった。

旧友であるという稲川さんとスガさん。ラジオでも共演し、スガさんの"クライマックス"(2004)のMVにも出演経験があるそう。

 

セットリストとか書いたけど稲川淳二は歌わず怪談を。

苦手な方もいらっしゃると思うので割愛するが結構こわかった。稲川さんの怪談を生で聞いたのは初めてだったが臨場感がすごくてさすがという感じ。いい意味でブレイクタイムにならなかった。フェスで怪談聞くなんて経験、貴重すぎる。

 

 

 

Mr.Children

f:id:xxkanakoxx:20170510180044j:image

セットリスト

1. fanfare
2. 擬態
3. Tomorrow never knows
4. 跳べ
5. 終わりなき旅
6. ファスナー(w/スガ シカオ) 

 

このフェスを開催するにあたり、真っ先に桜井和寿に出演依頼を出したよう。お互いが影響し影響されている、そんな関係。

"fanfare"はマイナスキーバージョンだったかな。改めてこのフェスのメンツやばいなあとそんなことばかり考えていた。

そして"擬態"。思い入れがありすぎて号泣していたら隣に立ってたお兄さんがポケットティッシュ丸々くれた。あーいろいろ思い出しちゃうけどほんと好き。

桜井「スガ シカオになりきるためにサングラスをしてきたんだけどさあ...似過ぎじゃない?自分の顔みて引いたんだけど笑。

次の曲は一緒に歌ってほしい。"Tomorrow never knows"」

いつ聴いてもいい曲。続く"跳べ"に至っても終始泣いていてあまり思い出せない。ミスチルのライブはこれからも泣かずには聴けないかもなあ。前向きな意味で。スクリーンに映る田原さんの微笑みで更に泣く。

 

"終わりなき旅"は高校時代何度も助けられた。歌詞を丁寧に紡ぎながら、力強く歌い上げる桜井さんの姿、しかと目に焼き付けた。

桜井「もうそれはそれはね、僕は影響を受けているんですよ。今から最もこの人の匂いがプンプンにおってくる曲をやりたいと思います。もうみんなも飽き始めてるかもしれないけど拍手で迎え入れてくれますか!お招きします。僕に多大なる影響を与えてくれたシンガーソングライター、スガ シカオ!!」

からの"ファスナー"ですよ。えぐいよね。お互いの世界観がそれぞれの生み出す楽曲に影響を与えているということがひしひしと伝わってきた。"ファスナー"を聴けたのもかなり久々だったし、それがこんなにも豪華な形でひたすら感謝しかない。


スガ「わー嬉し!俺ミスチルの演奏で歌ったよ!わ~ありがと〜」

こちらからもありがとう。こんな贅沢なフェス、他にあるかしら。

 

6月のワンマンが楽しみだ。

 

 

[第二部]

SKY-HI

f:id:xxkanakoxx:20170510180213j:image

セットリスト

1. Double Down
2. 19才
3. スマイルドロップ

 

 

最初にバックバンドのkōkuaが登場し、"夢のゴール"を披露した後SKY-HIが登場。
1曲目は"Double Down"。生で聴いたのはビバラが初めてだったが、すっかりこの曲にはまってしまった。彼が語っていた通り、はじめましての人でも巻き込まれていくアグレッシブなナンバー。

 

日高「この曲マージで好きなんだよ!大人も子供も今だけは"19才"に戻ろうぜ!」

"19才"。この曲SKY-HIに合うなと思っていたから純粋に嬉しい。スガさんとSKY-HIが交互に歌う。

日高「今から俺とkōkuaでフリースタイルのジャムセッションやろうと思うんだけどついてこれますか!」

なんと曲中に即興演奏vs.即興ラップを披露。冷静に思い出すと鳥肌立つわ。みんな天才かよ。そして本当に日高くん頭いい。

ラストはディスコティックな"スマイルドロップ"。圧巻のアクト。二日前よりもはるかに大きいステージ、多いオーディエンスの前で最高の笑顔を魅せた。

バラの記事で彼への思いは書いたから割愛するけれど、本当にすごいアーティストが出てきた。武道館は通過点と語った彼のこれからが楽しみすぎる。

 

 

 

スガンプーユ

 

f:id:xxkanakoxx:20170510180510j:image

セットリスト

1. 夜空ノムコウ
2. 福笑い
3. 星に願いを
4. 家族になろうよ(福山雅治 カバー)

 

山村隆太(flumpool)と高橋優のコンビにスガさんが加わる形で結成されたというスガンプーユ」

スガ「今回、3人でこのイベントの為だけに結成しようと思って。ぶっちゃけMVP狙いです。」
山村「え、SKY-HIの後にそんなこと言います?」

高橋「じゃあ引きの美学で笑」

右から優くん、隆太さん、スガさんの順にアコギを持って立つ。1曲目は"夜空ノムコウ"。 一瞬怒髪天のアクトが頭をよぎるが、一転こちらはムーディーな演奏で会場を包み込む。

 

高橋「次は僕の曲をやりたいと思います。"福笑い"という曲なんですけど」

スガ「いやーこの曲ほんといい曲だよね。この曲練習してたら泣いちゃったもん俺」

震えた。優くん音源よりめちゃいい声。声量あるし、心臓をつかまれるような声色に魅了された。

 

3曲目はflumpoolの1stシングル"星に願いを"。隆太さんの声とアコースティックアレンジに酔いしれた。安定感が半端じゃない。

スガ「3人で何をやろうかと考えたんだけど、今回ポルノさんも来てくれてるから…あ、みんなが思っている人とは違うんだけど笑、ここ2人ともアミューズだし、アミューズのパイセンの曲がいいんじゃないかなと」

山村「ここ抑えとけばみたいな」

スガ「あ、アミューズではこの人抑えとけばいいんだ?笑」

高橋「いやそういうわけではないんですけど。皆さんも聴いたらわかると思います」
福山雅治の"家族になろうよ"をカバー。リードの優くんが本当にうまくて震えた。

終了後も山村いじりなど盛り上がる彼ら。3人でのアクトがこれきりなんてちょっぴりもったいないな。

 

 

 

水樹奈々

 f:id:xxkanakoxx:20170511145744j:image

セットリスト

1. ETERNAL BLAZE
2. はじまりの日 feat. Mummy-D
3. 恋想花火

 

 

スガ「さあ、次は今日ただ一人の女性アーティスト!」
奈々様のご登場だ。想像以上にペンライトが多くて「あらあなたもそうだったの」状態。思わずスタンディングエリアから見まわしてしまった。そして歓声が尋常じゃない。

1曲目は"ETERNAL BLAZE"。奈々様全然詳しくないけどすごく楽しかった。そして当たり前のようだが奈々様めちゃ歌上手い。坂本竜太(B.)にも歓声が。

スガ「今回なぜ水樹さんを呼んだかと言うと、俺がレーベルも事務所も全部やめて独立して、何の仕事もなくなった時に『僕らの音楽』という音楽番組のデュエット相手に僕を指名してくれたのが彼女だったんです」

水樹「実はその前に私のライブの東京ドーム公演に来てくださっていて、でそのライブについてすっごく熱いブログをアップしてくださっているのを見て感動して。『レディ・ガガだ!』って言ってくださったんです」
スガ「あの時は残念ながらいろんな大人の事情でお断りせざるを得なかったんですけど、その2011年の時に果たせなかったステージを是非やりましょうと言って今日お招きしました」

続けて"はじまりの日 feat. Mummy-D"。奈々様が声優として出演していたアニメ「テガミバチ」のOPだそう。来るかなどうかなと見せかけていたMummy-Dもこの一曲のためだけに登場。豪華すぎる。

ラストはスガセレクトで"恋想花火"セッション。こんなに深いかかわりがあったなんて知らなかったなあ。二人にとってもファンにとっても思い出深いステージとなったことだろう。

 

 

ポルノグラフィティ

f:id:xxkanakoxx:20170510180618j:image

セットリスト

1. アゲハ蝶
2. スガ シカオ メドレー
  黄金の月〜SWEET BABY〜コノユビトマレ
3. ハネウマライダー 

 

 

個人的に2年半ぶりのポルノグラフィティ。登場の瞬間泣きそうになった。なんたって好きになって早15年ですからね。

1曲目は"アゲハ蝶"。お決まりのシンガロングとクラップが心地よい。kōkuaによる演奏も加わり、オーディエンスの心を掴んだ。

岡野「ご近所なんです。なんか照れくさいねえ。普段パジャマみたいな格好に慣れちゃってるからオンステージのスガ シカオ緊張する。さっきめっちゃ気持ち悪いんですけど『シーカオに逢えた それだけでよかった』って替え歌してしまいました笑。気持ち悪いですねえ。うちらは、ミュージシャン界イチのスガマニアですから」
スガ「今回ポルノが出てくれることになって打ち合わせしてたんだけど『俺ら、他の人がやらないことをやっていいですか?』って言ってきて。聞いたらこんなに出来ないよってくらい曲を上げてきて笑」

岡野「その中から厳選して今日のためにメドレーを作ってきました。完全に趣味の世界です。だってスガマニアですから笑、こんなに嬉しいことはないんです」

いつだったか『僕らの音楽』でセッションした"黄金の月"→めっちゃ昭仁さんの声色に合ってる(と個人的に思ってる)"SWEET BABY"→スガ流ファンクの代名詞"コノユビトマレ"。なんという贅沢なメドレー。ひたすら昭仁さんに酔いしれる。

ラストはお馴染み"ハネウマライダー"。ロマポルタオル持ってきてよかった。久々にぴょんぴょんぶんぶんしてしまいました。

ポルノは本当に大きい会場を得意としているなあ。わたしの大好きなポルノグラフィティはまだそこにいた。ワンマン近いうちにまた行こうっと。

 

 

kōkua

f:id:xxkanakoxx:20170510180644j:image

 セットリスト

1. 午後のパレード
2. Progress

 

 

スガ「どんどんと時間が過ぎていって、この伝説の手作りのフェスも終わりに近付いていっています。でも、もうちょっとだけ最高の時間と、最高のグルーヴを味わいたいと思います!」

予習動画も配信されたこのフェスの軸といっても過言ではない"午後のパレード"から。多くの人が事前に販売された「午後パレ公式サングラス」を装着して踊る。日本のファンクの先駆者の一人は間違いなくこの人だなあと思わせるアクト。

そしてもう一曲は"Progress"。

スガ「番組の企画で始まってから10年が経ちましたが、今ではこのバンドでしか出せない音が出せるようになりました。

《あと一歩だけ、前に 進もう》というこの曲のメッセージに自分自身、何度も勇気づけられました」

シンクロライトの白い光があまりに綺麗で言葉を失った。

誰もが知っている曲。でもその道のりを知ってから聴く曲の表情は違う。

スガ「スガフェス!やってよかった!」

 

 

スガ シカオ

 f:id:xxkanakoxx:20170511233417j:image

セットリスト

1. アイタイ
2. Real Face〜ドキドキしちゃう〜91時91分
3. アストライド
4. 奇跡
5. Re:You
6. 19才
EC. したくてたまらない

 

 

鹿野氏の言葉を借りるなら、ヘッドライナーはこの人。スガ シカオ。kōkuaに代わって自らのバンドを従えて再び登場。1曲目は"アイタイ"。雰囲気ががらりと変わる。
スガ「さて、いい人のスガ シカオは終わりました。ここからはダークサイドのスガシカオです。このさいたまスーパーアリーナを、ファンクで埋めようじゃないですか!

俺はずっと10年間ギリギリで生きてきた。みんなはどう?そんなみんなのために歌います」

"Real Face"ってスガさんがKAT-TUNに提供してたのね。恥ずかしながら後日知りました。続けて"ドキドキしちゃう"→"91時91分"。会場にファンクの渦を作り上げる。


休む間もなく"アストライド"から"奇跡"への流れ、これでもかというくらいスガ シカオを突き付けてくるから目が回りそう。

スガ「自分が選んだこと、一つ一つが間違いじゃなかったことを確信しました」
続いて"Re:You"。独立後、再出発を印象付けたナンバー。彼自身、孤独と戦う中で得たものがたくさんあったんだろうなあ。

ラストは"19才"。

スガ「ありがとう!ミュージシャンになって一番最高の時間だった!」

 


そしてアンコールに再び登場。

スガ「もうちょっとだけ行こうか!」

移動型ステージに乗り"したくてたまらない"を歌う。移動ステージに乗りアリーナ中を一周する。後ろまで行くとスガうたダンジョン優勝者の女の子&ガスさんも合流。

ステージに戻る直前に怒髪天THE BACK HORN、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)、ふなっしー、RADIO FISH、稲川淳二桜井和寿(Mr.Children)、SKY-HI、山村隆太(flumpool)、高橋優、水樹奈々Mummy-Dポルノグラフィティ、kōkuaと、この日の出演者全員がステージに再集結。桜井さんからケーキを渡される一幕も。

スガ「2011年、俺は事務所もレーベルもやめて、たった一人になって、もう一回自分の音楽をやろうと思って、インディーズから音楽を始めました。本当に独りで、周りに誰もいなくなって、そんな時に声をかけてくれたのが、今日のフェスをオーガナイズしてくれた鹿野さんでした。鹿野さんは俺に『今はみんなに存分に頼れ。甘えろ。それは後から返せばいいんだ』と言われました。そこから数年かけて、今、ここさいたまスーパーアリーナまで辿り着きました。やっとです。そして今日のライブはファンへの、そして一緒に頑張ってくれたスタッフへの恩返しの第一歩だと思っています。集まってくれたアーティストのみんなも、ここに来てくれたみんなも、今日は本当にどうもありがとう。気を付けて帰ってね!」

終始あたたかい空気の「20年に一度のミラクルフェス」。本当に行けてよかった。

贔屓のバンドが多くて彼らはもちろんかっこよかったのだが、初見MVPは高橋優くんかな。

音源ではわからない彼の声の魅力に心を掴まれた。もっと観たい。

 

 

スガさん、改めて20周年おめでとうございます。

これからも日本のファンクを、ロックを、引っ張っていく存在であり続けてください。

 

大阪のスガフェスはどんな感じになるのかなあ。詳細に期待したい。

 

 

VIVA LA ROCK 5/4

今年もついにフェスシーズン。本格的に始まるのは夏だからプレスタートかな。

JAPAN JAMに行かれた方も多いと思いますがわたしはVIVA LA ROCK2017へ行ってまいりました。

f:id:xxkanakoxx:20170507085944j:image

昨年はGW中にさいたまスーパーアリーナの改修工事が行われていたため5月末に2daysだったが、今年は無事3日、スガフェス(後日記事上げます)含めて4日間の開催となった。

個人的な行動録になってしまうが、このフェスの2日目(5/4)を振り返りたい。

 

 

タイムテーブルはこちら。

f:id:xxkanakoxx:20170506221106j:image

主催者曰く「新しい音楽を生み出す可能性が極めて高いアーティスト」を集めたとのこと。いろいろ説明してくれていたけどソースを貼れなくてごめんなさい。確かラジオだったかと。

 

 

以下のアーティストを観ました。

キュウソネコカミ

水曜日のカンパネラ

THE BAWDIES

東京スカパラダイスオーケストラ

SKY-HI

VIVA LA J-ROCK ANTHEMS

Suchmos

ストレイテナー

サカナクション

UNISON SQUARE GARDEN

 

スケジュールとしてかなり過密だったがとても濃い1日だった。早速振り返っていきたい。

 

 

 

キュウソネコカミ

f:id:xxkanakoxx:20170507080334j:image

セットリスト

1. MEGA SHAKE IT !
2. ビビった
3. ファントムヴァイブレーション
4. たまにいるタラシくん
5. 家
6. No More 劣化実写化
7. DQNなりたい、40代で死にたい
8. オリジナリティ

 

10:30少し前。VIVA STAGEに詰めかけた多くのお客さんの前に登場したのはキュウソ...ではなく総合プロデューサーの鹿野淳。軽くMC。みんなを目覚めさせようとキュウソをトップバッターに起用したとのこと。

 

定刻でコナンのあの曲が鳴り響くと5人が登場。フロアからは大歓声。

先日タイマンツアーの名古屋公演(w/UNISON SQUARE GARDEN http://xxkanakoxx.hatenablog.com/entry/taimannagoya )で観たこともあって何故か親目線になってしまう。

セイヤさんが「鹿野ーーーー!みんなの目覚ましのためにお前らを呼んだって言われたけどなーーーー!なにDENIMSとかぶらせとんねーーーーん!鹿野ーーーー!」って叫びだしたときはさすがに笑った。裏ではさん付けという従順さよ。

お馴染み"DQNなりたい、40代で死にたい"では「ヤンキーこーわいー」のコールアンドレスポンスの最中にセイヤさんがフロアへ乗り込む。

 

セイヤ「一番負けたくない後輩はーーー!SHISHAMOだーーーー!!」

ヨコタ「そうなの?笑 俺らもそれ今初めて聞いたわ」

SHISHAMOえげつないほど上手いもんねわかる。

 

昨年はStar Stageだったために来年はあのステージに戻ると宣言。コミカルバンドとして全く嫌味がなくてすごく好き。面白いことばかりやっているかと思えばセイヤさんの音楽に対する真摯な姿勢や愛情に心が震えるときもある。

これからもどんな形で笑わせてくれるのか、泣かせてくれるのか、盛り上げてくれるのか...次に観るときを楽しみにしたい。

 

 


水曜日のカンパネラ

 f:id:xxkanakoxx:20170507082638j:image

 セットリスト

1. ナポレオン
2. シャクシャイン
3. ディアブロ
4. ツイッギー
5. ウランちゃん
6. ユタ
7. 桃太郎
8. 一休さん

 
キュウソ終了後急いで向かったのはStar Stage。生で観るのは昨年のロッキンぶり。昨年のCAVE STAGEでのアクトに引き続きビバラ2年目である。

このステージにおいてはトップバッター。"ナポレオン"のイントロと共にお神輿に乗ったコムアイちゃんが後ろの出口から登場。普通には始まらないのが水カン。

「水曜日のカンパネラ初めてライブで見る人?」という問いかけには多くの人が手をあげる。ちょっぴり意外。

"ディアブロ"では「いーゆっだーね」「いーゆだね!」のコールアンドレスポンスの応酬。どんどん声を小さくする要求も。

コムアイ「今入ってきた人ビックリしてるよ」

"ユタ"が宮古島の雨乞いの歌から来てるって初めて知った。その曲の歌詞かなにかをゴニョゴニョ言いながら説明してくれたコムアイちゃん。彼女ほんとに頭良いんだなあ。

皆さんご存知"桃太郎"では透明のバルーンに入ってスタンディングエリア中央を縦に転がっていく。ちゃんといいタイミングで中央まで辿りついてた。続く"一休さん"では白いステージに乗りながら歌う。スタッフさんが何か付けようとするも踊り続けるあたりの自由さはさすがすぎる。

嵐のようなアクトだった。毎回ハラハラさせられる感覚は嫌いじゃない。Tバックおすすめされたのはさすがに笑ったけど。

 

 


THE BAWDIES

 f:id:xxkanakoxx:20170507082739j:image

セットリスト

1. 45s
2. HELLO
3. IT’S TOO LATE
4. MEDLEY(JUST BE COOL/KEEP YOU HAPPY/ROCK ME BABY/JUST BE COOL)
5. NEW LIGHTS
6. KICKS!
7. HOT DOG
8. SING YOUR SONG
9. THE EDGE

 

そのままの席で腹筋崩壊させ師のROY大先生率いるBAWさんを。昨年のラブシャ以来なのでそこそこ久々であった。

先に言ってしまうと今回Star Stageの錚々たるメンツの中でも非常に印象に残るアクトをしたと思う。ひたすらにかっこよさを見せつけてくれた。

個人的には"NEW LIGHTS"にどこか懐かしさを感じて好きでした。

そして曲中に何故か魔女の宅急便がはじまる。魔女の宅子(TAXMAN)がソーセージ(に見立てた?ギター)に乗ってパン屋さん(JIM)を訪れる。

宅子「ここで働かせてください。わたし、ここで働きたいんです!」

MARCY(黒猫?)「ソーセージに乗った宅子がパン屋さんで働きたいなんて、まるで"HOT DOG"だね」

 

そうきたか...劇は笑ったけど演奏はめちゃかっこいい。ROYの声、本当にどうやって出してるのかなと思うくらい声量も勢いもあるししゃがれた声色がセクシー。ワンマンも久々に行きたいなと感じる次第である。

 

 


東京スカパラダイスオーケストラ

 f:id:xxkanakoxx:20170507082851j:image
セットリスト

1. Paradise Has No Border
2. DOWN BEAT STOMP
3. Routine Melodies
4. 道なき道、反骨の。
5. SKA ME CRAZY
6. (there’s no) King Of The Ants
7. ペドラーズ
8. All Good Ska is One

 

こちらもStar Stageのスカパラ兄さん。UNISON SQUARE GARDENの自主企画「fun time HOLIDAY6」の名古屋公演で対バン予定だ。行けないので今日という日に目に焼き付けておこうと思った。

同じテイストのスーツで登場。人数圧がすごい。ステージで音を出す人たち全員が楽しんでいるとこちらまで楽しくなってくる。

 

谷中「みんなはスカって知ってる?スカ知ってる人!(歓声)...おー!マジ?嬉しいね。僕らのデビューした頃はスカを知ってる人はほっとんどいませんでした。スカはジャマイカで生まれた音楽なんだけど、本国では3年しか流行らなかった。僕らはそれを28年やってます。その音楽を信じてずっとやってきて、海外も...28ヶ国も行くことができたんです」

 

スカパラのアクトは誰もが楽しめる音楽を鳴らしていると思う。幅広い年齢層の人たちが思い思いに体を揺らすその光景は、まさにボーダーレス。

ラストを"All Good Ska is One"で締めたスカパラ兄さん。本当にかっこいいな。

 

 


SKY-HI

f:id:xxkanakoxx:20170507082917j:image

セットリスト

1. Seaside Bound
2. Double Down
3. メドレー
  Turn Up
  Welcome To The Dungeon
  Enter The Dungeon
  Tylant Island
4. Silly Game
5. How Much??
6. メドレー
  Limo
  Countdown
7. スマイルドロップ

 

スカパラ終了直後急いでVIVA STAGEへ。なんとか間に合った。フロアが埋まっていなくてただただびっくり。全身白のスーツで勢いよく登場。5/2.3とソールドアウトした武道館公演をこなし燃え尽きる間もなくビバラ初出演に至った。

日高「今日の主役が誰か知ってるか?こうやって遊びにきてるお前らだ!はじめましての人も、いつも応援してくれるFLYERSのみんなも、一緒に楽しめる方法教えてやるよ!」

と"Double Down"。はじめて生で聴いたけどめちゃめちゃかっこいい。"How Much??"ではフラッグを持ったダンサーたちも登場し、会場のボルテージを上げた。

 

アイドルグループの一員が片手間にラップしているという偏見に屈せず、お客さん5人という厳しい状況の中から這い上がってきたSKY-HIの魂を感じるアクトだった。お客さんの入り方や乗り方を見ても、彼の音楽を大衆に浸透させるにはまだまだ時間がかかると思う。それでも何か変えてくれるという期待感がある。日本にファンクを突きつける猛者であってほしい。

 

日高「2017年のビバラでSKY-HI観てっけどって、必ず自慢できるようにしてやるからな!」

 

 


VIVA LA J-ROCK ANTHEMS

セットリスト

1. ultra soul
2. 世界の終わり
3. 名もなき詩
4. カブトムシ
5. ベスト10メドレー
今夜はブギーバック/天体観測/勝手にシンドバッド/アイデンティティ/LOSER/おしゃかしゃま/Dragon Night/そばかす/会いたくて 会いたくて/楽園ベイベー/今夜はブギーバック
6. 小さな恋のうた

 

今年で3度目のこの企画。豪華なバックバンド×豪華なゲストボーカル達が日本のロックシーンを彩ってきた曲を次々とカバーした。

今回の「アンセムバンド」のメンバーは以下の4人。本当に豪華。

亀田誠治(B.)

ピエール中野(Dr.凛として時雨)

加藤隆志(G.東京スカパラダイスオーケストラ)

津野米咲(G.赤い公園)

 

開始前に過去の映像が流れることを知っていたので急いで向かった。昨年斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)がカバーした"若者のすべて"(フジファブリック)が聴けて感無量。フジファブリックをちゃんと聴き始めてまだ5年くらいのわたしでもそう思うんだから、志村正彦のいた時代を知っている方が生であれを聴いたら膝から崩れ落ちるだろうなあと思う。

 

 

1曲目は石毛輝(lovefilm)が登場。B'zの"ultra soul"を披露してくれた。特攻の炎の熱さがこちらまで伝わってくる。なぜかみんなでXポーズまでした。トップバッターに相応しい高音ボイス。

 

次に出てきたのは菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)。この日GARDEN STAGEに登場する予定ですごく観たかったのだがストレイテナーと丸かぶりという鬼畜さよ。ここで観れて本当によかった。卓郎さん曰く自分のルーツでありながらこれまでカバーしたことがなかったから、今回がいい機会だと思ったというミッシェル・ガン・エレファントの"世界の終わり"。当たり前のような感想だけど歌めちゃ上手い。

 

続いてはホリエアツシ(ストレイテナー)。と思いきやイントロで泣いた。Mr.Childrenの"名もなき詩"だ。桜井さんの表情モノマネをするホリエさん。泣きながら笑った。いつかホリエさんの歌声でミスチル聴きたいな〜なんて夢程度に思っていたものだから感情が迷子になった。最高。

 

そして宮崎朝子(SHISHAMO)はaikoの代表曲"カブトムシ"を。1番を津野ちゃんのピアノのみと共に歌い上げ、会場が息をのむのがわかった。本当に怖いほど上手いし、歌声に溢れんばかりの感情が自分の心臓を突き抜けるような感覚があった。朝子ちゃんさすがです。

 

その空気を切り裂くようにSKY-HI×ぼくのりりっくのぼうよみで"今夜はブギーバック"。曲中にはメドレーも。BUMP OF CHICKEN"天体観測"→サザンオールスターズ"勝手にシンドバッド"→サカナクション"アイデンティティ"→米津玄師"LOSER"→RADWIMPS"おしゃかしゃま"→SEKAI NO OWARI"Dragon Night"→JUDY AND MARY"そばかす"→西野カナ"会いたくて 会いたくて"を交互に歌い、RIP SLYME"楽園ベイベー"を2人でセッションして"今夜はブギーバック"へ。

SKY-HIはぼくりりくんを弟のように思ってるのかな、「可愛いなお前」を連呼。一方のぼくりりくんはアクトで魅せた表情からは一変、気の抜けたような様子で「緊張したあ」と一言。すごくレベルの高いコラボでした。

 

ラストを飾るのは谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)。「俺の大好きな友達が18歳の時に作った曲を歌います」とMONGOL800の"小さな恋の歌"を歌い始め、会場が湧く。曲の途中には朝子ちゃん以外のゲストボーカルが再登場し、ステージ上のメンバーもお客さんも肩を組む。「周りを見回してくれ、これが音楽の力だ!」

 

こんな贅沢な時間があっていいのかしらと終始考えていた。

 

 


Suchmos

f:id:xxkanakoxx:20170507083034j:image

セットリスト

1. A.G.I.T.
2. STAY TUNE
3. YMM
4. PINKVIBES
5. WIPER
6. DUMBO
7. GAGA

 

Star Stageに登場したのはSuchmos。定刻に始まらなかったのって彼らくらいなんじゃないの。

TAIKINGのギターを響かせながらの1曲目は "A.G.I.T."。アルバムでもツアーでもトップバッターだったから、ある種自然な流れで形成されるグルーヴ。

「Turn on the radio!」の声と共にはじまったのは...そうです"STAY TUNE"。曲を知りもしないのにアンチサチモスな方々もさすがに知ってるでしょうというこの1曲。これだけ多くの人々を揺らしているという光景がなんとも感慨深かった。

DJ KCEEに呼びかけ"YMM"のスクラッチ。"STAY TUNE"に劣らぬ湧き方で、YONCEも絶妙に体をくねらせる。

 

YONCEのMCが独特で好き。

「みんな地元好き?埼玉好き?今日からもっと好きになろう。次は俺らの地元の曲です。」→"PINKVIBES"

大宮アルディージャ戦、新加入選手を紹介します」→"WIPER"

「Are you ready? Time to Rock’n’Roll! Please, Mr.HSU!!!!」→"DUMBO"

 

彼は本当に凄いボーカリストだ。彼らの音楽は自由に楽しめるということを彼自身がその歌声で、動きで、表情で、フロアに伝えている。

ツアーを通して全員の演奏技術も上がった。もっと大きいところへ。更なる高みへ。

 

 


ストレイテナー

f:id:xxkanakoxx:20170507083121j:image

セットリスト

1. Little Miss Weekend
2. From Noon Till Dawn
3. DAY TO DAY
4. Alternative Dancer
5. Discography
6. 彩雲
7. Melodic Storm
8. シーグラス

 

これだけ「粒揃い」(ホリエ談)のテクニカル集団なのにVIVA STAGEというのが彼ららしい。

ホリエ「昨年に引き続き2回目の出演になります、ストレイテナーっていいます。去年はニューアルバム(COLD DISC)の曲ばっかやってみんなを困惑させたけど、今日はアゲてこうと思います!」

シンペイちゃんが終始サングラスかけててちょっと笑った。

 

"From Noon Till Dawn"などのフェス定番曲で会場の温度を上げたところで、「VIVA LA ROCKに捧げよう、愛のダンスを」→"Alternative Dancer→“Discography"というテナー流ダンサブルライン。

ホリエ「ここには屋根があるけど、ちょっとだけ空が見えてますね。そこに虹色の雲があると想像してください。その雲の下で大切な人と一緒にいることを想像して聴いてください。"彩雲"という曲をやります」

鳥肌。一人で聴いたけど鳥肌。ホリエさんの声に酔いしれる瞬間。

"Melodic Storm"→"シーグラス"もお馴染みの流れだが、全く飽きることなく最後までわたしたちを連れて行ってくれる。シーグラスBメロのひなっちが最高なので皆さまぜひ観てください。

みんなわかってるのに「ストレイテナーでした!」と改めて挨拶するところに彼らの驕りのなさを感じる。最後は全員で肩を組んでお辞儀。これだけのキャリアと技術を持ち合わせながらもこんな謙虚なバンド、素敵すぎる。

 

 


サカナクション

f:id:xxkanakoxx:20170507083204j:image

セットリスト

1. 新宝島
2. アルクアラウンド
3. 三日月サンセット
4. SORATO
5. ミュージック
6. 夜の踊り子
7. アイデンティティ
8. 多分、風。
9. 目が明く藍色

 

テナーおじさんたちに酔いしれすぎてふわふわしてたら既に1曲目がスタートしており、スタンディング前方ブロックが入場規制に。やられたと思いつつも最後列で観た。

実はかなり聴いていた時期があってワンマンも度々足を運んだことがある。フェスでは最近だと特にユニゾンと時間帯がかぶっていてなかなか観れていなかったので嬉しい。

"三日月サンセット"がセトリに入っていたのが嬉しすぎて動けなかった。まさか今日聴けるなんて思わないじゃない。

 

一郎「皆さんVIVA LA ROCK楽しんでますか?これからしばらくの間、自分のステップで自由に踊ってください!」

一郎さんがキレッキレの動きを魅せるとフロアは一瞬でダンスホールへと変化。

各ソロの後暗転。再びステージが明るくなると5人のシルエットが。"SORATO"のコーラスはホーリーすぎて衝撃。

サカナクションが生み出した曲の中で1番好きなのが"ミュージック"なのだが、相変わらずリズミカルで痺れた。

彼らの凄いところは演奏だけじゃない。音楽を鳴らす空間をあっという間にサカナクションの色で染めてしまう。フロアもステージも意のままに操る。想像の1km先を、誰も読めないブレーキとアクセルの使い分けで進んで行く。

今年でデビュー10周年を迎える5人。アクト終了後には鹿野氏がケーキを持ってステージに登場。これからも斬新でスマートな音楽を期待しています。

 

 


UNISON SQUARE GARDEN

f:id:xxkanakoxx:20170507083306j:image

セットリスト

1. エアリアルエイリアン
2. シャンデリア・ワルツ
3. カラクリカルカレ
4. 桜のあと(all quartets lead to the?)
5. mix juiceのいうとおり
6. チャイルドフッド・スーパーノヴァ
7. instant EGOIST
8. セッション〜天国と地獄
9. オトノバ中間試験
10. オリオンをなぞる
11. ガリレオのショーケース
12. シュガーソングとビターステップ

 

今日出ているアーティストは自分の中でかなり好きな人たちが多いけれどやはりUNISON SQUARE GARDENは特別なので贔屓していろいろ書きますね。

Star Stage。しかも大トリ。何たる花道。

唯一丸々1時間割り当てられるため曲数が多いというのが1番嬉しい。

 

転換が大体終わり19時を少し過ぎたところで貴雄がステージへ登場。サウンドチェックを始める。青いデニム生地っぽいロングカーディガン着てたっけな。

19:15をまわったところで斎藤・田淵が登場。徐々にセッションへ。

斎藤「one, two, three, four, five, seven, eight, nine, tenイェッエーウォーイェー⤴︎ イェー⤴︎イェー⤴︎ フゥーーーー⤴︎ 」

田淵「ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙」

マイクチェックも無事終了し、3人は一旦袖にはける。

 

19:30、暗転、スクリーンにUNISON SQUARE GARDENの文字が浮かぶと会場からは大歓声。

一転して青色の光がステージを照らし、絵の具が鳴る。鈴木→田淵→斎藤の順に登場。田淵はサメTシャツ、宏介さんは肩から腕にかけて黒いやつ。ギターボーカルは凛々しい表情のままステージ中央で立ち止まり、右手をあげて一礼。

 

絵の具がぷつりと切れる。不具合かと思いきや、会場に流れたのは"エアリアルエイリアン"。昨年末まで行われていたツアー「Dr.Izzy」でお蔵入りしたと思っていたが...ビバラでのカムバックににやける。この曲をトップバッターにしたということは即ち彼らは今日のオーディエンスにも運営側にも媚びる気が全く無い。いつも媚びてはいないけれど、「自分たちのやってる音楽はこれです」というメッセージかと思うくらいの堂々たる選曲。

 

斎藤「UNISON SQUARE GARDENです!」(ドコドコドコドコ)

この始まり方の"シャンデリア・ワルツ"最高。そこから"カラクリカルクレ"、桜のあと(all quartets lead to the?)とまあ忙しいこと。田淵先生ほんと"桜のあと〜"好きね。いい曲ですよね。

次は"mix juiceのいうとおり"。ピアノのイントロで湧く瞬間が好き。最近田淵のAメロくねくねがなかなかセクシー。シュビドゥバの2つのフリはいつも通りでした。

 

"チャイルドフッド・スーパーノヴァ"では宏介さんが華麗な笛さばきを披露し(斎藤ギャルに言わせるともたついていたらしいが)、続く"instant EGOIST"では間奏で宏介さんが悦に入る中で田淵が華麗なステップを魅せる。ひたすらくねくねする田淵を見て満面の笑みを浮かべる貴雄。ああ、青春が止まらない...こらこら、あなたたちバッチバチに仲悪い風にしなきゃ。

 

鈴木→田淵→貴雄の順にソロパートを含んだセッション。改めて3人とも本当にスーパーミュージシャンだなあと思う。そしてこのBPM、この調、もしかして"天国と地獄"...?

デーデーデーデーデーデーデーデー

デーデーデーデーデーデーデーデー

デーデーデーデーデーデーデーデー

デーデーデ デーデーデ デ「天国と地獄」

3回繰り返すのもなんとなく想像出来た。理由は毛頭ない。OK people one more time?のときの貴雄、立ち上がってスティックをクロスさせてフロアを一突き。あの表情ほんとゾクゾクする。

柴さんも書かれていたけどシングルカットされていなくてこの知名度すごいよね。リクステじゃないけどYouTube説ある。

ここから"オトノバ中間試験"への流れがすごく良かった。この曲は大衆にバズるなあとよく感じていたのでこういう使い方は素敵だと思う。

あれだけ多くのオーディエンスが踊る空間に向けて《いくらなんでも都合良過ぎるからあんたなんかと踊れない》って楽しそうに言い放つスリーピースロックバンド、好きすぎる。あと制限タイムありがとうございます。

《斎藤に任せといて》みんな宏介さんばっかり見てるでしょ。田淵が指差しながら誇らしそうな顔してるの知らないでしょ。可愛いんですよ。

 

続いて"オリオンをなぞる"。何度聴いても名曲。貴雄が本当に楽しそうに叩くのでフロアにも笑みが広がる。

そしてなんと久々の"ガリレオのショーケース"。昨年のビバラでもやってくれたけど、バンドとしてはラブシャ以来。田淵の縦横無尽さよ。宏介さん側に走って行ったと思いきや狭いドラム裏を通って帰ってきた。貴雄、意に介さず叩き続ける。

 また田淵がステージに寝そべる。ただでさえにやけたのにタイミング良くこんな歌詞が響き渡る。

《くつろいでたら置いてっちゃうよ》

直後にひょいと起き上がる田淵。偶然とはわかっていても感心してしまう。

 

斎藤「皆さん朝からほんとお疲れ様です。次で最後の曲なんですけど、アンコールもやらないんですけど...

今日色んなバンドを見たと思います。新しく好きになったバンドだとか、やっぱり自分の贔屓のバンドが最高だぜ!って人とか。ここで僕からみなさんにお願いがあります。どうか明日、そのバンドの音源を聴いてください。そして必ずワンマンに行ってください。ワンマンに行くとそのバンドが更に好きになると思います。どうか、これからも、ロックバンドをよろしくお願いします。」

唯一のMCがこれ。

先日のandropとの対バンでもワンマンへ行ってという話をしていた。彼ら自身がワンマンを愛し、自信や楽しさを見出している証拠だと思う。

フェスのトリに相応しい、素晴らしい発言に震えた。自分たちの信念を曲げない彼らがロックバンドを代表し挨拶したという事実。アツい。

 

 

そして最後の曲。見覚えのあるセッション。

そう、「プログラムcontinued」ツアーのあれである。

斎藤「シュガー ソングとビターステーップ!!」

シュガーのこの使い方よ。ここに置くセトリおじさんよ。エモい以外の感情がない。

ラストに相応しい曲で、フロアの熱気も最高潮。素晴らしいアクトだった。

 

これからも彼らなりの音楽で、信念で、世界中を驚かせ続けてほしい。

 

 

 

1日まわって再認識した。

ロックバンドは、楽しい。

 

 

fun time HOLIDAY6 新潟公演

※この記事はUNISON SQUARE GARDENの自主企画「fun time HOLIDAY6」のツアーネタバレを含みますが、前半はネタバレを踏まないよう留意して書きました。andropの部分だけでもぜひ読んでやって下さいませ。いつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

5/3(水)。昨年Dr.Izzyツアーで9月に訪れて以来の新潟県である。

GWはフェスが詰まっているのであまりうだうだ書いてもいられない。早速公演を振り返る。今回はそこまで細かくMC書きませんご容赦下さいませ。

 

 

会場はお馴染み新潟LOTS。キャパはおよそ700名。やや縦長の箱。

f:id:xxkanakoxx:20170506120827j:image

f:id:xxkanakoxx:20170506120839j:image

f:id:xxkanakoxx:20170506120847j:image

 

 

17:30、定刻で暗転。どの会場でも遠征になりうるので時間通りに始めてくださることのありがたみを感じる。スタッフさんの努力の賜物ですね。本当に感謝です。

 

 

 

まずはandrop

実はワンマンに2回しか行ったことがなく、最近ではLIVE HOLICでのアクトを見た。

 

 

1.Voice

オープニングに相応しいナンバー。押しに押されて5列目あたりで見ていたが、ユニゾンファンの人たちにも知名度のある楽曲だなあと強く感じた。

何回聴いてもAメロで鳥肌が立つ。特に前田さんがえげつない。爽快な楽曲であるもののすごくテクニカルで、ついつい聴き入ってしまう。

 

 

2.Boohoo

聴き覚えのあるベースラインでフロアの熱気も上がる。暗さを纏った赤の照明がさらに会場を煽る。聴きたかったので嬉しい。

激情的なサウンドの中で際立つ内澤さんの凛とした歌声に惹かれる。わたしのandropイメージは「静と動の間」なので、まさにそれの象徴たる楽曲。伊藤さんがめっちゃ前田さんのこと見てる。

サビになると結構張り上げるけど荒ぶるだけじゃない。そこにもちゃんと芯があってくっきりとしている。

 


3.MirrorDance

あたたまったフロアにクラップ音とギターの音が。だんだんとダンサブルなイントロになっていくのにAメロはスロウ、でもドラムは手数多いというなんともトリッキー。この曲めっちゃドラム見てたんだけど、伊藤さんと貴雄、ドラムのフレーズ?の組み方少し似てる。こんなこと言ったら貴雄拗ねそうだけど。

拓ちゃん横向いてにこにこしながら弾いててかわいい。

ラストサビ中だったかな、雪崩が発生。結構多くの人が倒れてしまってなかなか起き上がれない人が多く、とりあえず何人かを起こす。うっちーが心配そうな顔でフロアを見渡すも安定の歌声。

 

 

内澤「大丈夫?全員いる?みんなで一歩下がろっか。せーの!...はい」

めっちゃBUMP OF CHICKENを感じてひとりでにやけた。

 

内澤「周りに困ってる人いたら助けてあげてね。君たちに何かあったらユニゾン先生に怒られちゃうからさ笑」

 

 

4.Ryusei

5/10に発売されるシングル「Prism」の2曲目。

聴くのが2回目なので正確にはわからないんだけど、

これが夢なら夢でもいいからさ

もう何もかも全て忘れなよ

もう祈るように 祈るように

君は泣いて泣いて 泣いていたんだ

みたいな歌詞がすごく好き。違ったら本当にごめんなさい。

 

 

5.BGM

こちらも新曲。ニューシングルの3曲目。

LIVE HOLICのときうっちーが入りミスって仕切り直したのは可愛くて笑ったけど、今日は完全に世界観を創りあげてた。

シングルのクオリティ、めちゃめちゃえげつないのでは。

 

 

6.新曲

曲名がわからなかったのだけど、どうやら昨年夏頃からやってる新曲らしい...?まだ音源化してないのかな?

レゲエ調というか、ゆったりその音の波に身を委ねたくなる楽曲。でも正直今歌えって言われたら思い出せない。結構好きだったのでまた聴きたい。

 

うっちー×拓ちゃんMC、概要としては

・ユニゾンandropの秘密を探ってる

・どうやらラジオ(USG RADIO)の企画らしい

・斎藤くんにピコ太郎できるみたいなこと言われたけどやらないよ

・斎藤くんこそ片手に黒ラベル持ってフリースタイルラップやるよね、という逆フリ

・拓ちゃんよく喋るな

 


7.Prism

ニューシングル大本命。

イントロのリフ、暗いわけじゃないのにすごく心にくる。痛みや悲しさを乗り越えるんじゃなくて、それらを纏って新たな一歩を踏み出すんだという決意のようなものがすごく感じられた。

うっちーのコメントからも「andropの次なる道しるべ」のような思いが伝わってくる。前述だがこの3曲でシングルとは恐ろしい。

 


8.Sunny day

新曲が続いたところで定番曲でぶちあげる。

キラキラした曲たちとは対極にいるエッジの効いたナンバーもちゃんとした形で生み出してくるのが本当にすごい。

サビになるまでうっちーめっちゃ早口だけど表情にも歌声にも焦りがなくて、逆にその淡々とした感じがすごい。すごく荒れ狂う波、サーファーにちょうど良いくらいの波、平穏な波、心地よい波、波のない状態...いろんなうねりを使い分けていて聴いている方が踊らされる。

 


9.One

これ狙ってやったとしたらandrop好きすぎる。

もしかしたらこの世界は
小さな箱庭になっていて
神様とかいう誰かが
空から覗いたりなんかして

箱庭ー!

レア曲ではないしやってもおかしくないけど、これ意図的だとしたらすごく嬉しいなあ。一生言及されないだろうから都合の良いように思っておく。

それ抜きにしてもめちゃめちゃ好きなんです。キラキラ感の疾走感のバランスが絶妙。andropのコール?一緒に歌うところ?は嫌味がなくて好きだなあ。

 

 

10.Yeah! Yeah! Yeah!

ご存知三ツ矢サイダー

andropって本当にAメロおばけ。ゴリゴリ過ぎて鳥肌。こういうバンド好きなんだよなあ。

ラストに相応しい盛り上がりや知名度もありながら、ギリギリまで魅せる4人。最高。

 

 

 

andropのアクトをみて早くも「あー今日新潟まで来て良かった」と強く思った。本当にかっこいいし本当に上手い。またワンマンあるよと言っていたけれど、近いうちに観たいと素直に思った。

 

 

 

※ここからツアーネタバレあります

 

 

 

 

 

約20分の転換を経てUNISON SQUARE GARDENの登場。いつも通り絵の具、いつも通りの順番。宏介さんが中央であいさつ。ゲストの時は両手を開き、ホストの時は右手を堂々と上げるというのは今のところそうだから恐らくそうなのだと思う。

 

 

1.to the CIDER ROAD

1曲目からセトリ変えてきたー!

前回の札幌公演(http://xxkanakoxx.hatenablog.com/entry/fth6sapporo_pillows)では"メッセンジャーフロム全世界"を披露。どこかいじってくるだろうと思っていたら1曲目からとは...。

イントロからぐっと来すぎて正直あまり覚えていない。アルバム「CIDER ROAD」が大好きな数多ある理由のうちの一つがこの曲。

 

 

2.Silent Libre Mirage

ご存知最新曲。潤いに満ちてる。

やっぱりライブ向きだなあと再認識。新曲をライブで聴けるありがたさよ。

《漂って癪に障るけど》の直後のギター、ライブバージョンがとても好き。まだ聴いてない方はお楽しみに。

 


3.桜のあと (all quartets lead to the?)

なるほどー!"Silent〜"と順番が入れ替わりました。

1-3曲目のテンポの良さがすごい。"桜のあと〜"のラスト曲感。田淵は本当にこの曲に愛着や自信を持っているし、だからこそちゃんとセトリに入ってくる。本当に名曲。この系統でこの曲を超えられるナンバーに期待したい。

 

4.プロトラクト・カウントダウン

サビの田淵の顔が怖くて好き。その感覚は理解できないとよく言われる。貴雄が雄叫び上げてたのってこの曲だったっけな。間奏のところ。

ポップラインから一転して鋭い楽曲を差し込んでくるのとても好きです。

 


5.instant EGOIST

札幌でも思ったけど最初の入り方変わったよね。前はカウントしてたと思ったけど今はダカダカダカダカダン!になった。どっちも好き。

間奏の田淵ステップが好きなのはもう何十回も言ってるけど、その時のギターで悦に入る宏介さんの表情もいい。

 


6.オリオンをなぞる

あっ"23:25"はずしてきたー!固定だと思っていたので少し驚き。

《軽くテンションMAX》で本当にぶち上がってしまって右手を超勢いよく挙げたら田淵さんとがっつり目が合ってしまいにやっと右手で指さされました。さらにぶち上がった。やっぱり好きだわオリオン。

 


7.光のどけき春の日に

今日の演奏は100点。いや120点。

本当にコーラス綺麗すぎる。思わず目を閉じて耳を傾けてしまった。調和度合いににやけが止まらない。

宏介さんに対して後光のような広がり方の光が当たるところも雰囲気出てて良し。

 


8.ため息 shooting the MOON

ここも札幌と変わったー!かっこよさをより見せつけてくるセトリ。

3人のソロのところ、貴雄の表情が本当に色気だだ漏れすぎてだいぶときめいた。ひたすらにかっこいい。

 


9.フルカラープログラム

ドンタンストントで涙腺がやられる。本当にいい曲ですよね...

完全無欠のロックンロールをこれでもかというくらい見せつけてくるから感情が追いつかない。

 


10.徹頭徹尾夜な夜なドライブ

田淵さんもうちょっとマイクで遊んでくれぇ〜⤴︎ 

いつものように何かを探すようなフリはするけど、正面なんですよね。そろそろまたリンボーとかやろうぜ。あのクレイジーさかなり好きなのですが!

 


11.場違いハミングバード

《負け惜しみならさあこちらのアドレスまで》のところ、いつもはこちらって下を指す田淵が今日は前に指さしてた。

イントロだけでぶち上がる。終わりが近づいてるのもわかるけど。

 


12.mix juiceのいうとおり

イントロ、貴雄の「ツッツッツッ」のところで

斎藤「次が最後の曲です!」

 

この曲ラストなのほんといい。まだリリースされて1年も経っていないのに堂々たる風格。

2番Bメロで事件発生。田淵のベースが鳴らなくなった。べんべんするも全く音が出ず、お手上げポーズ。すぐにベースを置いたと思ったらスタンドマイクを両手で握りしめ、大熱唱。手を横にへらへらしながらも、大熱唱。宏介さんは一瞬にやっと田淵を見るもすぐ真顔に。いつもは宏介さんだけのパートの部分もかぶせて歌ってて笑った。サビ中にはちゃんとベース再開。

曲の終わりにベースの脇腹(?)にちゅうっとキスしたのが良かった。なんだかんだ言いながらもちゃんとベース愛ある。

 

 

 

本編は1.6.8曲目がチェンジ、2曲目と3曲目は順序入れ替えというセトリでした。

 

en.

13.シュプレヒコール~世界が終わる前に~

×ピロウズのときはあのオマージュ曲だったから今回はなにやるかなあという今世紀最大の関心事。新曲も期待したけどこの曲なら許す。

最後のところでフロアも照明が当たっててグッときた。宏介さんめっちゃ声に力入っててかっこよかったなあ。

 

 

14.アトラクションがはじまる(they call it “NO.6”)

ハローNO.6。何回考えても6枚目のアルバムを出した翌年に6回目の自主企画ってすごいよね。狙ったか偶然かは知らない。

ジャッジャッジャー ジャッジャッジャー ジャッジャッジャーーーー(シャンシャンシャンシャン) ツッツッツッツッジャッジャッジャジャッジャッジャ

斎藤「UNISON SQUARE GARDENで し た!」

ジャン

大好きですありがとう。

 

 

 

斎藤枠のandrop、すごく冷静で情熱的なアクトを魅せてくれました。本当に上手いなあいい曲作るなあというただそれに尽きる。

あと宏介さんのフリースタイルラップ(?)良すぎた。詳細はTwitterとか見てください。彼ほんと頭良い。最高。

 

まだ2/12公演しか終わっていないのに既にカラーが違う不思議。各アーティストへの思いも、関係性も、バンドの方向性も、全部違って12色。次の福岡公演(×9mm Parabellum Bullet)には残念ながら行けなくなってしまったのだが、楽しみに待ちたい。

 

 

お次はビバラ。エモすぎて記事が進みませんがなんとか書き上げます。

 

 

Suchmos THE KIDS "EXTRA SHOW"

4/26。田淵智也さんお誕生日おめでとうございます。あなたの作る曲に幾度も背中を蹴られてきました。32歳になっても変わらず楽しさを乗せた音をたくさん鳴らしてください。大好きな宏介さんにプレゼント貰えるといいですね。

 

 

さてそんな日にわたしは新木場へやってきた。

ご存知、あまり得意ではないSTUDIO COASTである。

 f:id:xxkanakoxx:20170426184806j:image

Suchmosのツアー「THE KIDS」の追加公演1日目。

今年1月に発売された同タイトルのアルバム(http://xxkanakoxx.hatenablog.com/entry/2017/01/23/235656)は累計10万枚の売上を記録し、ツアー各公演も続々sold out。本編ではわたしもチケットが取れず、今回も譲っていただいた。本当にありがとうございます。

 

 

会場に着く。いつもの新木場じゃない。

私服が多い。わたしも今日はバンTを着ていない。荷物みんな持ったまま入ってる。ドリンクも取って入る。人と人の距離がある。なんだこれ最高か。

もちろんグッズのタオルかけてる人も結構いるけど、スーツもニットもジャージもTシャツもいる。homie。

heinekenを開けながら開演を待つ。

 

 

19:35、徐々に暗転。歓声。SEが鳴る。

5人がわらわらと位置につき、最後にYONCEが登場。かっこえー。

 

 

セットリスト

1.A.G.I.T
2.YMM
3.Alright
4.PINK VIBES
5.BODY
6.INTERLUDE S.G.S.4
7.MINT
8.Tobacco
9.Wiper
10.GAGA
11.SNOOZE
12.DUMBO
13.STAY TUNE

en.

14.Miree

15.SEAWEED
16.Pacific

 (間違ってたらすみません)

 

 

*客層の話

年齢層が広い。でも10代はあまり見かけなかった(と思う。大人っぽい子もいるからわからないね)。20代半ば〜後半の男女がそこそこいた。あと40〜50代であろうおじさま方。会社で役職持っているような雰囲気でスーツ着てる。昔ブイブイいわせていたであろうちょっとおしゃんなイケてる方々。男女比もほぼ1:1だったし、本当に様々な人がいらしていた。

Suchmosを「懐かしい」と思う人々と「新しい」と感じる人々が交錯しているフロア。

 

 

*ライブの流れの話

めちゃくちゃリズムが良い。曲間のYONCEのMCが全くいやらしくないし、ライブのテンポを潰していない。後ろではBGMのように音を鳴らす。総合的に見て本当に退屈する暇がないなと思った。

どんなに曲が好きでもライブに足が向かないアーティストというものは多くいる。それを判断する要素の一つが「ライブの流れ方」である。曲を聴きにお金を払っているのにそれ以外のことがライブ中に多すぎるともう二度と行かない。しかしSuchmosにはそんな思いを抱かなかった。純粋に音だけを楽しむ空間がそこにあった。今日のライブ、チケット代もっと高くても行ってたなあ。

 

 

*自由の話

YONCEはこういうことをよく話す。

「どのフェスのどのアクトも俺には代わり映えしないものに見えたんです。ステージに立つ演者はみんな『踊れー!』『手を挙げろー!』って同じようなことを言ってフロアを煽り、お客さんもその指示に従うようにみんなで同じ手の動きをして盛り上がってる。そういう光景を何度も目にして、俺はヤバいと思った。もちろんそういうことが好きな人がいるのもいいと思うし、否定するつもりはまったくないけど、俺はそれぞれが勝手に楽しめばそれでいいと思う。人はそれぞれ違うし、世界もそれぞれ違う。その多様性が俺は好きだから」(SWITCH 2月号)

 

一見ビッグマウスにも捉えられるかもしれないがそうではない。最高度の自由をオーディエンスに託している。実際メンバーは演奏中「俺らはこんな風に自由に楽しめているんだぜ」と言わんばかりに自分たちの鳴らす音楽に酔いしれている。「君たちはどう?」と。

普段心から音楽に身を任せて波に乗れる空間は多くはない。ライブにはいろいろな楽しみ方があるけれど、ダイブとかサークルって感情が爆発しているようで実は理性的だなあって思う。だって瞬時にせよ感情表出手段として既存のそれらを選んでいるのだから。

自由って難しいよね。この議論は一体感至上主義の話にも繋がるんじゃないかしら。

 

 

河西洋介の話

話逸れるけどSuchmosは全員サチモネーム的なものがありながらも本名を明かしているところがいいよね。それだけです。

さてご存知YONCEである。彼は本当に凄いボーカリストだなと改めて思った。

まず歌が本当に上手い。滑らかに歌っているようで声の緩急の付け方がすごくテクニカル。素人耳でもわかる。そこに彼なりのバイブスを乗せて音として作り上げてくるから恐れ入る。バイブスの正しい意味は知らない。

そしてフロントマンとしてのプライドをしっかり持っている。それでいて独りよがりじゃない。1/6であることをしっかり理解している。

なるべくステージの端から端まで行って歌おうとする意識が素敵だ。彼のようなボーカリストだから為せる技ではあるけれど。

全身で自分たちの音楽を魅せつけてくる。受けた感想としては米津玄師を観たときのイメージに近い。自然に溢れる動きを惜しみなく放つ。色気がすごいよね。

本当にすごいボーカルだなあと改めて思う。

 

 

バンド編成の話

普通のバンドスタイルに加えてキーボードとDJがいるから強いという話は以前にもしたが、その6ピースがちゃんと役割をわかっているなあとライブを通して思った。Suchmosの音楽を形成するにはどの要素も欠かせない。

 

 

*YONCE語録

「踊ってる方が可愛いよ」

→めっちゃ甘い声。噂に聞いてはいたけど固まった

「みんな踊り疲れた?踊り疲れた時が踊り時」

→ちょっと意味がわからない

「もっと大きい所でもやりたい。君たちという波に乗りたい」

→わたしもスタジアムを揺らすSuchmosが見たいよ

「明日は平日、スヌーズ機能使って起きよう」

→いきなり現実。がんばる

「これから今日みたいな楽しい時間じゃなくて、本当に辛い夜があるかも知れない。だけど音楽があれば、音楽さえあれば、きっと大丈夫。俺たちもそうだったから」

→これは泣いた

「仙台の方が上手かったなあ。焚き付けといて悪いけど、もうやらないからね」

→こらこら。次はがんばります。

 

 

簡単に以上です。レポよりも感想になってしまいました。

色々思うところがあるライブだったなあ。とても楽しかった。次はビバラでのアクト楽しみにしています。

UNISON SQUARE GARDEN presents Shoegazer speaker in swanky street "reprise"

※この記事はUNISON SQUARE GARDENの自主企画「fun time HOLIDAY6」のネタバレを含みますが、文章の前半はツアーのネタバレを踏まないようにしました。the pillowsのアクトが気になる方、公演自体の詳細(ユニゾンのアクトは除く)を知りたい方、よければ読んでやってくださいませ。少ない記憶と狭い知識、拙い文章で構成されております。

 〜

 〜

 〜

 〜

札幌。わたしにとって第二の故郷である。

生まれてから12年間をイギリスで過ごし(何度も日本に来てはいたが)、ちゃんと日本に住み始めたのが北海道・札幌市。

高1で東京に帰ってきたのだが、トータルでは10年間自分と関わりがあった土地だ。

昨年11月、UNISON SQUARE GARDENのワンマンツアー「Dr.Izzy」で5年ぶりに帰った。中学の友人にサプライズもしてもらい。非常に有意義な帰省になった。

 

 

それから半年。4/21(水)。

UNISON SQUARE GARDENがまたZepp Sapporoでライブを行う。どうやらツーマンライブらしい。しかも初日とな...?

発表されてまだチケットも申し込めるかどうかくらいのタイミングで飛行機とホテルを取った。LCCで"往復"7000円〜で行けるのよ。下手したら夜行より安いよ。

 

 

札幌公演のちょうど2ヶ月前、すべての対バン相手が発表された。札幌のお相手は

 

the pillows

 

言わずもがな3人の(特に田淵の)大好きな先輩だ。

今年の1月、the pillowsの自主企画Shoegazer Speaker in Swanky Street」に呼ばれてすぐの対バン。正直しばらく観れないと思っていたのでかなり驚いた。さわおさんと真鍋さんが北海道出身っていうのも関係あるのかな。

今度はピロウズが先攻。

先に申し上げておくと時間配分は大体以下の通り。

19:00 開演(ピロウズアクトスタート)

19:55 ピロウズ終了

転換

20:12 ユニゾンアクトスタート

21:15 ユニゾン終了

21:30 アンコール含め終演

 

 

会場はこちら。お馴染みZepp Sapporo

f:id:xxkanakoxx:20170421140520j:image

f:id:xxkanakoxx:20170421140522j:image

今ツアーの中ではかなり大きいキャパシティの箱。2009名でしたっけ(違ったらすみません)。

 

 

余談だが、LIVE HOLIC Vol.10に際して組まれた特番で宏介さんがスープカレーのロケに行っていたのを観た方も多いと思う。今回その1軒目のお店「Suage +」さんに行ってきた。

 

f:id:xxkanakoxx:20170422010543j:image

f:id:xxkanakoxx:20170422010548j:image

f:id:xxkanakoxx:20170422010552j:image

斎藤宏介をなぞるスープカレー

お店の方にサインの場所も教えていただき、撮影許可をいただいた。ありがとうございました。

 

 

 

話が逸れた。

 

まずはthe pillowsのアクトである。

 

19:00、ほぼ定刻で暗転、4人が登場。

さわおさんがフロアを見渡す。この人もちゃんとお客さん個々の顔を見る方だよなあ。

 

 

以下セットリストと共に追っていくが、前回の対バンShoegazer Speaker in Swanky Street」と半分以上同じ曲構成だったなという印象。札幌での再演ということかな。

 

 

1.‪プロポーズ‬

生で聴いたのは初めてだったのだがまさか今日やってくれるとは思っていなかったのでこの曲スタートはとても嬉しかった。

初めて聴いたとき歌詞の意味わからなさに笑ったけど今では好きな曲です。さわおさん右肘から下めっちゃ回すなあ。

 


2.‪Ritalin 202‬

この曲来た時点でもしやこれはZepp DCの再演なのでは...?となんとなく思った。

田淵のリクエストが本当にただのファンで微笑ましい。Ritalinなんて1年半くらいやってなかったんじゃないかな。ユニゾン武道館の1週間前ちょうど大阪にいて、BIG CATでやったアバウトアロックンロールバンドに行ったんですがそのときに聴いた記憶がある(やってなかったらすみません)。

 

 

3.‪ノンフィクション‬

あっもうこの流れは笑

演奏を止めて水を飲み、再びマイク前に戻ってくる。

 

曲途中のMC

さわおさん「Yeahー!...後輩バンドを愛しー!そしてユニゾン田淵にめちゃくちゃ愛されたバンドー!こんばんは、サンシャインthe pillowsです!」

いきなり大きい声出すからびっくりした

後輩の企画でネタやってくれる懐の深い先輩

この後も「ボゴォッ」とかやってくれて本当に優しい

 

さわおさん「いやこれ歌う前に喉やられるね、今も演奏途中なのにね笑。...今日朝入ってくるじゃん?斎藤くんはもうね、オーラがキラッキラしてましたよ!(両手をヒラヒラ)貴雄はねえ、普通。

前回1月に俺らの対バンツアーのファイナルに来てもらって、で今回はユニゾンのツアーの初日、ということで...あのー、ユニゾンがいいなって思うのはさ、田淵と2人で飲みに行って、結構酔ってくるじゃん?そしたら『俺ほんと斎藤くんのこと大好きなんですよ〜』って言ってくんの笑。いやいや、貴雄は?っていう笑。『斎藤くんね〜もうほんと大好きなんですよお』って。知らねえよ笑」

斎藤くん大好きな田淵。知ってた。それをさわおさんに言っちゃう田淵の可愛さな。

 

さわおさん「田淵に今日何やってほしい?って事前に聞いたのね。今日時間的にやれて12.3曲なんだけど、あいつ20曲ぐらい送ってきやがって笑。」

安定の過剰リクエストネタありがとうございます。この「20曲くらい送ってきた」のは前回と同じリストを指してるのかしら。真相は不明。

 

さわおさん「今やったプロポーズからこの演奏中の曲まで、全部田淵リクエストです!そしてこの話は全て"ノンフィクション"です」

 田淵がピロウズさわおさん大好きなのはもちろんだけどさわおさんも田淵のこと大好きだなあ。そしてユニゾンのことも。さわおさんの言葉の端々に愛が溢れていて微笑ましいな。

 


4.‪HAPPY BIVOUAC‬

もう言いませんけどなぞってます。

この曲の真鍋さんのギターすごく好きなんだけど、同時にサビのコーラスがものすごく自然にさわおさんの声にフィットしていてすごい。

 28年もやっていれば余裕で音も声もまとまってくるものなんですかね。

《誰の真似もしたくない》のところのさわおさん本当に本当にかっこよかった。歌声も表情も。

 


5.‪WALKIN’ON THE SPIRAL‬

Ritalin同様これもBIG CAT以来1月に久々やってくれたんだと思う。田淵のおかげで。

ここら辺から拍手や手を挙げる人が増えていく。どう聴くかなんて自由なんだけどね。やっぱり普通に見たらマイナーといえばマイナーなセトリだし、そもそもユニゾンファン多かったし。the pillows古参ファンの「最近ワンマンだとゆるい!」と仰る方々も、今日のアクト観たら唸るんじゃないかしら。

 


6.‪Funny Bunny

シンちゃんの右手の動きがなんか可愛くて見つめてしまった。

いつ聴いてもこの曲好き。もう当たり前のように有名だけど、サビの歌詞は本当に好き。時折見せる真鍋さんのゆらゆらがいい。

 

 

7.‪日々のうた‬

さわおさん「次もまた田淵のリクエストです笑。今から...16.7年前かな?俺らがちょうどユニゾンの3人の歳ぐらいの時に作った曲で、the pillowsとしてもユニゾンとちょうど同じくらいのときで。そう、今年でバンド結成して28年になります!俺も48歳!ユニゾンピロウズと同じように歩んでいくとしたら...お前らいいな!あと10年20年は楽しく生きていけるぞ!

バンドとして10周年も過ぎて考えることもたくさんあって。この曲はいつも来てくれるお客さんへの感謝の気持ちというか...ライブやってるといつも来てくれてるやつは覚えちゃうんだよね。あいつまた来てるなとか、あの子髪染めたなあ!とか笑。

未だにファンとの関わり方の正解はわからないけど...なんつーかなあ、決して直接は話さないんだけど、そこにはシンパシーみたいなものがあるわけよ。言葉が適切かどうかわからないけど。フロアと、ステージと...変な仲間意識みたいなのあるじゃん?同志みたいな。そういう想いを歌にした曲です。」

 

いつ聴いてもじんとくる曲。田淵がこれをリクエストした、っていうのがアツい。アクトを思い出しただけで目頭が熱くなる。

 


8.‪TRIP DANCER

語彙力がなくて申し訳ないのだが本当にかっこいい。山中さわおはアウェイに強いのかな。1月のライブよりも殺気を感じる。野生的で、威厳があって、鋭くて、力強い。

その後ろでシンちゃんが安定感を保ったまま叩き続けているのが良かった。

 

 

9.‪パーフェクト・アイディア

さわおさん「そろそろ田淵リクエストじゃない曲を笑。ピロウズ、3月にアルバムを出しまして。そこから1曲!"パーフェクト・アイディア"」

 

今回1番生で聴きたくて少しだけ期待していたので嬉しい。ニューアルバム「NOOK IN THE BRAIN」から唯一の参入。さわおさんがギターを置いてハンドマイク。わたしこの曲ギター2本だと思ってたから、改めて真鍋さんの凄さを知った。

肩を入れて横に乗ったり、両手を上に挙げて腰をくねらせたり。とにかくさわおさんがエロい。やっぱり次からもピロウズは後ろで観よう。あんな近くで観たら倒れるわ

 


10.‪About A Rock ‘n’ Roll Band‬

さわおさんへのときめきが止まらないままロックンロールバンド。

「僕らにも一応代表曲があって、ユニゾンファンの皆さんもベストアルバムとか借りたかもしれないけど、そういうのは田淵くんのリクエストに入ってないのでやりません!」
みたいなことを言ってたけどこれやらファニバニやらやってくれる優しいおじさん達。

 


11.‪この世の果てまで‬

"この世の果てまで"でめちゃ空気変わったなあ。痺れました。すーーーごくよかった。言葉にすると陳腐なものしか出てこなくて彼らのアクトに申し訳ないが、本当に心臓を鷲掴みにされた。28年バンド続けてる人たちの真髄を観た。

 


12.‪ハイブリッド レインボウ

彼らの代表曲と言って良いでしょう。有名どころをここでも。

しかし今日はすごく力強い"ハイブリッド レインボウ"だったなあ。ラスト曲だったからというのもあるけど"この世の果てまで"からの、というのがすごくぐっときた。いろんな感情を突きつけながらも最後は颯爽と去っていく4人、最高。

 

 

どの曲の間か忘れたので割愛しましたが有江さん・シンちゃん・真鍋さんもそれぞれ一言ずつ、ユニゾンに対して愛のあるMCをしてくれた。本当にかっこいいロックバンド。

 

 

 

 

約15分の転換を経て、UNISON SQUARE GARDENのアクトへ。

 

※これ以降UNISON SQUARE GARDENのツアーネタバレを含みます。これから行かれる方はここまでで!本当にありがとうございます。もう行った方、ネタバレウェルカムな方はもう少しだけお付き合いください。

暗転、絵の具。鈴木→田淵→斎藤の順で登場。

宏介さんのいつものお辞儀は手を広げて一礼だけど、今日は右手を高く上げて軽く一礼してた。呼ばれているときと呼んでいるときで違うのかな、と思ったり。

誰もグッズTシャツ着てない!

 

 

1.‪メッセンジャーフロム全世界

久々ー!

宏介さんの歌声に表情を感じてすごく良いスタートでした。

大さじっと小さっじの間の♪ってめっちゃ楽しそうに歌うやん。フロアのこちら側まで楽しくなる。

 


2.‪桜のあと(all quartets lead to the?)‬

田淵先生本当にこれ好きね。わたしもみんなも好きよ。本当に絶妙なる爽快感。ただこのポジションを担う後釜曲がもう田淵の手元にあるから今日のセトリに入れてきたのかな、次のツアーにはその曲がポジション取るのかな、とか深読みしちゃう。単にお名詞かしら。

いきなりぶち上げられたのでもう終盤かと錯覚するほどの高揚感。Dr.Izzy引きずりすぎかな。

 


3.‪Silent Libre Mirage‬

来ましたよやっと。待ちに待ったこの曲。初披露に立ち会えるのは嬉しい。ライブデビューおめでとう。

"桜のあと〜"の直後ということも手助けし、とてもライブ映えする楽曲だなあというのが率直な感想だ。リリース当時、Bメロが好きすぎて(今も好き)サビがガツンと来ないからどうかなと思っていたけど全然気にならなかった。

《漂って癪に障るけど》の直後は音源だとチャラン♪だったので「あ、ここで田淵が何かかわいい仕草するかな」とか余計なこと考えていたのですが、本日は宏介さんがギュイーンとギターを鳴らしていました。めっちゃときめいた。ライブの勢いが加速するようなとても映えるギターでした。

 

斎藤「fun time HOLIDAY6へようこそ!

札幌がツアー初日、ということで大先輩のthe pillowsに来ていただいたんですけど」

最初はちゃんと"the"つける宏介さんすきよ というかそのぴょんとはねてる髪かわいいかよ 

位置的にはカチューシャライン(わかって)の真ん中から向かって少し右寄りの髪です。不覚にもときめいた。

 

斎藤「ピロウズとやるのが念願だったので初日にできて嬉しいです。15.6年前かな?(田淵頷く)同じ高校だからよく知ってるんですけど、我々ピロウズが好きでバンド始めたと言っても過言ではないくらい。

そんな大先輩がまさか若手芸人のネタをするなんて笑!サンシャイン池崎のネタをやって盛り上げてくれるなんて笑!いや〜器が大きい。嬉しいことですよ!これも田淵のピロウズ愛が深いからに他ならないですよ。

ちなみに田淵今日何曲リクエストしたか知ってる?
(ブルゾンちえみ風に)...35曲

ちょーキメ顔。ウケたからさらにドヤ顔。動きもつけてきた。

斎藤「先輩がやってくださったのに僕らやらないわけにはいかないから。サンシャイン池崎を超えられるのはブルゾンしかいないからね」

 

ちょっとノリノリなので田淵がベースであの曲をさらう。「弾けるの?」と宏介さんが乗ろうとしたところで田淵ベース止める

斎藤「やるならやれよ笑」

田淵さりげなくwith Bの真似。かわいい。

 

斎藤「お前俺のこと好きらしいな」

これbest phrase of the dayだわ。田淵を見ずに言ってたのがなおよき。田淵、笑いながら両手を胸の中心で重ねてバクバクする仕草。


斎藤「ピロウズの皆さんはいつも俺を褒めてくれて貴雄を最後のオチにするっていう流れなんですけど、こう見えて貴雄が1番繊細なんですよ。それを知っててフォローしてくれる真鍋さんの優しさね」

フロアから同意の歓声

貴雄、チチチチシャンシャン


斎藤「大丈夫、俺は貴雄のこと好きだよ!」

田淵、笑いながらも表情で「え、斎藤くん俺は?ねえ?俺は?」感があまりにも出過ぎてて笑った。宏介さんは目もくれず。

はねていた髪は3クシャクシャくらいしたらいつの間にか直ってました。結局気付いてたのかな。

 

 

4.‪プロトラクト・カウントダウン

 2番の出だし、宏介さんの声がいなかった気がするけど気のせいだよね、歌詞忘れたわけじゃないよね。

かっこいい曲をここで挟んだのめっちゃ良かった。

皆さん予想当たりましたね。この曲は固定な気がする(こういう事書くと外す)

 


5.‪instant EGOIST‬

あら、ご無沙汰じゃないですか。

We're kidding hahaha〜のところ全然声聞こえなかったんだけどマイクの問題ではなくて単にフロアの歓声の問題かな。

いつもの間奏の田淵ステップ。結構ベース弾き始めギリギリまでくねくねするようになったよね。

ベースライン少し変わった気がしたというかBメロのドラムがちょっとアレンジあったというか3人の音圧が上がったというかとりあえずめっちゃ分厚い音鳴らしてて新しい"instant EGOIST"を感じた。

最後のキメ×3のアレンジ。なにかと×3するの好きね。めっちゃ良かった。

 


6.23:25

ギターが鳴ると共に田淵のドヤ顔。わたしが見た中では最上級のドヤり具合。"instant EGOIST"→"23:25"の流れ、いつかやるだろうなと思ったら本当に差しおった。ただ関連があるというだけではなく、流れ方が良かったと思う。

《未だかつてない未定の空模様》のところ、宏介さんがめっちゃ楽しそうに歌ってた。

 


7.‪光のどけき春の日に‬

前後2つずつ、4つの照明が3人を照らす。

コーラスが元々好きなんだけど、 今日完成度というか調和度高くて震えた。田淵と貴雄のね。

コーラスが音源かと思うくらい綺麗でかつ宏介さんの声の張りでめっちゃ良いアクト。ちょっと高音きつそうだったけど。

最後の1音が消えるまで拍手が鳴らなかったの良かった。余韻だって楽しみたいよね。

 


8.‪デイライ協奏楽団‬

田淵ステップ可愛い。両つま先を交互に上げてお遊戯会のポーズみたいな(表現が拙くてすみません)してたのにときめいた。

アウトロがセッションになってた。やっぱりセッション好きだな〜かっこいい。

 


9.フルカラープログラム

ホール(指定席)で聴く"フルカラープログラム"が1番泣けるんだよなあ。

最後のwow wow...のところまで合唱が凄かったんだけど、それ以上に声を伸ばしてきた宏介さん。意地が見えてにやけた。

 


10.‪徹頭徹尾夜な夜なドライブ‬

バンで夜な夜な!fun time HOLIDAYで夜な夜な!この位置で夜な夜な!まじすか!!という気持ち

今日のセトリで最も意外だったところ。

田淵が全然マイクで遊んでないしコーラスに間に合っちゃったのでやり直し。

 


11.‪場違いハミングバード

安定のぶち上げ曲ではあるけどここかあ。

Aメロ田淵の目の開き具合が足りないのでやり直し...と言いたいところだけどやっぱり場違い貴雄めちゃくちゃかっこいいので許す。

 

 


12.mix juiceのいうとおり

見覚えのあるピアノの足音。締めとしてふさわしいなと思った。

貴雄のツッツッツッのところで宏介さんが「また会いましょう」みたいなこと言ったけど正確な文言は忘れた。

田淵の首こてこて1回しかやらなかったけどシュビドゥバはちゃんとやってました。

すごく贔屓目入るけどこの歌はもっといろんな人に聴いてほしい。こんなに救われる曲がそばにあってよかった。

 

 

en.

田淵、着替えたと思ったらBE INNOCENT。宏介さんがロゴT。図らずも宏介さんとお揃いに。貴雄はお着替えなかったかな、見えなかったけど中着替えてたかも。

斎藤「fun time HOLIDAYという企画は今回4年ぶりなんだけど、前回は誘ったバンド全員に『ちょっと待って』『検討します』って焦らされた挙句、悉く断られるっていう笑。でも今回はありがたいことにほとんどいいお返事をいただけて、ピロウズさんにも快諾していただいて。

ツアーの初日にピロウズとやるのが夢だったんで今日は本当に嬉しいですありがとうございます!
ピロウズの皆さんも仰ってましたけど、1月にピロウズのイベントに呼んでもらって。でさわおさんに田淵はピロウズのこと大好きで大好きであんっなに尊敬してるのにピロウズの影響全く受けてないよねって言われて。聞いてもらって分かったと思いますけど、全然似てないんですよ笑。それでピロウズの要素を10個くらいをギュッと詰め込んだ曲を作ったんです。

それを1月のライブでやったらさわおさんに「『ユニゾンピロウズに関することは何やってもいい』と言っていただきまして。シンイチロウさんには『パクリじゃん笑』って言われたんですけど笑。

うまくいけば音源化も考えてるんですが、そういえばピロウズファンの皆さんにお伺いを立てていなかったなと思って。今からやろうと思うんですけど、ピロウズファンの皆さん、もし嫌だと思ったら署名とか集めて我々の方に送っていただければと思います。ユニゾンファンの皆さんは"RUNNERS HIGH"っていうアルバムを、ぜひ!買ってください!笑

では今からやってみようと思います。"Runner’s High Reprise‬"」

 

13.‪Runner’s High Reprise‬

期待してたけど本当に2回目が聴けるなんて。reprise of repriseだわ。最高。

RUNNERS HIGHじゃなくてRunner's Highなんだよね確か。ナタリーかなにかの記事で見ました。

前回「おっ」と思ったことを少しだけ答え合わせできたので良かった。この曲好きなんですよねえ...

最後のコーラスもめっちゃピロウズなぞってるし田淵がいつもより照れくさそうに歌ってるのが印象的。音源化待ってます。

 


14.‪アトラクションがはじまる(they call it “NO.6”)‬

メジャーのアルバムも6枚目、それを反映させた"アトラクション〜"、今回のftHは6回目。

アトラクション予想、してました。

ただ田淵は本編でセトリをちゃんと完結させるタイプなので(本来はそれが普通なのだけど)本編ラスト曲かなあと思っていた。まあいずれにせよ楽しい。ただIzzyの中だけで言うと、締め曲としてはまだ他のいくつかの曲に及んでいないかなという印象。めっちゃ好きだけどね。

 

 

斎藤「またね!」

 

 

今日は転換中のサウンドチェックで鳴らしていたいろんな音で何曲か予想できてしまったが、なによりも"シュガーソングとビターステップ"からの卒業ー!わたし"シュガー〜"大好きなんですけど、「セトリに絶対組み込まれる」という意識が固まりすぎていたので、いつ外せるかなあと様子を伺っていました。思ったよりも早いタイミングで落としてきたのでびっくりしたけど、他の曲でも十二分に勝負できるとは思う。

ただやっぱり今日のセトリならいても良かったな。Aメロベースに愛されたい。多幸感に包まれたい。ああなんという我儘。

 

「fun time HOLIDAYにしては」後半に若干パンチが少ないなと思ってしまったけれど、新曲もrepriseもやってくれたし好きな曲たくさんだし何よりも楽しかったから満足。曲数も予想より1.2曲少なかったけれど、21:30ぴったりに終わってくれたのは本当に素晴らしいと思う。平日遠征組にはありがたいライブになるだろう。

 

 

Zepp Sapporoには幾度も訪れているがフロアの空気感が特殊だなあと思う。ディスではないことを先に申し上げておく。

北海道民が〜」とか「札幌の人は〜」とかそういう話ではないと思う。遠征組も結構いるもんね。

一体感至上主義だし、雪崩に巻き込まれたり人に踏まれた経験が無いのか結構簡単に人のことを押し飛ばす。さすがにそんなのは慣れたけど、あれ慣れてない人が混ざってたらちょっと危ない。現にユニゾンのとき倒れそうな女の子助けたし。野次も飛ぶ。もちろん他の箱でもあるけど。

あとMC中の自己主張が激しい人が絶対いる。手を挙げて「こっち見て!」みたいな。これはディスですね。

 

あと今日は照明で少し気になるところがあってネットでも調べてたんだけど結局わからず。Zepp Sapporoの照明にお詳しい方いらっしゃいましたらぜひ。わたしは詳しいことわかりません。

 

 

さあfun time HOLIDAY6がthe pillowsと共に素晴らしい幕開けを迎えました。

お次は新潟。対バン相手androp

Runner’s High Reprise‬のところは何になるのかな、セトリの変更はあるかな、いろんな想像で期待が高まる。

ライブ本数がえげつない5月が迫ってきた。個人的にもだいぶ切迫した月になりそうだ。自分を見失いたくないので、やるべき事はやってその度にライブで背中を蹴られに行く。

 

 

cody beatsとかノンフィクションコンパスとかスノウアンサーとか云々、今年中に聴きたいです。まだ諦めてません。

 

 

祭!祭!祭!reprise

※この記事はキュウソネコカミの自主企画「試練のTAIMAN TOUR 2017」のネタバレを含みます。これからこの対バンツアーへ行く方は読まないことをお勧めします。

 

 

ブログを始めてから予想以上に良い方の反応をいただいていて戸惑っております。本当に感謝です。ただ若干21歳のわたしが音楽を受けて勝手に文章を書きそれを勝手に発信するということは、読む方々にそれなりの余裕と忍耐力を強いていると思います。主観ベースの戯れ言で構成されているのは見てわかるはずなのに「この人こう言ってるけど本当に知ってる人はそう思わないよね〜」とか言い出す人もそのうち出てくるのかなあと急にビビったので布石を。常識を逸脱していないうちは自由に喋っていたい。逸脱していなければね。まあそんなお子ちゃまな人はそもそもリンクすらクリックしないだろうけど。いつもありがとうございます!

 

あと藤原基央さん、38歳本当におめでとうございます。たくさんのありがとうとこれからもよろしくお願いしますの気持ちを込めて。

 

 

  

記事を書く前に2015年10月31日のことを振り返る。

 

 

その日わたしは兵庫県にいた。わたしが遠出をする理由の7割はライブである。今回も然り。

兵庫県立大学姫路工学キャンパスの新体育館でROCK KIDS 802の企画「学園祭 SPECIAL LIVE 祭!祭!祭!」キュウソネコカミUNISON SQUARE GARDENが対バンをした。これ決まったとき結構ざわついたよね。「かなり方向性逆だけど大丈夫?!」って。

 

わたしは当時関西住みの美女3人と共に兵庫県立大学を訪れた。

 

f:id:xxkanakoxx:20170412081445j:image

ちなみにこの日は1400枚で切ってたと思う。

でも結局セイヤさんのおかげで無理せず2列目まで行けた。わたしが整番を気にしなくなったのはこの頃からかもしれない。後述。

 

何よりもユニゾンのセットリストが好きだった。

"カラクリカルカレ"を皮切りに"instant EGOIST""リニアブルーを聴きながら""like coffeeのおまじない""crazy birthday"といったポップラインに加えて当時未発表曲の"オトノバ中間試験"を披露。《制限タイムはあと少し?》の田淵のフリ、個人的にはこの日とDr.Izzy新潟公演が可愛さで群を抜いていると思う。

 

一方のキュウソはセイヤさんが体育館の後ろ側のバスケットゴールを目指したり(前に行けたのはこのとき)、全身白タイツでオリオンなぞったり(肝心のユニゾンは触れもせず演奏もせず)やりたい放題で最高でした。

 

 

わたしの記憶ではその日中に岡山へ移動したと梅さんのツイートで知ったような。プログラムcontinuedの初日・岡山公演が控えてて、打ち上げもなかった模様...記憶は曖昧だけれども。

 

 

 

そんな対バンが1年半前にあったよという話。

 

 

 

 

さて4/12(水)、Zepp Nagoya

キュウソネコカミの自主企画「試練のTAIMAN TOUR 2017」の愛知公演が行われ、ゲストとしてUNISON SQUARE GARDENが招かれた。

 

 f:id:xxkanakoxx:20170412145600j:image

f:id:xxkanakoxx:20170412185536j:image

ここに来るのは実に1年以上ぶりである。昨年3月、THE ORAL CIGARETTESの自主企画「唇ツーマン」UNISON SQUARE GARDENをゲストにした対バンライブをここで行った際に足を運んだ。ここ2年ほどのUNISON SQUARE GARDENの対バンはすべて行っているが、あの時のアウェイ度を超える対バンはまだない。そもそもオーラルの自主企画であり、ゲスト発表もギリギリで、UNICITY先行もなかったというのが理由ではあるけれども。

宏介さんがドヤ顔で「MCなし!最後まで」って言い放ったあのライブ。

 

UNISON SQUARE GARDEN、今年のライブは4回目。先輩→同期→先輩ときてついに後輩とのツーマン。昨年は後輩とばかりやっていたからあまり違和感もない。ただここ数ヶ月ルーツを探る旅が続いていたから、年下とのガチ対バンの行方や如何に。

 

 

まずはゲスト・UNISON SQUARE GARDENのアクトから。

19:00 ほぼ定刻で暗転。

今日は準備にあまり時間がかからなかった様子。56分くらいには終わってた。スタッフさんがいつも以上に腕時計気にしてくれててありがたみを感じる。

最前ブロックの左の壁に「楽しくてもおもいやりとマナーを忘れるな(ё)」という垂れ幕が。キュウソはこういうところ徹底してて好きだなあ。ファンがちゃんと出来てるかどうかは別問題だけど。

 

バック一面にキュウソメンバー5人のキャラクターが映る。口だけ動いてて、ヨコタさんが前説。たまに全員の口の動きがリンクしてたのめっちゃ面白かった。概要だけ。

ヨコタ「こんばんは〜!名古屋いいですねえ!今夜のTAIMANはUNISON SQUARE GARDEN。対バンするのは2回目ですね。まずはUNISON SQUARE GARDENとの出会いから紹介していきたいと思います。ユニゾンと出会ったのは2015年、兵庫県立大学の学園祭。その時我々はいつも通りの力技で乗り切ったのですが、一方ユニゾンはすごい演奏力で素晴らしくて我々も観ていてただすごいすごいと言っているだけでした。ほんとにユニゾンのライブめちゃくちゃかっこいいんです。でもその時のライブは打ち上げもなく終わってしまい、我々もっとユニゾンと仲良くなりたい!ということで今回対バンに呼ばせていただきました。

いけんのか名古屋!(的なコールアンドレスポンス4回くらい)

さあそれではTAIMANツアー、まずはUNISON SQUARE GARDENの登場です!」

 

ファミコン的な絵が登場。今回のTAIMANツアーの対バン相手すべてが選べるような感じ。この絵めちゃくちゃ可愛かったです。メンバーがちゃんとキャラクターになってた。

 

ニゾンを無事選択し「キュウソネコカミ×UNISON SQUARE GARDEN」とスクリーンに出たあと、再度暗転。青色の光。

最近お店で青色の光見るだけで脳内に"絵の具"流れるからだいぶライブ不足。一瞬は盛り上がったけどSEがかかると静寂に包まれるフロア。

いつも通り鈴木→田淵→斎藤の順でステージへ。斎藤、手を広げて一礼。両サイドの淵に貼ってあるネズミくんがシュール。

 

 

*サイレンインザスパ

前回の対バンと打って変わってかっこよく攻めるのかな、という予兆。

ヘイ未遂の皆さまこんにちは。でもこれ一種の風物詩のようなものだし、全員綺麗にやらなかったら絶対こわい。

1曲目、ノリ方が掴めない対バン相手のファンの方がこの5曲目後あたりからUNISON SQUARE GARDENの音楽に魅了されていく様を見るのが好きです。

押しはまあまああったけどこんなもんかな、くらい。むしろ最近のピロウズトライセラが快適すぎたんだよね。

安定のぶち上げチューンたるかっこよさ。ここ数回貴雄のドラムが緊張感を纏っていたけど、今日はなんだか凛としている。

 

斎藤「UNISON SQUARE GARDENです!」

 

 

*マスターボリューム

ドラムがぜんっぜん違って震えたんだけど気のせい...?久々に聴いたから...?

"サイレン〜"からのこの曲というのはちょっと不思議な感じもしなくないけどかっこよかったからノープロブレム。やってくれて嬉しい感がひたすら強い。かっこよさの流れを確信。

宏介さん今日めっちゃ声の調子良い。というか最近ずっと良い。

 

 

*23:25

 "マスターボリューム"からの曲の繋ぎがめっちゃよかったです。やっぱりこの曲のイントロはすごく象徴的だなあ。

Aメロのギター、ちょっとはっきりめに確かめるように鳴らしていたのが印象的。音がくっきりしていて心地よい。

田淵のベースソロ好きすぎる。ベースラインも好きだけど、2.3.2.5で2人が盛り上げてくれるところも、貴雄がスティックで田淵を指さすところも、その後めちゃくちゃかっこいいセッションも、ぜーんぶすき。

 


*チャイルドフッド・スーパーノヴァ

最高にして問題の曲。今日は歌い方にしても演奏にしても力入ってたなあというのがこれ。

田淵の入りで「!!!(声にならない叫び)」

宏介さんの笛シーンを今日はちゃんと見ようと思ってガン見してたのですが、いやあセクシーですね。特に吹き終えた後の吐き出し方(?)。すーごいキメ顔。颯爽と歌い出す様もいとおかし。

《オンネノン》をちゃんとon and onの発音に崩す斎藤宏介が好き。田淵も最近?崩しててよりコーラスの調和度が上がってた。

 


*アトラクションがはじまる(they call it "NO.6")

Dr.Izzyツアーが終わっても定期的に顔を出してくれるのがとても嬉しい。この曲聴くとなぜか安心する。先日ツアーDVDのトレイラーが解禁になったけど、このときよりも更に上手い。

意図的なのかわからないけど、「ハロー No.6!」のとき最前ブロック下手側には空調の風が一瞬吹いた。タイミング良すぎて最高。

ツアー中はたまにずれることはあったコーラスも、今日は本当に完璧。ラジオでボーカルの音域に寄るみたいな話があったけど、最近は2人が歌っているというよりちゃんと声が密に絡んでいる気がする。

笛を床に投げた後の宏介さんの表情が本当に忘れられない。なにあのしたり顔。

 


*天国と地獄

後輩との対バンは大体この曲で荒れる・押しが強くなるというのがいつものことだけど、今日はあまりそれも感じず。

Aメロのクラップって本当に謎。クラップは否定しないけど、見入ってるからわたしはできないなと思っただけ。

サビ前田淵、今日は両方とも両手広げてたなあ。毎回思うけどなんであんなに足上がるの。

このあと一旦MCを挟むからか、いつもより締め方に余韻があった。

 

斎藤「いやー、ライブ久々にするけどあっついね」

お兄さん、前回のライブから1ヶ月経ってないですよ?でもファンだって1ヶ月も我慢出来ないですからね!!!

 

斎藤「どうも、UNISON SQUARE GARDENです。最初のあのファミコンみたいなやつ、すげえ嬉しかったです。でも俺らが一番弱そうだったよね。レキシさん辺りが一番強そう。

前説で言ってたようにキュウソとは今回2回目の対バンなんだけど、最初こう...見た目からくるイメージしてたバンドとは全然違うなと思ってて。早く来てリハもすごくしっかりするし、メンバー同士の打ち合わせもちゃんとやってるし…あんまりこういうこと言わない方がいい?これ営業妨害かな?」

田淵、すかさず口元で右手をラッパ→右手を上げてゴーゴーみたいなリアクション。言っちゃえってことだったみたい。

MC中田淵は機材に寄りかかったまま宏介さんをじっと見つめる。貴雄は立ち上がって右手ぶらぶら、髪わしゃわしゃ、両手ぶらぶら、ストレッチ。

 

斎藤「ほんとにキュウソはちゃんと打ち合わせをするしいいやつらなんですよ!
それに引き換えうちの田淵くんときたら…今日楽屋に入るなりあのセイヤくんがいつも使ってる絵文字みたいなやつあるじゃないですか。田淵は中2から...あのガラケーで自分で打って顔文字を作ってた時代ね?あれからずっと愛用してたから自分の方が先だっていうんですよ。だからセイヤくん自分に挨拶がないぞって。ホント嫌なやつですよね。田淵最っ低」

ずっと笑ってた田淵も最後の一言でちょっと切ない表情になるのかわいい。

 


*mix juiceのいうとおり

そのまま次の曲へ行くあたりユニゾンらしい。カウントの前に貴雄が何か言ってた。「ハッ」みたいな。イントロで宏介さんを指す。

3人ともいつも以上に楽しそうで...って何回も言っている気がするけれど、本当に毎回「いつも以上に楽しそう」にしている。Bメロで田淵がそれいくつで刻んでるの?ってくらい細やかなくねくね。すごく楽しそうな笑顔を魅せる。

シュビドゥバのフリもいつも通り。あのコーラス最近無理がないなと思ったんだけど、よくよく思い返してみれば彼"クローバー"(w/TRICERATOPS)でサビ全部上でコーラスしたばっかりだった。これからハモりの幅も更に広がりそうで楽しみ。

 


*BUSTER DICE MISERY

多幸感の後は攻撃を。

最初のコールはなかったけど、ベースの音が活きててこれもまた一興。イントロのドラムがドス効いてて好き。

「ばっつぅー」のところでちゃんと向かって右側に頭倒す田淵、プライスレス。

キメがかっこよくてゾクゾクした。素人耳で聴いてもわかるくらいにツアーの時よりも格段に揃ってて震えた。

 


*kid, I like quartet

ひたすら感情を爆発させていてよく覚えていないけれど、 今日ここに来てよかったと最も強く思った。泣いた。こんな感想ですみません。

 


シュガーソングとビターステップ

 斎藤「ラスト!」

梅さんがヘッドホンを貴雄につける+ラストの曲=(まだやってない)シュガー

って思えちゃう状態の自分が悲しい。この曲はめちゃ好きだけど、セトリを組む才能がめちゃあるおじさん、お願いしますね。今年はこれに頼らないセトリが観たいし、十分に出来ると思います。

しかし世界一好きなベースライン(Aメロ)でたぶちが多幸感に満ちた顔でいつも以上に細かめなくねくね。

 

 斎藤「次はキュウソネコカミ!(下手を指差しながら)」

 

 

久々にタジタジしてない(悪い意味ではない)堂々としたアクトが観れて余は満足。今まで後輩とやる時は「殺気を持って颯爽と」という印象だったけど、少し丸くなった感じもありそれでいて勢いやかっこよさは失っていない、凛としたアクトで嬉しかった。

マイノリティ/マジョリティはお蔵入りなのかしら。聴きたさがすごい。わがままばっかりですいません。

 

 

ビール投入してからキュウソネコカミの登場。

ステージ後ろに幕が上がる。

キュウソのアクトを見るのは昨年のベリテン以来かも。セトリだけで許してください。

 

*MEGA SHAKE IT !
*サギグラファー
*御法度
*ファントムヴァイブレーション
*サブカル女子
*家①
*NO MORE 劣化実写化
*Scary song
*わかってんだよ
*家②
*ウィーアーインディーズバンド!!
*良いDJ
*邪邪邪ジャスティ
*ビビった

en.
DQNなりたい、40代で死にたい
*ハッピーポンコツ

 

MC概要

家の前

セイヤ「今から優雅な曲が流れるから、タマホームで豪華な家買って過ごしてるような気持ちでいて」

 

ヨコタ「(セイヤさんのユニゾンやばない発言に乗って)あのリフ、俺らならあれで一曲作ってるわ。ユニゾンは1曲中にありえへんようなリフが5個も6個もあるからな。贅沢!」

 

セイヤさんの理想のギタボ像
セイヤ「無茶をするギターボーカル。弾きすぎ!っていう。斎藤さんなんてまさにそれ。あれ歌いながらあんなんなって弾いてて凄いなーって思って。ほんで曲作ってるの田淵さんやん?もし仮に俺がユニゾンの一員になってあれ渡されたら泣くわ。お願いだからもう一人ギター用意してって言う」

 

さいとうMCを受けて

ヨコタ「さっき言ってたこと間違いやんな。全然リハとかせーへんし」
セイヤ「なんならさっき着いたしな。SE鳴った瞬間タクシー着いたし。ほんまに。ギリギリに着くので有名なの、矢沢永吉か俺らかってくらい」
ヨコタ「嘘です。めちゃリハします」


セイヤ「俺がいつも使ってる絵文字(ё)、田淵さんが先に中2から使ってたんやね。さっき楽屋で挨拶したんやけど、別バージョンも知ってて。タバコ吸ってるやつとか。うわ!ほんとに俺より先に使ってはる!パイセンやん!って。

あと一番びっくりしたのユニゾンが俺のTwitter見てた事やんな...もしかしたら公式の中の人はたまにメンバーかもしれんよな」
ヨコタ「いやたまたまでしょ。たまたま見てただけでしょ」

 

さいご

セイヤ「明日もね名古屋やるから!今日と出し物違うから!」

ヨコタ「出し物ってお前笑」

セイヤさん、本日はUSGにかけてうさぎの出し物をしておりました。可愛かったです。

 

 

素人ながらにライブの感想を。

めっっっっっっっっちゃたのしい

コミカルバンドとしての地位をちゃんと築いてるけど、メロディや演奏が良いからただのおふざけにならないところが好き。実はライブハウスで見たのが初(前回は体育館)だったので、より勢いも感じられて良かった。

それでいてユニゾン愛がすごい。ヨコタさんとか本当にただのユニゾンファン(褒めてる)。

前回は外部の企画であったために割とあっさり終わってしまったけれど、今回はちゃんとお互いの関係性も深められたようで観ている側も嬉しい。

 

改めてUNISON SQUARE GARDENってすごい。3人ともスーパーミュージシャンだ。

 

 

さあ次のライブはいよいよfun time HOLIDAY6札幌公演です。この文章打ってるだけで泣きそう。ピロウズ先輩との対バンアゲイン、どんな素敵なツーマンライブになるかなあ。オトノバ中間試験、頼みます(ё)

 

Fabula Fibula

※この記事はBIGMAMAのアルバム「Fabula Fibula」のネタバレを含みます。購入してからか、購入しないと決めてからお読みください。いつもありがとうございます。

 

 

 

私事ではあるが、最近TRICERATOPSのFCに入会した。UNISON SQUARE GARDENに続いて2つ目である。トライセラのライブはワンマン・アコースティック・フェス・イベント・わだしょソロ含めても行ったのは15回くらいだけど、先月のDINOSAUR ROCK'N ROLL7 (http://xxkanakoxx.hatenablog.com/entry/dinosaurrocknroll7)でいとも簡単に陥落した。

 

過去にFCに入っていたアーティストはポルノグラフィティが8年間、Mr.Childrenが3年間。同じくらい好きなアーティストは他にもいるが、私の中でFCに入る際の明確な基準が2つある。

1.ライブで底知れぬ感動体験をした

2.FCに入るメリットがある

当たり前のようにこれだけである。ポルノはチケットをlove up!で取らなくてもいいなと思うようになった(遠くからでも楽しめるとわかった)し、ミスチルに関してはF&Mですら取れなくなってしまったため継続しなかった。アーティストへの愛は変わらない。

 

 

近況はこのくらいにして。

 

 

3/22、BIGMAMA7枚目のアルバム、ファフファフィ...失礼、ファファファファ...あれ、「Fabula Fibula」がリリースされた。茶番ですみません。

f:id:xxkanakoxx:20170405230254j:image

読み方はファビュラ・フィビュラ」らしい。普通に「Populas Populas」と同じ発音だと疑わなかったのに。詳しくはR&R Band Wagonの3月中旬回にて。

 

f:id:xxkanakoxx:20170405230231j:image

ポスターも。

 

発売から1週間が過ぎてしまったため大きいポップはなかった。まさに金井が恐れていた現象そのもの。後述。

 

もう今のメンバーになって10周年なのね。深澤・横田がいた時代を知っている人はどのくらいいるのかな。それほど今のBIGMAMAが音楽シーンに与えている影響が大きいということでもある。

 

 

BIGMAMAが発明をする」というコンセプトのもと、「世界で、日本で、BIGMAMAにしかできないことをやろうという意志が一番高まったときにできた作品」とのこと。アルバムタイトルも発明品のひとつだって。ふぁふぁふぁ...

 

 BIGMAMAは1枚のアルバムに現実逃避を求めている。音楽に没頭し、それを突き詰める。

確かに彼らの作品は今作に限らず引き込む力がすごい。ブレない世界観が金井やメンバーに内在している証拠だと思う。

 

 

「Fabula Fibula」に関するあらゆるインタビューのうち、印象に残っているのは「長く愛されるものにしたい」という発言。

 

「CDショップで自分たちのCDがお店に並ぶ。ポップが大きく出る。とてもありがたい。だが1週間、2週間、1ヶ月すると新作がどんどん出てくる。みんなが次々と作っているから当たり前ではある。でも愛を込めて作り上げた作品がそうして押しやられていくのが悔しいし悲しい。どうやったら長く楽しんで、遊んで、好きでいてもらえるんだろうというのを自分たちなりに形にしようと思って作った」

 

うわーーーめっちゃ好き。

まず構想がCDベースなのが好き。感謝。

今回忙しくて取りに行くのが結構遅くなってしまったから、タワレコに行くのがよりつらかった。当たり前のことだけどそうだよなあって。

 

やっぱり生き残るには何よりもオリジナリティだと思う。誰かの真似じゃない君だけのスタイルで。

 

 f:id:xxkanakoxx:20170406062649j:image

 一通り聴いての感想は、このバンドは本当に彼らの作り上げた世界へ楽曲で引き込むのが上手いなということ。1曲、1枚、そして総合的な歴史として見ても各々が意志を持っていて、存在証明をされているうちに聴いている側もそちらの空間にすっぽりはまっている。都合がつかなくて断念したようだが、UNISON SQUARE GARDENの自主企画「fun time HOLIDAY6」でも観たかったなあというのが正直な感想だ。

あと金井・柿沼のKKコンビ、声がどんどん似てきている。柿沼が寄っていってる印象。1フレーズくらい歌えばわかるけど、1音じゃおそらく識別できない。

 

 

CDについてだが、ラジオで金井が度々述べていた「曲ごとに街を作った」というのは1曲1曲にコンセプトがあることの例えだと思っていたのだが違った。彼らは本当に街を作った。

 

権利的に載せていいのか微妙なので気になる方は買ってみてくださいとしか言えないが、曲という少し抽象的なものを街という形で具現化している。左に街の絵と概要、右に歌詞。恐ろしいなこのバンド。才能がこわい。

 

 

曲の数だけ都市があり、

曲の数だけ法律があり、

曲の数だけ物語がある。

  

 

ここまで明確に形成された世界観はものすごくドキドキする。本当に法律とか作っちゃってるもん。

 

 

さて全14曲、気が向く方はわたしの感想をどうぞ。【】は街の名前。

 

 

 

1.ファビュラ・フィビュラ

【裏切りの都市"ファビュラ"】

一言でいうと荘厳。わたしはこの曲が1曲目じゃなかったら購入を決めてなかったかもしれない。

多くのCDをタワレコで試聴する。最初の3曲でピンと来なかったらどんなに好きなアーティストでも、まずその日は購入しない。このアルバムも正直購入しようかダウンロードで済ませようか悩んでいたのだが、3曲目まで行かずとも即決だった

媚を売りにいきがちな1曲目で絶望の淵に立たせる。ゾクゾクする。これで爽やかポップ曲が最初に流れてきたらわたしはこのアルバムにお金を出してないと思う。

《信じるものはすくわれるかって? 足元にご注意》のところ、「救われる」だと思って聴いてたら「足元」ってきた瞬間に鳥肌立った。全体的に歌詞の遊び心が効いている1曲。

 

 

2.MUTOPIA

【音楽の楽園"ミュートピア"】

あなたはアルバムに入るなら絶対2曲目でしょうと思っていたよ。"ファビュラ・フィビュラ"の余韻を拾い上げて「これぞBIGMAMAな世界へと誘うのはこの曲しかいないかもしれない。

なんて幸せなアップチューン。ライブでこの曲来ると問答無用でテンションが上がる。文字通りの楽園。

Put your hands up guys in the air
Put your hands up girls in the air
Drop your guns no more need here
Put your hands up all over the world

ここ絶対カラオケで必要以上にr巻いて「英語の発音上手い俺・私」演じる人おるでしょ。全然上手くないからね

金井の英語は帰国子女的にも聴きやすいと思う。わたしも英語そんなに上手くないから説得力ないけど、ネイティブの友達に聴かせたら褒めてたレベル。さすが中大。

めっちゃButterfly(BUMP OF CHICKEN, 2016)とリンクするけど、EDM×クラシックという新たな発明をしたのはBIGMAMAだ。誰も文句なんかつけらんないから

 

 

3.ヒーローインタビュー

【忘却の街"ロアロア"】

この曲はラジオで結構かけてもらっていて、メロディラインがめっちゃBIGMAMAだなあというのが一聴目の感想。これはぜひコンセプトから読んで欲しい。こういう考え方は本当に好きだし、美しいと思った。

《君の記憶の片隅に僕の居場所はありますか?いいえ隅でなく真ん中を空けておいてよ》

傲慢なように聴こえるけど顔を上げれば真剣な眼差し。わたしの記憶の真ん中に入りたがってくれる人はいるんだろうか。わたしは記憶の真ん中に誰かを入れることができるんだろうか。

個人的な感想としては《ヒーローインタビュー》の歌い方がめっちゃ遊んでそうな歌い方だなあって思った。偏見御免。

 

 

4.Make Up Your Mind

【時が止まってしまった集落"クロックル"】

おいこら、副題どこ行ったよ。

〜運命に着火する〜

絶妙にダサくて最高にかっこいいから結構好きだったのに。バージョン違うのかな。

シンガロングを耳にするだけでCDJ1617(http://xxkanakoxx.hatenablog.com/entry/2017/01/03/182007)のあの空間に戻れる。「ここに似合うと思うんだよね」という金井の言葉が忘れられない。ここ、という言葉が幕張メッセなのか、GALAXY STAGEなのか、それとも漠然と大勢の人が居る場所なのか、具体的に何を指していたのか今でもわからないけれど、金井が目を細めながら言うから似合うんだろうなという気がしてくる。

イエスかノーか。するかしないか。友達のままか恋人か。夢で終わるか現実か。真面目に生きるかズルするか。

この渦に打つ終止符に救われる。いや、すくわれているのかな。

逃げても隠れても必ず次の明日へ どちらを選んでも間違いじゃないから

 

 

5.BLINKSTONEの真実を

【山奥にひっそりと佇む石像だらけの秘境"ブリンクストン"】

こういう楽曲はバイオリンがより映える。全部の楽器にかっこいいところがありすぎて震える。特に1番と2番の間にワンフレーズだけ入るギターがかっこよすぎる。ライブで5人がこの曲を最高にかっこよく弾くのを棒立ちで聴いていたい。

この曲に関しては都市でも街でも町でもなく「秘境」。ちょっと変わりダネな感じ。

行った人が帰ってこない、その場所には人の形をした石像ばかり...ここから「人が石にされちゃう怖い場所なのかも!」とは思いたくない。もう一返しあってほしいな。

本当に大切なものは目に見えないものばかり

 

 

6.Merry-Go-Round

眠らない街"インソムニアーク"】

インソムニアを模した造語なんだろうか。これも彼らの発明の一つか。

この曲を聴いてふと思ったが、彼らの曲は歌詞でも物語を作っている。だから「曲ごとに街を作る」という試みだって安っぽくならない。もう既に街は作られていたんだなあ。

イントロではメロディも担うバイオリンがAメロではリズム隊と同じラインになってるのが痺れる。万能か。

柿沼ソロかっこよすぎ。これ目の前で見れたらほんとインソムニアーク」に行っちゃうわ。

 

 

7.Weekend Magic

【運命の赤い糸が実際に見えてしまう街"アカイト"】

むずむずするほどの多幸感。一言目の歌詞とか金井だったら本当に言いそう(偏見)。こういう嬉しさを運んでくれる曲好きだなあ。歌詞とも街とも関係ないけど、楽曲自体に雨上がりのキラキラ感がある。

この街では実際に赤い糸が見えるけど、絡まったりして上手く行かなかったり人々は定めに反して自分の意思を貫いたりしちゃうらしい。でもこれ現実でもそうじゃない?

生活していて「この人と一緒になるべきなんだろうな」となんとなく察する。でも謎の自信から他を選ぶ。幸せになれる道が見えているにもかかわらず。それってとても愚かだし、赤い糸を無視する自分に酔ってるだけなんだよねきっと。そろそろ歳も歳だし、ちゃんと赤い糸を辿りましょう。

 

 

8.Heartbreak Holiday

【心に傷を負う人が集まる町"トラウーマ"】

失恋休暇とな。一昨年のわたしにこの町を教えてあげたい。この曲を聴かせてあげたい。絶対ボロ泣きする。これからも自分が傷ついたときには音楽を頼らずにはいられないだろうなと改めて思う。

歌詞はさほど多くないけど、楽曲が傷を包み込んでくれるあたたかさを持っているから何回聴いても晴れやかな気持ちになれる。

「都市」「街」「町」、使い分けているのは何か意図があるのかな。規模かな。

誰かが君を探しているのさ 見つけやすいように さあ

 

 

9.737 3rd Ave, RT 10017

インストゥルメンタル。この辺りで挟むのは何か意図があるのかな...と聴き進めていたら、あれ、雨音が。"Heartbreak〜"から次の曲に繋げるのは少し強引だし、良いスパイスなのでは。

インストって結構飛ばす人多いと思うけどちゃんと聴いて欲しい。すべての曲が意志を持ってそこにいる。

 

 

10.レインコートになれたなら

【誰かが涙を流す度に雨が降る街"レインティア"】

切ない空気を纏った金井の歌い出しから始まる印象的な1曲。《透けた傘》「易い嘘」って読ませるアーティストをわたしは他に知らない。結構無理矢理なのにこれが嫌じゃないんだよなあ。不思議。

"737 3rd Ave, RT 10017"のように直接的な雨の音はないのに、雨の景色が自然と見えてくるし1音1音が雨音に聴こえてくる。

この街の人は虹を知らないらしい。「♪淡路島に虹が出た〜」みたいな虹、見せてあげたいな。

 

 

11.ALL RIGHT

【人情の港町"ワッカ"】

声にエフェクトがかかっている感じというか、そもそもサウンドにどこか懐かしさを感じる。ちなみにわたしの父のおすすめはこの曲

歌詞が結構あらあら金井やってんなという感じだけど、それ以上に応援歌の要素が強くて許せる。

普通に下ネタやんけ。ってクスクスしてたらギターリフきっかけで拍子が変わる。やられた。遊び心満載。後半のカッティングめっちゃかっこいいやん。

 

 

12.SPOON DIVING

【空飛ぶ庭園"ブロークン バーキン"】

メロディがめっちゃポルノグラフィティ。いやパクりとかじゃなくて、岡野昭仁が歌っているのが想像できるメロディライン。これでもう少し口数が多くて2番の歌詞2回歌っちゃったりしたらもう完全に岡野昭仁。特に《綺麗事ならべて行こう》のとこ。伝われ。

キメがいちいちかっこいい。

39秒という数字には何か仕掛けがあるのかしら。意味なくてもいいなと思ってしまって特に調べたりはしていない。

 

 

13.SPECIALS(FFver)

【絆創の都"スマイルワン"】

この曲は結構思い入れがある。

昨年UNISON SQUARE GARDENを呼んだ企画が"You Are The SPECIALS"だった。あの日もやっていたけど、歌詞を聴いて色々考えた。BIGMAMAにとってUNISON SQUARE GARDENはSPECIALSのひとつなんだなあ。メンバー単位でも、バンドでも。

わたしにとっての"SPECIALS"って誰だろう。

最高の共犯者。お洒落。

 

 

14.愛はハリネズミのように

【幻覚の島"ドープランド"】

エンドロールには早すぎず遅すぎず。

金井政人という人間を考えた。

彼は某テナーのボーカルがよく食べ物をSNSにアップする時に用いる「〇〇という概念」という表現を多用したり、さりげなく「死ねない理由」とか言ってみたり、お洒落な言葉を恥ずかしげもなく並べたり。しかしそれでいて音楽の方向性や芯はこわいほどブレない。媚びているようで媚びてない。家族への愛情を痛いほど感じる日もあった。思わず愛してしまう存在。

この曲を聴いていてなんだかそんなことを考えた。穏やかなエンドロール。

 

 

 

以上です。

このアルバムのある曲・あるフレーズをきっかけにわたしはあることを決断した。ずっと悩んでいたのに金井の一言でそのドアが開かれた。鍵なんてもともとなかったのかな。開けようとしないから知らなかっただけ、かも。

これが達成できたら間違いなく「Fabula Fibula」のおかげだなあ。

 

 

 

ここまでアルバムをベタ褒めしてきたが、実はBIGMAMAのスタンディングライブが苦手だ。不快な気持ちになったらそれは申し訳ない。

 

先ほども話題にしたが、昨年6/2.3に行われたUNISON SQUARE GARDENとのツーマンライブ、「You Are The SPECIALSに足を運んだ。まあ荒れ様がすごい。ダイバーが多いのはわかっていたけど、開演前からサークルを作り、メンバーが出てきても演奏が始まってもステージに背を向けたままの人が多すぎて引いた。いやいや、BIGMAMAの音楽ってBGMレベルじゃないでしょうよ

もちろんそんな人たちは少数だし純粋に音楽や彼らのアクトが好きな人はたくさんいるということはわかっている。それでも印象はよくない。そういうものなのだ。

 

だからこそ武道館が嬉しい。あの神聖な場所を彼らが痛切に大事に思っているのはよくわかる。10周年、今このタイミングを逃したら順番がまわってこないかもしれない...恵比寿での武道館公演発表はあっさりと行われたが、武道館という場所への心持ちは非常に強く、感慨深いものがある。やはり若いバンドがやすやすとワンマンをしていい場所ではない。がんばってきたとか知らないから。

 

10/15、避けていた彼らのワンマンを観に行ける。本当に嬉しい。自分だけの場所で、わたしと5人の1対1。めいっぱい彼らの音楽に酔いしれてこようと思う。

 

 

安井、飛ぶかなあ。