鯉の滝登り

好きなものを、好きなように、好きなだけ。

TRICERATOPS - MIRACLE GLITTER TOUR@川崎CLUB CITTA'

f:id:xxkanakoxx:20180422114825j:image

4/21、TRICERATOPSのツアーファイナルである(追加公演もあるがその話はひとまず置いておく)。初日の赤坂公演は家事都合で断念したため、ようやく参加できる嬉しさよ。

 

さて、当日朝から公式が慌ただしい。場内にカメラが入るとのこと。円盤化?と期待しつつも日テレプラスで後日放映されるのだと言う。

ある意味内輪ノリというか、知る人ぞ知る実力派バンドみたいな所が魅力なんだけどなあと思いつつ、まあ客は客として参加するだけなのでさほど気にせず向かう。

 

f:id:xxkanakoxx:20180422115155j:image

「来てくれてありがとう!!!」

 

f:id:xxkanakoxx:20180422115206j:image

FCチケット。今までチッタでこんなに早く入れたことなかった。

 

f:id:xxkanakoxx:20180422115224j:image

ネイルはROAR×20の使い回しだけど結構気に入っております。時間ないとなかなかグラデーションできないね

 

 

先述の通り指定席の追加公演がまだ残っているためセトリに触れない範囲で感想を少しだけ述べておく。

 

 

やはり全体的に外向けの感じは否めなかった。音もいつもより控えめな気がしたし、唱さんはいつもはしないような凡ミスも連発。花粉症らしく元々高音出しづらそうだなとは思ったけど、ギターはわたしでもわかるミスタッチだった。中盤のアコースティック部分で「ミスした曲が放映されないのが嫌」「みんなに良いもの見てもらいたい」とやり直しを要求。

結局「俺が嫌なの!」と言って照明からメンバーの楽器交換から演奏後のポーズまでリテイクしてた。そのこだわりが唱さんらしいなと思ったけど、それにちゃんと付き合う林さんと佳史さんもめちゃめちゃ良い。佳史さんがトライセラを辞めようと思ってたときはこういう部分での衝突もきっとあったんだろうけど、最近はお互いをわかり合えている感じがする。

 

 

終演後Twitterを眺めていたらやはりこういう外向けのライブであったことに否定的な意見も多く見られた。その感覚はわかる。同じお金を払って観に行った公演が公録のような雰囲気だったら悲しい気持ちにもなるだろう。唱さんの話が長いとかそういう理由ではないからね。

 

 

今回のことで離れていくファンを変だとは全く思わないし、感じ方は人それぞれで当たり前だけど、個人的には「ああやっぱりトライセラ好きだなあ」と思えた3時間ではあった。

 

現在自分の中ではストレスフリーなライブ空間をUNISON SQUARE GARDENと米津玄師に任せているので、他のアーティストには求めていないという部分も否めないと思う。好きなバンドはたくさんあるけど、やはり彼らのライブを好きだと胸張って言えるのは今のところこの2組しかいない。

 

トライセラに関しては彼らの音楽が好きだから、ライブで何が起こっても特に幻滅したりしない。ただそのバランスは人によって違うだろうから、感じ方もそれぞれなのだろうと感じた次第である。

 

 

感想書き始めからだいぶネガティブなことをたくさん述べてしまったけど、それでもあの3人はかっこよかった。

リズム隊は本当に安定してますね。いつものHayashi & Yoshifumi Groove!!も上手すぎてよくわからなかった。林さんのスラップはエロすぎて文字通り膝から陥落しそうになった。

 

唱さんのMCも相変わらず長いけど、グッとくるトークもあって憎めないんだよなあ。円盤へのこだわりもチラつかせてくれて、なんとも魅力的なギターボーカルである。

 

 

唱さん×佳史さんの掛け合いも良き。

和田「フライヤー帰り道でもらってね!」
吉田「…帰り道?」

和田「(眼鏡のくだり)わぁ〜!シャッキリ!」
吉田「シャッキリ?」


唱さんリサーチだとトライセラファンは川崎の人が多いんだよねっていうフリからの実は横浜の方が多かったり笑、唱さんはほんと天然というか自由というか...今に始まった話ではないけど、この奔放さをいい方へ導けるのはある意味林さんと佳史さんしかいないのかも。

 

 

セトリの組み方も流石だなあという気持ち。ぶち上げて、しっとりさせて、また上げる。新旧織り交ぜながらスタイリッシュに進んでいくこの感覚はずっと変わらない。

 

 

そしてツアータイトルにもなっているから言ってしまうけど、新曲"MIRACLE""GLITTER"もすごく良かった。いろいろ語りたいながらも正式リリースは来月なので控えておく。しかし、2曲に共通しているのは3人の音に迷いがないということ。安心して音楽に身を任せられる。

 

 

 

DiverCityで指定の追加公演を控えている。どんな形で締めてくれるだろうか。彼らの音にずっと踊らされていたい、酔いしれていたいと、ただそのことだけを考えている。

 

スタバでのバイトを振り返る

※この記事はスターバックスでのアルバイトを終えた筆者が主観を書き綴ったものです。内容はすべて個人的な感想に基づいております。

 

 

2018年度に突入しました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。いつも音楽関連の記事しか書いてこなかったこのブログですが、今日は番外編。

 

今日から筆者は社会人になり、この3月でいろいろなものを卒業してきました。

 

まず大学。あんまり思い入れはないけれど、去るとなると結構寂しい。卒業式の写真を見返して、わたしこんなに友達いたんだなあと気付く春。部活もゼミも資格も、ちゃんと取り組めてよかった。

教習所。3月上旬から通い始めて20日で卒業。無事免許証もGET。教官の皆さんとめちゃめちゃ仲良くなって、いい縁ができました。

そしてアルバイト。2つ掛け持ちしていて、1つは国際会議の通訳や議事録のお手伝い。これは頻度としてはあまり多くなかったけど、1回に持っていかれるエネルギーが半端じゃなかった。記憶力・速記力の向上、語学力の維持を目標にしていたのでなんとか達成できたかな。

 

そしてメインのアルバイトがスターバックスコーヒーでした。やっと本日のお題が来ましたね。この4年間で筆者がスタバで働いてよかったと感じたことを少しだけお話しようかと思います。これからチャレンジしてみたいと思っている方も是非。

 

f:id:xxkanakoxx:20180402222336j:image

 

 

なぜスタバ?

カフェのチェーンなんて日本探してもめちゃめちゃあるわけです。なぜスタバを選んだのか、から書いていこうと思います。

一番には幼少期を海外で生活していて、入りやすいというのが大きかったです。日本人が海外でマックに入るのと同じで、少しでも見慣れた店の方が馴染みがありました。

高校時代は日本で過ごしたわけですが、日本のスタバはどの国よりもホスピタリティがあるというか、とにかく気配りがすごい。両親は日本人なので日本人なのですが、これから日本国籍をとって日本人として生きていく上で学びたいスピリットの一つでした。

もう一つ大きい理由としては、コーヒーがものすごく好きだったことがあります。コーヒーの勉強を学生のうちにしっかりやりたくて、スターバックスにはコーヒーを勉強できるプログラムがあることを知っていたからです。他のチェーンがどのような教育をしているのかはわかりませんが、スターバックスのコーヒープログラムは本当に充実していたように思います。

 

 

採用時の話

現在のスタバの採用方式は、大体がインターネットに出ている求人を探して応募フォームを送信するというものです。わたしもこれでした。

しかしまあなかなか面接してもらえませんでした。応募フォーム総数は22通、面接した貰えたのは4店舗。4回目に面接した店舗でやっと採用してもらえたのです。

 

おそらく一発で受かる人も多いと思います。しかし、受かった店舗の面接前に考えたことと働き始めてから感じたことを合わせて、筆者が思う「採用されるポイント」を少しだけ。

 

「なぜスタバ?」に対して「客としていい経験をしたから」では薄い

とは言いながらも大体の人がこの理由でスタバを選んでいるはずです。「名前を覚えてもらえたり、カップにメッセージを書いてもらったりして嬉しかった」「タンブラーを迷っているときに一緒に選んでくれた」...しかしこれでは普遍的すぎます。採用する側はこの文章たちを何十回、何百回と聞いているのです。わたしは「コーヒーの勉強をしたいから」と述べましたが、後に当時の店長からは「学生でコーヒーが好きで入ってくる子はなかなかいないからチャンスだと思った」と言われました。特別化は本当に大切です。

 

この店舗がいいという理由を明確に

筆者は当初「スタバで働けるならどこでもいい」と思っていました。これは別に悪いことではありません。それでも、スターバックスは日本中あらゆる所にあります。都内だと数十歩あるけば別の店舗が見えてくるなんてことも珍しくありません。

その中で自分はなぜその店舗で働きたいのか。これをしっかり具体的に提示する必要があると思いました。「家が近いから」「通学路にあるから」「この地域に昔住んでいた」...本当に何でもいいと思います。

ちなみにわたしの場合家から近い店舗ではありませんでしたが、学校からそこそこ近いこと、語学力が生かせる場所であること、コーヒーが好きだったためコーヒーがよく注文されるエリアであることを伝えました。そこからコーヒーへの情熱もしっかり伝えることができ、採用していただけたのだと思っています。

 

「可愛さ」よりも「清潔感」、「あざとさ」よりも「親しみやすさ」

スタバは顔採用、入ってからもいろんな人にめちゃめちゃ言われました。自分も採用される前まではそうだと思っていました。

確かに可愛い人、かっこいい人はいますが、それが採用基準ではないと思っています。

2年ほど前、誰が見ても美人、読者モデルをしていて接客業の経験があるという女性が面接に来ました。結果は不採用。店長曰く「香水の匂いがきつかった」とのこと。いくら美人でもここは飲食店。清潔感があって、一緒に快適に働けるであろう人を取りたいとのことでした。

それで言うと、ただ媚を売るだけの人もだめ。お客様ともパートナー(店員の通称。以下PTR)とも上手くやっていけそうかどうかも見られています。

 

シフトに融通が効くことをアピール

募集をかけるとき、多くの場合「ある時間帯の人員が足りない」と思って求人を出すことが多いです。つまり、まず働きたい店舗がどの時間帯を募集しているのかを必ず確認しましょう。お店側がクローズ隊を欲しているのに日中入りたいと名乗り出てもそれは無理があります。

加えて、応募フォームに入れるシフトを書く欄がありますが、多めに入れておきましょう。わたしは多くのお店でこれを限定してしまっていたために不採用になったところが多かったです。

現状は必ずお店の要求するシフト(朝昼晩、週何回、1日何時間以上)に入れること。「来年になれば全休が出来るから朝や昼も入れるかもしれない」など、面接に行けば色々なことを伝えられます。筆者は当初クローズ要員での採用でしたが、3年目からは午前〜昼シフトに変わりました。

マネジメントサイドとしては、長く働いてくれる、かつシフトの柔軟性が効く人の方が採りたいのは明らかです。大学入りたての頃は授業も忙しいですし、採用者もそのことはよく理解しています。長い目で見て柔軟に動く意志があることを伝えておくと良いと思います。

入ってからのシフトは(筆者のいた店舗の場合ですが)すごく融通が効きます。

 

働く上で使えると思う能力は出し惜しみしない

すごく大事だと思います。筆者は帰国子女として扱われるのが本当に嫌で、結構な頻度でこのバックグラウンドを隠して生きています。実際も受け始めた頃はこのことを伝えずに応募していたのですが、やっぱり使えるものは使わなければならないと思いました。具体的に申し上げますと、このことを伝えるようになってから面接に呼ばれるようになりました。

ただこの生い立ちは一般的でないということはわかっています。この章を読んだだけで「帰国だから受かったんだろう」と思う方もいるでしょう。でも本当になんでもいいので、自分の持っている力がスタバで働く上で少しでも利点になるなら、どんどん言っていった方がいいです。スターバックスは個性を尊重してくれます。自分には個性がないと思っている人でさえ潜在的な持ち味がどんどん引き出されていく環境だと個人的には思っています。

 

 

身に付いた力

個人的に身に付いた力をざっくりと。

 

察する力

相手が何をしたいのか読み取る力とも言えます。PTRがお客様と接することが出来る時間は限られているため、その間に様々な情報を読み取る必要があります。スターバックスの接客にはマニュアルがないので、自分で探して会話の糸口を見つけ出すしかないのです。

4年間働いた上での個人的な感想ですが、人は案外わかりやすいものです。お客様だけでなく、友人の会話や仕草からも考えが読み取れるようになりました。知らぬが仏なこともありますが。

 

記憶力

これはものすごく身に付いたと思います。まずはドリンクメニューやフード、ドリンク作成の手順など、覚えることが多かったように思います。期間限定の商品が出るたびに追加して覚えるのはしょっちゅうでしたし、商品の詳細まで事細かに覚えなければなりません。他のアルバイトに比べると量は多いと思います。慣れてくればなんてことないのですが。

人の顔を覚える力も身に付きました。筆者は会ったことのある人の顔もすぐ忘れてしまうタイプだったのですが、1年ほど働いたあたりで「一度見ただけでお客様の顔はわかる」まで進歩しました。お名前やいつものメニュー・カスタマイズまで...常連さんの多い店舗だったこともありますが、これはいろんなところで使えるスキルなんだと今になって感じています。

 

デザイン力

黒板やらカップやら、とにかく絵を描く機会が多かった。そこまで得意でもなかったのですが、少しは上手く書けるようになりました。Twitterでもライブレポート上げてる人よく見かけますが、絵の上手い方って本当に尊敬します。

 

マネジメント力

ある程度働くと時間帯責任者の研修を受け、その時間帯を任されるようになります。それまでにいろんな段階があるのですが、守秘義務のような気がするのでお口チャック。

学生でマネジメントを任されるというのは本当に緊張しますが、今となってはやってよかったと思っています。人を動かすには慣れが必要ですね。

 

 

よかったこと

コーヒーの勉強

1番やりたかったコーヒーの勉強をたくさんさせてもらえました。2年目でコーヒーマスターの称号でもあるブラックエプロンを取れたことで、有料セミナーを開催させていただけたり、ブラックエプロンの先輩にコーヒーフェスへ連れて行ってもらったり...好きなことを極めさせてもらえてお給料までいただけるなんて、筆者にとってはこの上なく幸せな空間でした。

 

給料とシフト

お給料がよかった。シフト融通が効く。たったこれだけなのですが、これ結構大切です。学生さんでも時間は有限ですから、効率的に働きましょう。

 

福利厚生最高

シフト前・シフト中・シフト後に無料で飲めるドリンクが最高。だんだん飲むものはあっさりしてくるのですが(アイスティーとか)、やっぱりこの特典は嬉しかった。

 

個性尊重の風潮

 会社としてもそうなのですが、個性を尊重してくれる人が多かったように思います。帰国子女として入っても差別するのではなく、経験談を上手く活かしてくれたり言語力を発揮させてくれたり。

PTRにも本当にいろんなバックグラウンドを持つ方がいて、そういう人々に出会えたのはわたしの財産ですし、学ぶところも多かったです。何はともあれママさんバリスタは本当にすごい。

 

 

大変だったこと

飲食店・接客業たるや

まあそういうことです。お客様とのトラブルもそうだけど、やっぱり飲食店なので多少汚いものも触れる精神がないとできないと思います。

あんまりこういうこと言うの視野狭い感じがあって嫌なのですが、接客業は経験しておいた方がいいです。これはスターバックスに限らずどこでもいいので一度はやっておいてほしい。やらないとわからない裏側があることは否めないですし、自分が客側になったときの心持ちがめちゃめちゃ変わります。いい意味でも悪い意味でもいろんな人がいるんだと思い知らされる。

 

どう働こうが自由

いい面でもあるのですが、自分で企画をどんどん提案して積極的に働こうが、毎日の業務を機械的にこなそうが、過ぎる時間は同じなのです。人事考課で多少の影響はありますが、毎日のシフトをどう過ごそうが自分次第というのは楽でもあり怖くもありました。

いろいろチャレンジしてみるのは勇気が要りますが、やってみることの大切さも学べます。

 

 

終わりに

色々書きましたが、4年間スターバックスで働くことが出来て良かったなあと振り返るいい機会になりました。最後まで読んでくださってありがとうございます。少しでもスタバでのバイトに興味を持っている方、ぜひトライしてみてください。お客様としてスタバが大好きな方、これからもどうぞよろしくお願い致します。

元PTRとして。

 

 

THE BACK HORN 20thAnniversary「KYO-MEI対バンツアー」~情景泥棒~ w/UNISON SQUARE GARDEN

※この記事は4/1に行われたTHE BACK HORN 20thAnniversary「KYO-MEI対バンツアー」~情景泥棒~のUNISON SQUARE GARDENアクト部分のみレポートしました。THE BACK HORNはツアー中のため、一切のネタバレを回避しております。

 

f:id:xxkanakoxx:20180401162104j:image

 

2018年度初日、THE BACK HORNの対バンツアー。20周年おめでとうございます。最近20年・25年あたりのアニバーサリーイヤーを迎えるバンドが多くて、どれも素晴らしいメンツ。長く続けるべきバンドってこのことですね。

 

なんだか毎年春になるとZepp Nagoyaを訪れている気がする。去年の12月に来たときはめちゃめちゃ弾丸だったからあまり周りの様子とか見てなかったんだけど、随分拓けましたね。

 

2組の対バンは2015年のKYO-MEI以来かも。スガフェスみたいなイベントは除いても、fun time HOLIDAY6の大阪公演は就活で行けなかったから本当に楽しみにしてきた。バクホンのメンバーはユニゾンの3人をすごく可愛がってる印象があります。岡峰さんのベースを田淵さんが持ってる写真は震えたなあ。

 

さて、日曜のためO-16:00/S-17:00とちょっと早め。UNISON SQUARE GARDENのアクトは今年に入って何度か観ていてAFOCのイベント以来だし、その後TSUTAYAとR&R Bandwagonのイベントにも参加したので実際にはそんなに月日は経っていないのだけど、やっぱり待ち遠しかった。

 

約5分遅れの17:05、暗転。DVDでは味わえないこの空気感、やっぱり最高だ。

鈴木→田淵→斎藤の順で登場。

 

【服装】

斎藤:肩から腕にかけて黒い白シャツ、黒タイ、右尻白〇黒スキニー
田淵:ScopeMoonTシャツ、ズタボロジーンズ、オレンジ紐靴、リストバンド
鈴木:刺繍セットアップ、白Tシャツ(THE BACK HORN)、茶ショートブーツ

 

アクトは"Silent Libre Mirage"からスタート。久々のライブに演者もオーディエンスも感情が溢れて来るのが伝わる。1曲目ではあまり明るい表情を出さない田淵さんもニコニコしていて、本当にライブが好きなんだという気持ちが伝わってくる。
意外にレア枠?な"ため息 shooting the MOON"。各々のソロパートがあるのがいいよね。恍惚とした表情に色気のある音が乗っていて痺れた。貴雄ちゃんのソロパートめちゃめちゃ好きだ〜〜はよワンマン〜〜はよオンドラムスタカオスズキ〜〜!!
"オリオンをなぞる"。安心するしテンションも上がる。Aメロで田淵さんが客席に向かって立てていたのは人差し指か中指か。
"マスターボリューム"。今の宏介さんの歌声で聴けるのも嬉しい。THE BACK HORNとの対バンだからやるかなと思っていたけど、ビンゴ!
"天国と地獄"にオーディエンスが湧き上がる。1番2番共にサビ前の田淵さんが安定のアクションで好き。


斎藤「どうも、UNISON SQUARE GARDENです。次は"春が来てぼくら"という曲をやってみようと思います」

 

ライブ初披露の"春が来てぼくら"。貴雄ちゃんの表情がイントロから多幸感に満ち溢れていて、こちらまで笑顔になってしまった。宏介さんも丁寧に一言一言を紡いでいた。コーラスのないところも田淵さんが大切そうに口パクしてた。《けど浮かぶ大切な誰かに悲しい想いはさせない方へと》《間違ってないはずの未来へ向かう》《また春が来て僕らは ごめんね 欲張ってしまう 新しいと同じ数これまでの大切が続くように、なんて》《ちゃんとこの足が選んだ答だから、見守ってて》で慈愛に満ちた表情するのは反則です。邪推はしないけど、瞬きの数だけちゃんと脳内で写真化しました。思わず涙してしまった。生で聴けてさらに好きになった1曲。名曲すぎてつらい。


斎藤「THE BACK HORNは僕らが高校生の時から追いかけてるバンドです。僕ら今32歳なんですけど。アルバムでいうと人間プログラムから。言ったら古参です笑!みんな新参でしょ?知らないけど笑。で僕らがTHE BACK HORN好きってことがメンバーに伝わって、こうやって少し前から対バンさせてもらったりとかしてるんだけど...呼んでもらえてることがすごく光栄だし、昔から好きなバンドが今もカッコよくなり続けてるのは幸せですね。

でさっき顔合わせてリハーサル見せてもらったんだけど、今日のTHE BACK HORNの仕上がりはみんなびっくりするよ。めちゃくちゃ仕上がってる。古参が言うから間違いない笑!セトリはですね、あんまり言うとネタバレになっちゃうからあれだけど、俺が聴きたかったあの曲、田淵が聴きたかったあの曲、貴雄が聞きたかったあの曲...貴雄のお母さんのマサコが聴きたかったあの曲!網羅してます!乞うご期待!

ニゾンももう少しやらせてもらいます!」

マサコネタ久々な気がする。いつもは冷静な宏介さんが前のめり気味に話していて、THE BACK HORNは彼らの青春のたくさんのページを彩ったバンドなんだなあと改めて感じた。

 

また貴雄ちゃんがニコニコしてる!と思えば"君の瞳に恋してない"。この多幸感の中毒性たるや。1番サビをめちゃめちゃ真っ直ぐな視線で、柔らかい表情で歌い上げる田淵さんよ...。そしてギターソロで引き倒す宏介さん良きかな。もう何回かライブで聴いたものの、MODE MOOD MODEツアーではどこに入るのかすごく楽しみ。

"fake town baby"。これも今日はやるかなあと思っていたので嬉しい。あれだけのスパンで出した曲も既にものにしている3人が恐ろしい。そして変わらずサビ前の田淵さんが好きすぎる。

 

斎藤「ラスト!」
"crazy birthday"。はじけすぎた田淵さん、マイクを横向きにして下から歌うもマイクが外れてしまいスタッフ出動。なかなかハマらないから地声で歌い続けてた。ずっとこわい顔してたのに一瞬だけ素の笑顔を客席に向けたのめちゃめちゃかっこよかった。

貴雄ちゃんは着てた刺繍セットアップの上着を上空に投げる。

《ノーモアhappy birthday? NO! more happy birthday!》のくだり、2倍ver.でした!

やりきった感MAX。本当に来てよかった。

 

 

斎藤「次はTHE BACK HORN!」

 

THE BACK HORN部分、書きたいことたくさんあるんだけど対バンツアー始まったばかりですからね...セトリに触れずに語れる自信がないのでひとまず割愛します。ごめんなさい!破壊的にかっこよかったよ!!

 

 

さあ明日は入社式。帰ろう、世界へ。

 

 

4/1 THE BACK HORN 20thAnniversary「KYO-MEI対バンツアー」~情景泥棒~

UNISON SQUARE GARDEN
01.Silent Libre Mirage
02.ため息 shooting the MOON
03.オリオンをなぞる
04.マスターボリューム
05.天国と地獄
06.春が来てぼくら
07.君の瞳に恋してない
08.fake town baby
09.crazy birthday

 

THE BACK HORN

ツアー中のため載せないでおきます!

米津玄師 - Lemon

3/14、米津玄師がシングル「Lemon」をリリースした。既に配信リリースはされているが、ホワイトデーの本日、やっとCDになった。

 f:id:xxkanakoxx:20180314173047j:image

〈3形態リリース。写真は映像盤〉

 

米津玄師の音源をCDで買いたいと胸を張って言えるのは、もちろん好きなアーティストの作品に対する所有欲もあるのだけれど、アートワークや円盤、歌詞カードのデザインの美しさによる部分が大きい。毎回ワクワクする仕掛けがあって、音源としてだけではなく家に飾りたいと思える点が魅力の1つであろう。そして購入者の特権でもある。

 

f:id:xxkanakoxx:20180314152631j:image

f:id:xxkanakoxx:20180314152632j:image

タワーレコード渋谷店〉

 

シングルで言えば前作ピースサインから約9か月ぶりのリリースとなるが、その間にアルバムBOOTLEGという名盤が世に放たれている。もうすぐ出荷30万枚とかなんとか。これに関してはとにかく買ってほしい。ちなみに4枚すべてのアルバムを揃えようと思っている方は、BOOTLEGから1枚目の「diorama」まで遡って聴くのが個人的にオススメです。

 

 

話を戻す。表題曲"Lemon"は今年の1/12から放送開始され、今週末最終回を迎えるTBS系列テレビドラマ「アンナチュラル」の主題歌となっている。米津さん自身テレビドラマへの楽曲提供は今回が初となったが、ドラマの制作陣に愛された使われ方をしていたのが1ファンとしては非常にぐっときた。

実際購入に訪れた際も他のCDを購入していた女性2人組がコーナーの前で立ち止まり、「わー!Lemonだ」「アンナチュラルやばいよね」「曲自体もかかるタイミングも良すぎる」などと会話していたのを盗み聞きし、どういうわけか筆者が誇らしげにほくそ笑んでいた次第である。

 

 

さて、収録曲について。

表題曲の"Lemon"は、先述の通りテレビドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろされた楽曲。人間誰しもが辿り着く「死」と向き合い、死者に向けて束ねられたレクイエムのような作品。

"amen"のようなサウンドに合わせてもまったく違和感のない「死」という重厚なテーマをポップミュージックに乗せ、どこか美しいもののようにすら捉えられるところが米津曲らしいし、ドラマの登場人物とも同じ方向をむいている。

作曲期間中に御祖父様が亡くなられたとのこと。オーダーにそって頭を捻っていたところその「死」が彼自身に現実として降りかかった上で作られたということを考えると、レモンのように酸っぱく、苦く、かつ爽やかな、不思議な感覚が自分の中を流れていく。

どこか遠いことのようであっても生きている間は常に隣り合わせである「死」というものを、忌み避けるのではなく慈しむ心も必要かもしれない。

 

 

カップリングは"クランベリーとパンケーキ""Paper Flower"の2曲。前者は「YANKEE」期のサウンドと洗練された気だるさが絡み合った、色気のあるレトロな楽曲。ビルボードで聴きたい。

後者はお得意の陰鬱自虐曲。でもこの音色、個人的には「BOOTLEG」を思わせる。どこか飄々としていて、現状を客観視している彼自身が投影されているかのようだ。

方向が全然違う楽曲たちでお腹いっぱいだ。米津シングルらしい組み合わせで構成されている。

 

 

そして1形態だけ贔屓させていただくと、映像盤は是非購入してほしい。なんと言っても米津玄師初の映像作品なのである。1/10に行われたツアー「fogbound」のファイナルである武道館公演の模様が収録されている。

この公演は筆者も訪れたが、改めて自分の音楽概念を大きく揺るがされたライブだったと思う。

収録曲が絞られているのは武道館公演の記事にも書いた通り歌詞飛ばしたりいろいろあったからだと思っているけれど、そもそも米津玄師はまだそんなにライブもツアーもやっていない。しかも以前は1ツアーの公演数が1桁のときもあったので、場数という意味では多いとは言えない。そんな中でも映像作品を出してくれるだけで嬉しい限りだ。改めてアクトを観て鳥肌が立ちっぱなしだった。

場数を踏んでいないとはいえ、歌の安定感は相変わらずだ。ライブにまだ足を運んだことがない人も是非観てほしい。あの日だけのスペシャルコラボもしっかり収められている。

 

 

若者だけではなく幅広い世代を魅了する27歳。「BOOTLEG」のディスクレビューで同じことを言っているライターさんがいた気がするけど、米津さんの勝負するフィールドに良くも悪くも敵がまったくいない。一人勝ち状態である。それどころかどんどん後続を引き離しているのが目に見えてわかる。今回のシングルだってその大きな一歩だ。

以前米津さん自身が「男性ソロアーティストと言えば米津玄師と言われるようになりたい」と欲もチラつかせていたけど、そう遠くない未来にその世論が見える気がする。

 

彼が音楽史を塗り替えていく、その瞬間に生きていることが何よりも嬉しい。

TSUTAYA×UNISON SQUARE GARDEN「PLAY IT LOUD」@SHIBUYA TSUTAYA O-EAST

※この記事内ではトークの記述が多々ありますが、筆者の微かな記憶から書き出したものであるためすべてニュアンスで書いております。雰囲気だけでも味わっていただければ幸いです。

 

 

f:id:xxkanakoxx:20180220143051j:image

一昨日も訪れた覚えがある。しかしサーカス集団は既に次の会場へ向かっている。

渋谷のこのあたり、同系列含めまあまあライブハウスあるのに全く同じ会場なの笑う。

 

2/19、TSUTAYAの企画「PLAY IT LOUD with UNISON SQUARE GARDENに行ってきました。先日リリースされたUNISON SQUARE GARDENの7thアルバム「MODE MOOD MODE」の購入者から抽選で、というなんとも切ないシステム。今回は1チケットにつき2名まで入ることが出来て、即ち当選者はイベントに1人だけ連れていくことが出来るわけです。

いつもイベントにいる人は大抵こういうのを協力し合える友達がいるなあと薄々わかってはいるんですけれども、なんせ友達を作るのが下手なわけで。仲良くしてくださる方は沢山いるんですけどまあ同行者に選んでもらえるほどではないので、自分で当てるしかないのです。今回は運が味方してくれて当選したため参加することが出来ました。

ざっくりレポートです。詳しいのが読みたい方は他の方のをご参照ください。記憶が薄くてすみません。

 

 

イベントの概要としては①「MODE MOOD MODE」をライブハウスのシステムで聴くメンバーが登場して収録曲の解説 と大きく2つのトピックがありましたが、詳しい内容は知らされていなかったのでとりあえず足を運ぶ。

入場は結構厳重で身分証確認もあり、なんとか入場。

 

入るとパイプ椅子が並んでいて、大きく下手・中央・上手と3ブロックに分かれている。中央ブロックの最上手前方に着席。ステージには3つの背なし椅子とペットボトル、上手側にはMC席。わたしが座った場所は向かって1番右側のメンバーとちょうど一直線のところで、誰の席だろうねとそわそわしながら開演を待つ。ちなみに開演前SEはOne roll, One romanceの音源でした。

 

 

19:30。暗転し、下手から見たことのある人が1人登場。ニッポン放送吉田尚記さん!思わず「あ!よっぴー!」と声が出る。客席からも歓声。

 

まずはよっぴーの自己紹介。ユニゾンとは旧知の仲であること、UNIMAGの会報担当の方がよっぴーのところのスタッフであること、今日がどんなイベントになるか不安だけど武道館の日もユニゾン縛りのDJイベントをやって盛り上がったことなど。

普段音楽を聴くときはイヤホン・ヘッドホン派か?自宅にオーディオシステムがあるか?もしくは自宅がライブハウスか?なんて問いかけも交えつつ、まずはアルバムの前半6曲を聴く。立つのはなし、サイリウムもなし、でも多少動いたり、曲間の拍手はまあ良しとしよう!みたいな確認をしてからよっぴーは一旦はける。

 

なかなか新鮮な景色。今思うとメンバーと一緒に聴きたかった気もする(贅沢)。

 

 

前半6曲を聴き終え、よっぴーが再登場。いよいよメンバーを呼ぶ。田淵→斎藤→鈴木、とライブとは違った順番。上手側からその順番に座ったため、わたしの目の前は田淵さんでした。

 

自己紹介。宏介さんが田淵さんに促す。

田淵「ご存知の方も多いかと思いますが、ベースの田淵でーす」
吉田「いや、ここに来てる人みんな知ってると思うよ笑」
斎藤「えーUNISON SQUARE GARDENギターボーカルの斎藤宏介です。今日は名前だけでも覚えて帰ってください」
鈴木「どうも、モフモフおじさんです」
斎藤「モフおじね」
鈴木「そう、モフおじ」
吉田「さっき会場入ってびっくりしたのがさ、おじさんがいたんだよ。いやこういうイベントって普通女の子が多いんだけど」
田淵「まあ僕らもおじさんですから。まあ誰に向けてやってるとかはないけど笑」
吉田「ユニゾンの3人ともずっと仲良くさせてもらってて、特に田淵とはね笑」
田淵「そうっすね笑」
斎藤「そこ2人会ってる回数多いでしょ。いつも違う話してるもん。分けるとしたらここ(斎藤田淵間で区切るジェスチャー)だよね」
吉田「確かに服装もちょっと似てる笑」
田淵「いやいや!笑」
吉田「こうやって服装だけ見ると3人同じバンドとは思えないね」

 

ちなみに本日の皆さんの服装はこれ。見づらいけど田淵さんのインナーはアップルクロック、貴雄さんはANIMISMでした。宏介さんの青シャツからたまに黒インナーがチラ見え。

f:id:xxkanakoxx:20180220225905j:image 吉田尚記Twitterより

 

斎藤「1番奇抜な服着てる吉田さんに言われたくないですよ笑」
吉田「貴雄くんも全身モフっとした感じで」
田淵「俺ずっと思ってたんだけどさ、鈴木くんのニットの人たちは何をしているの?」
鈴木「これですか?(ニットを見つめながら).....これはですね、わかりません。デザイナーさんに聞いてください。ただね、この上裸の人の乳首までちゃんと描いてあるの!」
斎藤「ほんとだ!!」
田淵「キュートだね」
吉田「イベント初っ端から乳首の話で盛り上がらないで!時間も限られてますから!笑」

楽屋トークみたいなゆるさ。

 

吉田「じゃあまず曲作りに関して聞いていきたいんですけど、ユニゾンって普段どうやって曲作りしてるの?作詞作曲はまあ田淵がやってるけど」

 今更だけどよっぴーの田淵呼びめっちゃ好き

田淵「基本的には俺が曲書いて簡単に打ち込みとかギターちゃかちゃかしてデモを作ってそれを持ってくみたいな」
吉田「え、待ってギター弾けんの?」
田淵「いや弾けるってほどじゃないんですけど簡単なコードだけはね。メジャーと、マイナーと、あとディミニッシュ(dimおさえる仕草)。この3つはいけるから」
吉田「でそのデモを聴いて2人は?どんな感じなの?」
斎藤「正直最初はよくわかんないですね。なんか普通に聴けないんですよ。っていうのも、デモを聴いてどうしたらもっとかっこよくなるかなとか、田淵がどうしたいのかっていうのを曲の奥の向こう側から読み取るってことををするので、そのときはいいか悪いかもわかんないですね」
吉田「なんかあれだね。脚本家と俳優みたいな関係だね」
斎藤「あーそうかもしれないですね」
吉田「貴雄くんは?」
鈴木「僕今日このイベントをやるにあたって田淵のデモ音源を聴いてきたんですけど、歌も田淵の声で入ってるんですよ」
吉田「あ、歌も入った状態で渡されるの?」
田淵「歌ってますよ?笑」
斎藤「裏声でね笑」
鈴木「そう。この声で『君の瞳に恋なんて〜』って歌ってるんですよ...やっぱり真ん中の人(宏介さん)が歌うから説得力があるんだなって思いますね笑。なんか、田淵は料理のレシピを作る人だと思っていて、完成された料理の絵は出来上がっているけど、そこに至る過程というか味付けは僕ら料理人の腕の見せどころだと思っていて。例えば塩のかけ方とか飾り切りの入れ方とかで工夫したり。塩も高い位置からかけた方が美味しくなるとかね」
斎藤「こうね笑」

リズム隊2人はMOCO'sキッチンみたいに高い位置から塩かけてたのに宏介さんだけ最終的にヌスラト・ガネーシュみたいに脇締めて振ってて笑った。


吉田「2人は詞曲に関しては口出したりしないの?」
斎藤「それはほとんどないですね。たまに『ここで息継ぎしないと人間は死んじゃうんだよ』って教えてあげることはありますけど」
田淵「書いてるとね、よくそういうの忘れちゃうんですよね笑。いやでもこの人も凄いんですよ。最初出来ないって言ってても、何回かやってくうちに出来てた!みたいなこと結構あるからね。でもそういう風に言われたときとかにすぐに対応できるようにはなりました。反復練習の成果ですね。昔なら『ちょっと一旦持ち帰らせてください』って言ってた。いつも『ここ斎藤くんに文句言われるかな〜』思いながらも入れちゃうんですけど笑、やってくうちに歌えるようになってて。やっぱり反復練習ですよね。すげぇってなります」
吉田「もはやアスリートですね、羽生結弦がここにも笑!レコーディングではやれてもライブでやるとまた違うの?」
斎藤「んーーまあでもレコーディングでできたらライブでは出来ますね」
吉田「しかもギター弾きながらやるんだよね。すごいな。ドラムも相当手数多いよね」
鈴木「もう17(歳)くらいの頃からやってるから、このバンドにいて自分が出来ることって何だろうって考えたらやっぱりドラムしかなくて、ってなったときに自分にしか出来ないことをやろうと考えた結果、手数が増えていった感じですね」
吉田「なるほどね。ドラムもそうだしベースもなかなか難しいよね?」
田淵「いやっ僕はそんなに...全然無理をしないので」
鈴木「何を仰る」
田淵「いや本当に、ベースに関しては無理しないです」

ベーストークになると途端に謙遜が入る田淵さん可愛い。貴雄さんが間髪入れずに否定してて、作曲だけじゃなくベースの実力も認めてるんだなあとほっこり。

 
吉田「ああ、あとそうだ、ずっと気になってたんだけど、ユニゾンの曲ってタイトルからつけるの?それとも曲が出来てからつけるの?」
田淵「うーんと、曲に関しては半々かな?書いてるうちに『このフレーズタイトルっぽいな』と思ってひょいと上げてやったり。あーでもタイトルから決めることはほとんどないんじゃないかな」
吉田「アルバムのタイトルも?」
田淵「アルバムはもう思いつきです」
吉田「思いつきなの?今回の『MODE MOOD MODE』は収録曲の中に2箇所くらいあったよね。さっき聴いてもらった中にも《モードなムード》。とあと...」
田淵「え?あとなんだっけ...あ、"Silent Libre Mirage"か」

ほう、田淵さんは"Silent Libre Mirage"は略さないのね、好きだわ、っていうただそれだけ。


田淵「でもアルバムのタイトルに関しては常に考えてますよ」
吉田「え、ずっと考えてんの?」
田淵「ずっと考えてますね。今ももう8枚目のアルバムのこと考えてますよ。散歩しながらとか考えるの癖みたいになってるから。次のアルバムはもうちょい空けたいなとは思ってるけど...。だからある瞬間考えて急に閃いたならそれは凄いのかもしれないけど、僕の場合は常に考えてますから、長いこと考えて出たものがそれっていうだけだから。ずっと考えて出た答えだから別に凄くはない」
鈴木「じゃあ田淵がトイレに入って便器に座った瞬間とか、羽田から飛行機乗るときの待ち時間に歩く歩道歩いてるときに思いついたかもしれないってことね」
吉田「なんで例えがそんな具体的なの笑。え、じゃあこのアルバムの中で1番最初に出来た曲ってどれ?」
田淵「曲で言ったら"オーケストラを観にいこう"かな。これは5年前くらいからあった。まだオーケストラとか全然付けない状態でレコーディングもそのとき確か1度してたと思うけどボツになったんだったかな。だからアルバムの曲で1番最初にレコーディングしたのは"Silent Libre Mirage"と"MIDNIGHT JUNGLE"ですね。これはDr.lzzyのツアーの時に録りました」
吉田「ツアーと並行して録ってたんだ。なんか今回のアルバム結構長いことかけて作ったんだよね?」
田淵「そうですね。なんか3曲ずつ分けて録ってましたね」
吉田「曲書くの大変じゃなかった?」
田淵「いやもうそれは全然。よく『レコーディング直前まで詞が書けなくてぇ』みたいに言ってる人いるけどそんなの怖くて絶対できない」
吉田「田淵はそういうのないんだ」
田淵「えっだってデモを渡す段階で歌詞も全部完成してるから、少なくとも僕はそんなことない」
吉田「田淵がこうやってどんどん曲作ってくるけど2人は休みたいって思うことないの?」
斎藤「いや、そりゃ休めるなら休みたいですよ笑。でも田淵が曲作ってくるからレコーディングしないと笑」
鈴木「ドラムは1番最初にレコーディングするので、1枚のアルバムでも最初の2日くらいで録り終わるんですよ。全体の5%くらい。だからばーっと集中して録って、あとの95%はこの2人に任せて旅行とか行ってました。後々レコーディングどうなってるかな?ってスタジオ覗いたりとかそういうの一切ないですから.....あ、でも1つ申し訳ないなと思ったのは、宏介にポリープが見つかって休むってなったとき、俺『1ヶ月休み貰えるな』って思っちゃったんだよね笑。だって宏介が手術する日の前日、俺イギリスにいたからね。宏介、あのときはごめん笑」
斎藤「いやいやそれは全然いいよ、貴雄が楽しかったならそれが1番。貴雄の人生は貴雄のものだから」
吉田「優しさなのか突き放してるのか笑」
田淵「大丈夫、怒るにも斎藤くんそのとき声出なかったから笑。電話しても『!!!』って言葉にならないからね笑」

 

吉田「さてちょっと時間が押し気味なので。さっき皆さんには6曲目まで聴いてもらったんですが、順番に1曲ずつエピソードとか話してもらっていった方がいいですかね。じゃあまずは1曲目、Own Civilization (nano-mile met)。これは何かありますか?」
斎藤「ユニゾンの曲のレコーディング順ってまず最初にドラムとベースを録ってその上にギターを重ねて歌入れって感じなんですけど、そうするとコーラスって最後に録るんですね。で僕の帰った後にコーラスが録られたんですけど、実は冒頭のギターの後に田淵のデスボイスが入ってるんですよ。今ちょっと聴けますか?」
田淵「まーじ?このイベントそんなこともできんの?」
吉田「すごいね笑。お、PAさんからOK出ました」
斎藤「ギターの直後に注目して聴いてください」

 

Own Civilization (nano-mile met)の冒頭が流れてる途中、デスボタイムを手で合図して教えてくれる宏介さん。ライブ以外で彼らと一緒に楽曲を聴ける日が来るとは。


斎藤「...わかんないよね笑」
田淵「これ最初はもっとわかるかわかんないかくらいのギリギリのところでうっすら乗せてたんだけど、エンジニアの人に最初のそれいいね!って言われて。いつもお世話になってる人だしそういうとき俺後に引けないからこのままになりました笑。
あとなんか最近コーラスにハマってて。コーラスつけるの好きなんですよ」
吉田「"MIDNIGHT JUNGLE"とか『もったいない』って言ってるもんね」
田淵「"君の瞳に恋してない"とかコーラス重ねてるんだけどライブで弾きながら歌えない笑。2Bが死ぬ」


吉田「2曲目"Dizzy Trickster"。これはどうでしょう」
田淵「ギター結構重ねたよね」
斎藤「今回結構使ってるからね」
吉田「何本ぐらい使ってるの?」
斎藤「アルバム全体では15本くらい使ってるんですけど、これをライブだと1本でやります」
田淵「"Dizzy〜"はライブだとどっち弾くの?パパパパッ?」
斎藤「パパパパッの方。うん、メインの方は弾けない笑」
吉田「貴雄くんどうしたのそんなニコニコして笑」
鈴木「いや、平和だなあと思って笑」

田淵さんは「Dizzy」って略すのね。そりゃそうか。パパパパッで意思疎通してたのが良き。


吉田「3曲目"オーケストラを観にいこう"」
田淵「これはタイトルにオーケストラとはいってるからオーケストレーション入れてみようっちゅーことで、10周年記念のときに出した『DUGOUT ACCIDENT』というアルバムに入ってる"アンドロメダ"という曲のアレンジをお願いした秋月須清くんという人に今回もお願いして、色々楽器を入れてもらいました」
吉田「これはライブではオーケストラとかどうするの?」
田淵「同期ですね。同期っていうスピーカーから音を流してもらいます。"シュガー〜"とかで鈴木くんがヘッドホンして流してるあれね」

雑誌のインタビューとかではお馴染みだけど、略すとすれば「シュガー」ですね。他のメンバーもそうだった気がする。

 

田淵「同期だとズルできるからね笑」
吉田「ズルなの?笑」
田淵「やっぱり音圧がすごいから。その分サボれる」
斎藤「同期に関してはこだわりがあって、自分たちの楽器の音は流さないって決めてますね」
田淵「あ、そうそう、自分たちの担当してる楽器は同期の音にいれない」
斎藤「ギターだったら同期ではギターの音は流さない、自分のこの1本だけでやるっていうこだわりはありますね」


吉田「次。"fake town baby"はシングルだからもう雑誌とかで話してるからいうことないのかな?」
斎藤「んー、あ、MVが炎が上がる中での撮影だったんだけど、火との距離が1mもないくらい近くて、そこで撮影してたらみるみるうちに田淵の顔色が悪くなっていって笑」
吉田「えっ?笑」
斎藤「もう酸欠になっちゃって。あと単純に熱いっていう。田淵が途中座り込んでるから『大丈夫ー?』って言ったら、『もう年かなあ?』って。『年じゃないよぉ〜火のせいだよぉ〜』って言いました笑」

グロッキー田淵さんをよしよしする宏介さん。

 

吉田「続いて..."せいひつかんびあきぐれじょじょう"」
田淵「おー、よく読めましたね」
吉田「歌詞であきぐれって言ってるもんね」
田淵「そう。あきぐれだけ僕の造語なんですけど」
吉田「単語の引き出し多いよね」
田淵「いや、引き出し少ないですよ僕。今回8曲目の"フィクションフリーククライシス"は差し替えたんだけど、そのアルバムに入らなかった曲が『春が来てぼくら』という3月にでるCDのカップリングに入ってて、その歌詞に《フィクション》とか出てきて。あと《バカ騒ぎ》だったかな...?(2人に確認)《バカ騒ぎ》かな、それも"fake town〜"だし(《もう驚天動地 バカ騒ぎ》)、同じアルバムに入ってたら引き出しないのバレるから。またこいつ同じフレーズ使ってるってなるからアルバムに入らなくてよかった笑。あと"フィクションフリーククライシス"は最初『(田淵歌い出す)なので誓いの口付けは〜?限りなくたおやかな、"革命のその後で"』だったっけ?(斎藤に確認)」
斎藤「うん、革命のその後でだった」
田淵「でその歌詞にしてて『斎藤くん見て!これめちゃかっけぇ!ってなってたけどよくよくみたら"静謐甘美〜"の《目覚めのその後で》とめちゃ被っててこれやべぇ引き出し少ないのバレるって思って差し替えました笑。これはレコーディング前なのでセーフ笑」

 

吉田「"Silent Libre Mirage"」
田淵「"Silent Libre Mirage"はサビにシンセを入れてるんだよね。これは"Invisible Sensation"でもやってる手法で、シンセだけど電子音みたいに聞こえない、ギターを重ねてるように聞こえる音にしてる」

 

吉田「後半の6曲、まだ皆さんはこれから聴いてもらうんですけど、もし聴いて欲しいポイントとかあれば」
斎藤「後半ってなにあったっけ」
田淵「え、"MIDNIGHT JUNGLE"から」
斎藤「あ、そうそう、"MIDNIGHT JUNGLE"は、冒頭《大いなる》って歌詞があるんですけど、『あ、おーいなる』って歌ってるんで是非そこ聴いてもらえれば笑」
吉田「へえ!ボーカリストの人は母音のどちらに重きを置くかとかかなりこだわってますよね。森山直太朗さんとか」
田淵「あの人hの発音強いよね!『ぼぉ〜〜(歌まね)』」
田淵さん歌まねレパートリー多いな本当に。

 

吉田「さっきも少し触れたけど"フィクションフリーククライシス"」
斎藤「これはドラムじゃない?」
鈴木「えードラムかなあ笑。あのードラムって2本の腕と2本の足で叩くんですけど」
吉田「そりゃそうでしょう。イカじゃないからね笑」
鈴木「普段は部屋のあちこちにマイクを置いて、例えばあっち(下手側を指さして)に置いたりこの辺の近くに置いたり。なんだけど、今回はスネアならスネアとか、それぞれの太鼓にマイクを一つずつおいて。音の聞こえ方も太鼓の内側と外側だったり上と下では聞こえ方が違うから。マイクも遠ざけたとき(マイクを遠ざける)だとぼんやり聞こえるけど近いと(口元に近付ける)はっきり聞こえる。それを1打ずつ録音して繋げる、という方法をとりました。なんか宇宙人ぽく聞こえたらいいなと思って」
田淵「バスドラムだったらバスドラム、スネアならスネアってね」
鈴木「そう。あ、あと今回は曲間の秒数にもかなりこだわってるのでそこにも注目してほしいですね」
田淵「そうね。"フィクションフリーククライシス"から"Invisible Sensation"への繋がりはかなりこだわっていて、というのも"Invisible Sensation"のために"フィクション〜"を作ったから。"フィクション〜"のデモの段階ですでにInvisibleの冒頭を入れて渡してたからね。ここはこう繋がるから!って」


吉田「"夢が覚めたら (at that river)"はどうですか?」
田淵「もう"夢が覚めたら"?!そうか...。この曲は単純にすごくよくて、中でも1Aとサビ...じゃなくて2Aの終わりかな?のコードが違うのがめちゃかっけぇと思ってたんだけど、それが上手く斎藤くんに伝わってなかったみたいで、レコーディングして確認してみたら同じコード弾いてて、申し訳ないけどここはお願いして録り直してもらいました」
吉田「斎藤くんその時どう思った?」
斎藤「いや、正直めんどくせーなって思いましたけど、いい曲レコーディングするためなんで笑」


吉田「"10% roll, 10% romance"はシングルだからもう話すことないですか?笑」
田淵「"10%〜"はね...シングルだからってめちゃ音盛ったよね」
斎藤「盛ったねえ」
田淵「だから初めてライブでやったときとにかく酷かったと思います。ツアーより前か。イントロギターも単音だから心許ない感じで笑」
斎藤「ライブだとギター1本なので、ギターの音にハモりがつくエフェクターを前回のアルバムから使ってまして」
田淵「そんな最近だっけ?」
斎藤「うん。あれ?前々回かな?」
吉田「斎藤くんの足元のボタンもどんどん増えてってますよね」
斎藤「そう...ですね。もう最近はそのハモりをつけるエフェクターがないと成立しないですね」

 

吉田「そしてラスト"君の瞳に恋してない"」
斎藤「これいいよね」
田淵「いいよね」
斎藤「これは最近ライブで演奏してるんですけどいいですね」

田淵さんよりも先に宏介さんの口から「これいいよね」と出たのが印象的。


吉田「これはタイトルから普通の人は戸惑いますよね。ウケ狙いなのかなって。ユニゾンに慣れてる人は田淵っぽいなとか思いますけど」
田淵「というのは?」
吉田「いや、"君の瞳に恋してる"っていう曲あるじゃない」
田淵「あー、それはサビの歌詞書いてて『これはいいぞ!』って思って付けただけなので。狙ってるつもりはないので、そうとられたらそれは語弊がありますね」
吉田「アルバム全体見てもそうですけど、昔の歌詞が織り交ぜられていたりとか、見る人が見ればわかる!みたいなのもいいよね」
田淵「僕辻村深月さんっていう小説家さんの本をよく読んでて、辻村深月さんの小説みたいな、1個前の小説の登場人物がポロっと出てくるみたいなの大好きなんですよ。だからそういう遊びも持たせられたらなと」

伊坂幸太郎さんもそうじゃーん!最近田淵さんあんまり伊坂さんの話してくれない


吉田「以前スフィアっていう田淵さんが楽曲提供されたシンガーの方が僕のラジオにゲストでいらしたんですが、そのとき田淵さんの歌は歌ってて口が気持ちいいと言ってました」
田淵「おー。基本的に僕歌詞に意味はもたせなくていいと思ってるので、なんかメロディと語呂が合っててそれひっくるめていいなってところが大事だと思ってて。だからこの歌詞にはこんな思いを込めました!みたいなタイプの人は見てて大変だなと思いますね」
吉田「あー、ここがミュージックステーションじゃなくてよかった笑」
斎藤「僕も田淵の思いが詰まった歌なんて気持ち悪くてどんな気持ちで歌ったらいいかわからない笑」

棘の中に愛がある。

吉田「そういえば最近田淵はライブでハンドスプリングしてる?」
田淵「いつからかやらなくなりましたねー。最近やってないですね」
吉田「何でやらなくなったの?」
田淵「最近いいセトリを組むとかそっちの方が楽しくて。やる必要がなくなったので」
吉田「そういうものなんだ笑」

 

ひとまずメンバー退場。後半6曲が流れて再びよっぴーとメンバー登場。ペンギン歩きでやってくる田淵さん。


吉田「たくさん喋って頂いたので、文字通り押してまして笑」

田淵さん何度も腕時計を見る

吉田「最後に一言ずつ頂く感じにしようかと思いますが...じゃあ最初は貴雄くんから。田淵だと長くなりそう笑」
田淵「そんなことないっすよ。140文字でおさえます」
斎藤「いやあなたもうツイッターやってないでしょ笑」
鈴木「えーと、ドラムという楽器は前に出るものでもないし、地味だし、ドラムなんて聴いてないって人もいるかもしれないですけど、聴いてくれた人があの人楽しそうって思ってくれたり、見たことによって元気が出たりしてくれたらいいし、そうでなくてもいいし、でもそう思ってくれたらいいなというか、全然140文字じゃ収まってないですが、今日はありがとうございました」
斎藤「最後まで帰らず残っていただきありがとうございます」
吉田「いや本当に、今日誰も帰ってないんじゃないかな?」
斎藤「ありがたい。ミュージシャンのこだわりというのはあまり理解され難いもので、それが伝わらなかったりするのがジレンマでもあるんだけど、この場にこうして帰らずに皆さんが残ってくれたということは少しでもそのこだわりに興味を持って聴いてくれたという事なので、それが嬉しいです。こうやって頑張って作った
アルバムの後にはツアーというご褒美が待ってますので、またそこでお会いしましょう」
吉田「じゃあ田淵」
田淵「いやーこのイベント最初は半信半疑だったんだけど、半信半疑っちゅーか、どうなのかなと思ったりもしたんだけど、やってみたらとても良かったんじゃないですかね。こう普段あまり喋らないけど、こういう場だとついつい口が軽くなって喋りすぎちゃうというか。二日酔いで来ても怒られない」
斎藤「え、二日酔いだったの」
田淵「いや違うけどね」
鈴木「だからか!今日昼間にこれの打ち合わせがあったんですけど、田淵が妙に静かだなと思って」
田淵「あれは意図的に静かにしてたの、ほんとに。えーと本日はお越しいただき誠にありがとうございました。またライブとか見たり、曲聴いてもらえたらと思いま一す」

拍手後もその場に留まる3人


吉田「このままここにいると僕がTカードの説明してるのを聞くことになるけど笑」
斎藤「じゃあ帰ります笑」
鈴木「そう、Tカード僕らもいただいたんですけど、僕の顔だけ上の方にあって、これ財布に入れるとちょうど僕の顔だけ出るんですよ。財布に入れてたけど自分と目が合うので抜きました。それが皆さん540円でできます笑」

自分のTカード財布に入れてたの可愛い。

吉田「今日は皆さんTSUTAYAの抽選で当たってきてるので全国からいらっしゃってるんですよね。北海道・九州の人?流石にいないか?...って最後にやることでもないですけど笑」
田淵「全員23区だったりして笑」
斎藤「そんなに区民いないでしょ笑」


メンバー退場。斎藤さんがはけ際に両手振ってた

よっぴーTカードの説明
吉田「メンバーがたくさんお話してくれたこともあって時間がかなり押してるので、来てくれたお客さんにこんなこと言うのもアレなんですが、Tカード作る人以外はさっさと帰ってください笑」

 

 

満足度高すぎるイベントでした。

田淵さんはずっと足バタバタさせたり落ち着かない様子で、宏介さんは足閉じて話してる人を向きながら相槌していて、貴雄さんは足組んでじっと話聞いてた。三者三様でいいなあ。

 

MCによっぴーを選んだ方に拍手をおくりたい。彼らを熟知しているからこそ引き出せたワードもたくさんあったと思います。よっぴーありがとう。

 

制作エピソードは雑誌やサイトのインタビューでも聴けるけど、実際に音楽を聴きながらしかもメンバーの口から直接聴けるなんて、こんないい機会なかなかない。曲を聴ける環境だからこそ話してくれた内容も多かっただろう。

 

抽選というのがエグいなと何度も思ったけれど、機会があればまたぜひ訪れたい。願わくば田淵さんのデモ音源も聴きたい。

ありがとうございました。

 

A FLOOD OF CIRCUS 2018

"A FLOOD OF CIRCUS 2018"
お待たせお待たせ
いよいよやります
おいでよサーカス
「俺達の手で、1日で楽しいこと全部やる」
a flood of circle流のフェスティバル
a flood of circle流のロックンロール・サーカス
まじで超楽しかった"A FLOOD OF CIRCUS 2016"で
完全に味をしめたんで今回もやばい面子を約束します
あの最高の1日がまたやって来るんだよ
めちゃくちゃ楽しい場所を用意しとくから好きに楽しみ尽くしてください
年に1度のお祭り騒ぎをしよう
A FLOOD OF CIRCUS2018"
よろしくどうぞ

佐々木亮

A FLOOD OF CIRCUS 2018

 

f:id:xxkanakoxx:20180218135548j:image

来たるは渋谷。対バン形式で各地をまわった「A FLOOD OF CIRCUS 大巡業 2018」を経て、いよいよTSUTAYA O-EASTである。

 

 

出場者発表前の先行でチケットを入手したため、100番台で入場。O-EASTもついにD代¥600かあ。BIGCATも値上げしてたし、段々と¥600時代がきてますね。

f:id:xxkanakoxx:20180218135608j:image

f:id:xxkanakoxx:20180218135626j:image

 

中に入ると今にもサーカスが始まりそうな空間が広がっていた。

天井に張り巡らされたフラッグ。妖しく光る花型の電球。そしてディズニーの暗いところでかかっていそうな開演前SE。コンセプトがしっかりしていて好きすぎる。

 

 

16:30になると佐々木亮介が下手から1人マイクを持って登場。相変わらずの革ジャン。相変わらずのイケメン。「A FLOOD OF CIRCUSをこれからもっと広げていきたい」と熱く語るSSK。どんどんやってくれ。先はどうであれ、彼が言うと楽しい予感しかしないんだ。

軽く挨拶してはける。

 

 

f:id:xxkanakoxx:20180218132044j:image

サーカス1組目はSIX LOUNGE。今日出演する中で唯一初めて観るバンド。曲一通り聴いてみて結構好きだったのですごく楽しみにしてきた。

古く泥臭い正統派ロックンロールバンドのイメージがあるけど、彼らなんと1996年生まれ。ベースのイワオリクは1997年生まれ。全員年下。

AFOCとの付き合いはここ数年らしいが、大巡業と今回、両方招かれている唯一のバンド。ナベちゃんが上手袖で彼らのアクトを眺めていたけど、なんとも楽しそうだった。

好きなアーティストでもそうでなくてもギター鳴らしながらMCするのが苦手なのでそれだけは申し訳ないけれど、アクトは結構好きかも。肩出しベーシスト、コーラス上手い。

「(イベントの)最初から来てくれてありがとう」と会場を見渡すメンバーが印象的だった。彼らのこれからに大いなる期待を寄せて。

 

〈SIX LOUNGE セットリスト〉
01.俺のロックンロール
02.STAR SHIP
03.ふたりでこのまま
04.メリールー
05.大人になる前に死んでやる。
06.プラマイゼロ
07.トラッシュ
08.僕を撃て

 

 

f:id:xxkanakoxx:20180218132315j:image

AFOCの佐々木亮介(Vo.&G.)、DOESのYasu(B.)、爆弾ジョニーのキョウスケ(G.)、go!go!vanillasのジェットセイヤ(Dr.)の4人からなるバンド。このHosomesというのはHISAYO姐さんが命名したらしい(佐々木談)。しかし姐さん、糸くずはひどいよ(腹筋いたい)。

今日はメインのElephant STAGEと上手サブのTiger STAGEに分かれていて交互に使用していたので、The HosomesはTigerでのアクトだった。カーテンかなにかで完全に仕切られるのかなとか思っていたけど、同じフロアで両方観ることのできる仕様だったのが嬉しい。

各バンドの曲とオリジナル曲を織り交ぜつつ、ロックンロールの時間を提供してくれた4人。セイヤさんが「2階からダイブしてみろよ!出来るもんならな!」って煽ってて笑った。

DOESはアツすぎる。

 

〈The Hosomes セットリスト〉
01.Theme Of The Hosomes / The Hosomesのテーマ(新曲)
02.Ready Steady go!go! (go!go!vanillas)
03.電撃バップ(ラモーンズ)
04.修羅(DOES)
05.細目が好きな女の子(新曲)
06.終わりなき午後の冒険者(爆弾ジョニー)
07.インスタントジャンキー(新曲)
08.The Beautiful Monkeys(a flood of circle)

 

 

f:id:xxkanakoxx:20180218132348j:image

AFOCとUSGを除いては個人的MVPアクトの髭。観るのはピロウズとのテキーラファニバニ以来かな。"ストレンジカメレオン"のカバーやってくれたっけなあ。

一段上がったところで観ていたのだけど、フロアの皆さんが本当に思い思いにのっていて痺れた。特に髭メインで来たと思われる方々、のり方上手すぎる。

「イベントでも新曲披露出来るバンドなんてなかなかいないよ!仮タイトルは謝謝(シェイシェイ)ってことで。おそらく間違えるけど」なんていいながらめちゃめちゃかっこよかった新曲。リリースも近いようなので楽しみにしたい。

「もし今後イベントをやるようなことがあったら今日の出演者全員呼びたい」って言ってたね。いつか実現しますように。

須藤さんニルヴァーナ通ってる感じした。今日聴いた感想なので本当かどうかはわからない。

 

〈髭 セットリスト〉
01.もっとすげーすげー
02.ネヴァーランド・クルージング
03.黒に染めろ
04.S.O.D.A.
05.DEVIL'S ODD EYE
06.ロックンロールと五人の囚人
07.謝謝 (仮タイトル、新曲)
08.テキーラテキーラ

 

 f:id:xxkanakoxx:20180218132424j:image

髭のあとが「NEOかわいい」この4人でよかった。個性に負けない更なる個性。

奇抜なのにかわいい、面白いのに上手い、みたいなのは水曜日のカンパネラコムアイちゃんに通ずるところもあるのかな、と思った。

"ボーイズ・セコ・メン"前の喋り、壁ドンならぬ「wallドン」がめっちゃウケてたなあ。マナちゃんユウキちゃんの掛け合いも絶妙。"ぎゃらんぶー"ではマナちゃんがブーイングを煽る。「手の角度は120度!...おしゃれメガネとヒゲはこういうの大抵やらないんだよね。ほらお前やぞ。見えてんぞ」は笑ったけど、やってなくてもまあ許してあげてほしい笑。

ユナちゃんによる吸水性の良さを訴えるタオル紹介が良すぎた。

 

CHAI セットリスト〉
01.Sound & Stomach
02.ヴィレヴァン
(アルバム「PINK」の宣伝)
03.ボーイズ・セコ・メン
04.N.E.O.
05.ぎゃらんぶー
06.sayonara complex

 

f:id:xxkanakoxx:20180218132513j:image

イベントのレポ書くときUNISON SQUARE GARDENについて少しだけ熱量上がってしまうのは許してほしい。

 

・服装
斎藤:肩から腕にかけて黒のシャツ、黒ネクタイ、黒スキニー
田淵:ScopeMoonTシャツ、グレーパンツ、黒リスバン、オレンジ紐靴
鈴木:白刺繍セットアップ、fake town babyTシャツ、バッジ×2

 

貴雄さんがカウントからニコニコしてたけどまさか"MIDNIGHT JUNGLE"やるとは。既に「Dr.Izzy」ツアーでやっているから初披露ではないけど、音源化してから聴くとまた感慨深いものがある。"ミッドナイト・クローラー"繋がりなのか、髭の"テキーラテキーラ!"に引っ張られてなのか、単にSSKのリクエストなのか、わからないけどわからないままでいい。

 
斎藤「UNISON SQUARE GARDENとフラッドオブサークルは、最近ファンになったっていう人も多いと思うんですけど、もう10年以上の長い付き合いで。学生のときから知ってたかな?お互いが大学生だったかそれくらいの頃からの仲なんですけど、当時佐々木くんがバイトしてたフレッシュネスバーガーにもお邪魔して、『(SSK風のダミ声で)おはようございます!冷たい泥水のコーヒーください!』って冷やかしたりしても優しく『お待たせしました、アイスコーヒーです』って答えてくれて笑。

えー今日は楽しませてもらいます。次は新曲やります!」

田淵さん爆笑。いつも宏介さんはバンド名のaとかtheとかちゃんと言うタイプだけど今日はフラッドオブサークルって言ってたな。

泥水のくだり笑った。"泥水のメロディー"とかけてるんだろうけど、こういうセンスが好き。個人的な話だけど2人とも小学校の先輩なので、彼らのエピソードが聞けて嬉しい。

 

"君の瞳に恋してない"の田淵さんめっちゃ好き。思わずわたしも口パクしてしまう。最近で一番の笑顔を見てしまった。宏介さんのギターソロににこにこしながら寄ってくのも可愛い。

 

フラッドが用意してくれたステージだからこそ3人とも楽しそうに、かついつも通りの無敵感を放ちつつやっていたけど、フラッドに寄りすぎないアクトをしてくれて本当に安心した。2つとも好きなバンドだけど、そんなに馴れ合いは見たくないし独立した「好き」でありたい。ピロウズに対しても同じで、ユニゾンが好きだから好きになったなんて思われたくないっていう妙な意地があるんだよね。心配せずとも距離感の取り方はわかっているだろうけど。

 

UNISON SQUARE GARDEN セットリスト〉
01.Silent Libre Mirage
02.カラクリカルカレ
03.10% roll, 10% romance
04.MIDNIGHT JUNGLE
05.マスターボリューム
06.君の瞳に恋してない
07.天国と地獄
08.シュガーソングとビターステップ

 

 

f:id:xxkanakoxx:20180218132617j:image

兄弟を含むスリーピースロックバンド。ドストレートなロック、尖った歌詞、しゃがれた歌声...SSKめっちゃ好きそう。個人的には"Stand by you"が好きなんだけど、あんな風にポップで伸びやかでわかりやすい言葉で綴られたナンバーもめちゃめちゃ似合ってると思うし幅広く出来る人達なんだなあというチープな感想。

「順番が遅え!酒が飲めねえ!意外と真面目だからさ...やる前は飲まねえんだけど、でも今日はかっけーやつらがいっぱい出ててすげえ楽しんでた。これでギャラも貰えて超最高!」で笑った。素直でよろしい。

"20000V放電"聴きたかったので嬉しい。タイムテーブル発表されたときはユニゾンとフラッドに挟まれるなんて!と思ったけど、これもサーカスだからなせる技。わたしがもしバンドやってたら絶対挟まれたくないけど笑、彼らは本当にかっこよかった。

途中ジェットセイヤさんがダイブしてたなあ。

 

〈Large House Satisfaction セットリスト〉
01.BREACH
02.Phantom
03.ニヤ
04.トワイライト
05.Traffic
06.20000V放電

 

 

f:id:xxkanakoxx:20180218132654j:image

さて主役の登場。スペシャアプリなどで生配信してたみたいですね。

Twitterにも少しだけ書いたけど以前フラッドのライブをメインで行ってた時期がありました。いつだったか覚えていないけど(正確には覚えてるけどあまり思い出したいものではない)。日本に帰って来るか来ないかくらいの頃。当時は亮介さんって呼んでた。

あまりライブに行きたくなくなったのは、SSKの元を離れていく人が多すぎたから。そんなことで?って思うでしょうけども、メンバーが変わらないということに安心を覚える人間なので同じバンド名でもホイホイ変わられるとつらい。BUMP OF CHICKENUNISON SQUARE GARDENに安心して付いていけているのはそういう理由もあるかもしれないなあ。

だからまあまあ最近までHISAYO姐さんもナベちゃんもいつか離れていくんだろうなと思ってしまっていたし、テツだっていつ変えられるかわからないと思っていた。今考えると失礼な話だけど。

だからもう急にサポート入れるとか見たくなくて、しばらくは音源だけ追ってたまにイベントで観るというスタンスを取ってました。ほぼ空白のようなものです。

久々に観たフラッドはわたしの記憶と大きく違うところがあった。SSKの周りにたくさんの人がいた。それは姐さんナベちゃんテツもそうだし、今日の出演者もそうだし、お客さんもそうだし、スタッフさんもそう。「今がベスト」とはまさにその通りだと思う。

 

ライブ初聴の"ミッドナイト・クローラー"、すごく良かった。「今日の出演者の人が〜」なんて言ってたけどほとんどの人知ってるよ笑。フラッド節にユニゾンのエッセンスがかかってる感じはやはり互いを熟知している証拠。雑誌やサイトの対談も読んでいたこともあり、胸の熱くなるナンバーだった。

 

そしてテツの加入。アルバムのタイトルがまた「a flood of circle」だし、4/7に発表されるんだろうなと思っていたら、とんでもない場面に出くわしてしまった。

佐々木「テツ入ったのいつだっけ?」
テツ「2016年とかじゃない?一般公募で」
佐々木「もう2年か.....入る?」
テツ「軽いよ〜〜〜〜!入るよ〜〜〜〜〜〜〜〜!」

あのときの姐さんの表情が印象的だった。一生忘れないと思う。テツの加入宣言で爆泣きしてしまった。アンコールあまり覚えていない。テツがコーラスもギターも音外しまくってたのだけは鮮明。嬉しかったよね、そうだよね。

 

リズム隊はちゃんとコミュニケーション図ってね。これでもまだワンマンに行く勇気は出ないのだけど、落ち着いたらまた行こうかな、なんて考えている。いつになるかわからないけど。

 

a flood of circle セットリスト〉
01.フェルディナン・グリフォン・サーカス
02.Dancing Zombiez
03.泥水のメロディー
04.NEW TRIBE
05.Honey Moon Song
06.ミッドナイト・クローラー
07.Black Eye Blues
08.Flayer's Waltz
en.
09.Blood & Bones
10.ベストライド

 

 

写真撮るの忘れたけど2階で売ってた「鶏とうずらとゴボウのマウンテンカレー」が想像以上に美味しかった。具はしっかりごろごろ、ご飯もあったかくて、ルーの辛さも絶妙。Dr.Curryと比較しても今日のカレーに軍配ですな。ご馳走様でした。

 

 

 

f:id:xxkanakoxx:20180218174202j:image

f:id:xxkanakoxx:20180218174215j:image

アルバムのジャケットこれになるらしい。楽しみ。

 

 

全てのアクトの満足度が本当に高くて最高のイベントでした。a flood of circleありがとう。

 

 

 

ショーを終え、テントをたたみ、仲間を1人増やしたサーカス集団は次の旅に出る。

 

V.A. イズミカワソラトリビュートアルバム「タイムカプセル」

f:id:xxkanakoxx:20180213151542j:image

2/14、イズミカワソラのトリビュートアルバム「タイムカプセル」がリリースされた。1998年の今日、「等身大の地球儀」でデビューした「泉川そら」。オールカタカナ名義になり、気付けばデビュー20周年。記念として初のトリビュートアルバムが作られることになった。ソラさんリリース&20周年&お誕生日、おめでとうございます!

 

わたしがソラさんを知ったのはもちろんUNISON SQUARE GARDENのライブSEに"絵の具"、FCライブSEに"サイボーグ99%"が使用されていたからであるが、知れば知るほど彼女の内なる魅力に引き込まれていった。

ヒイズミマサユ機...じゃなくてH ZETTRIOイベントもよく一緒にやっていた花*花jizue直枝政広(カーネーション)サカノウエヨースケ&ソラさんの在籍していたバンドSPIRAL SPIDERSHiroshi Nakamura (i-dep) + MASSAN (from MASSAN×BASHIRY)吉田ゐさお (Jungle Smile)・日之内エミ、そして鈴木蘭々フジイケンジ(The Birthday)、鈴木秋則(センチメンタル・バス)、河相我聞、松本祐一らによって結成されるユニット・鈴木組本当に豪華なトリビュートになった。

素人目線で非常に恐縮ではあるが、今回はUNISON SQUARE GARDENの関わった3曲に少しだけ焦点を当てることにする。

 

 

 

✼サイボーグ99% / UNISON SQUARE GARDEN

f:id:xxkanakoxx:20180214191021j:image

先述の通り、2015年に行われたUNISON SQUARE GARDENのFCライブ「UNICITY Vol.1」と2016年に行われた「UNICITY Vol.1.5」の入場時SEとして使用された。

めっちゃやりたい放題でにやけてしまう。感覚としてはthe pillowsのトリビュートで"Fool on the planet"のカバーを聴いたときの感覚と似てる。コーラスの田淵感が強くて好き。《「操」ほうばって》の上コーラスとかね。

いつか宏介さんの歌声で聴きたいなと思っていたので嬉しい。

 

 


✼ソラまで / イズミカワソラ (music by 田淵智也 (UNISON SQUARE GARDEN) )

「ソングライター田淵智也のこういうところが大好き」が詰まった楽曲。ソラさんの20年を振り返り、メモリアルイヤーへの花束のようなナンバーとなった。

田淵さんお馴染みの、そのアーティストの楽曲を本当に愛しているからこその歌詞がふんだんに織り込まれている。

 

《等身大の地球みたいなパノラマから始まって》

→"等身大の地球儀"より。ちなみにUNISON SQUARE GARDENの"等身大の地球"がこれのオマージュというのはファンの中ではよく知られた話。

 

《快速電車に乗ったり 普通電車に乗ったりして》

泉川そら名義で出した"普通電車にのって"より。《お気楽極楽だけじゃない あれやこれやを駆け抜けた》もそうだけど、20年の軌跡を表しているようで好きなフレーズ。

 

《そんなんばっかじゃやっぱり本当の絆はできないね》

→これは少しこじつけっぽいけどヒトミソラというユニットで出した"KI-ZU-NA〜遥かなる者へ"かなあ。田淵さんもたまに「何?絆?ケーアイゼットユーエヌエー?絆?」とか言ってたよね。内輪のラジオだけど9mmの話とかで。

 

《ビルの隙間でさまよってるため息たちも》

→ビルは後にも出てくる"ヤッホー!"の《冷たいビルに飲み込まれ》かな、ため息は"ロケットで"の《あー自己嫌悪 ため息がぐるぐる回る》かな、っていう邪推。

 

《一つ一つ名前持ってるんだから》

→"たった一つの窓"という曲に《1つ1つ違う光》という歌詞があります。

 

《声高らかに響かせようね あの山の向こうまで、ヤッホー!》

→先述の"ヤッホー!"。「ーしようね」とかもソラさんぽい。

 

《僕は僕のペースでチャンスの種をつかむ》

→トリビュートにも収録されている"tu-la-la"の《"チャンスの種"咲きますように》ですね。この曲好き。

 

《何回だってやりなおせる はがねの心の持ち主》

→"はがねマシーン"だ!四字熟語が多く出てくる感じ、田淵さんと同じ空気を分かちあってる感ある。

 

《憂鬱がこぼれる朝も500ぐらい迎えたりして》

→これは気付ける"500の朝"。

 

《サイボーグほど強くはなれないけど なんとか生きてる》

→"サイボーグ99%"。カバーも原曲もそれぞれ好き。

 

《神様がそっと置いてった新しい命も ちゃんとちゃんと寄り添うから よろしくね》

→"神様がくれた日"。歌詞にある《神様がくれた記念日》はまさに2/14のことだと思うし、《ありったけの「ありがとう、そして これからも…」》をソラさんに贈りたい。

 

《昨日の理想が今日砕けちゃっても》

《今日までの感情が明日を作るから》

UNISON SQUARE GARDENとソラさんの関連深い"mix juiceのいうとおり"の二節がそのまま入ってる。しかもこれ、歌ってみるとわかるのだけど、メロディが違うだけでリズムも同じ!ユニゾンでいうと"スカースデイル"と"パンデミックサドンデス"みたいな関係。ユニゾンのファンも置いていかない、田淵さんの得意技。

 

他にもあるのだろうけど、一聴目で気付けたのはこれくらい。あくまでもわたしはこう思ったってだけなのでご自由に。

ギターが新井弘毅、ベースが田淵智也、ドラムが鈴木浩之、これだけでにやける。しかし田淵さんからの花束、本当に素敵な曲だなあ。

 

 


✼絵の具 / 斎藤宏介 (UNISON SQUARE GARDEN)

f:id:xxkanakoxx:20180214191238j:image

UNISON SQUARE GARDENにはお馴染みの、あのライブSEである。

 

斉藤になってる...!

f:id:xxkanakoxx:20180214170723j:image

「ユニゾン」の意味としてはこっちの方が合ってるからまあ良しとしておこう。

 

昨年の夏、斎藤宏介のソロ企画「SK's Session」でカバーを披露したのは記憶に新しい。


‪あの場では他にも新曲が披露されていたが音源化は叶わず少し悔しかったのだけど、こんなに早く宏介さんの"絵の具"弾き語りがCDになるなんて。素直に嬉しい。

ソラさんの創り出す優しい神秘的な空気感に、宏介さんの芯の強さが加わってまた新しい"絵の具が生まれた。いつもライブ始めに聴いているメロディーなだけあっていろんなシーンが思い浮かぶ。この曲含めてライブのアクトだと思っているからかな。

そして宏介さんの歌い方が本当に好きなんだなと、カバーを通じて改めて気付かされる‬。

 

 

 

ソラさん20周年本当におめでとうございます。これからもソラさんの音楽がいろいろな形で聴き続けられますように。とは思うけれど、ソラさんはソラさんのペースでチャンスの種を掴んで欲しいと思います。

 

また素敵なトリビュートに出会った。

 

 

 

V.A. イズミカワソラトリビュートアルバム「タイムカプセル」

1.サイボーグ99% / UNISON SQUARE GARDEN
2.あかね色 ~instrumental~ / H ZETTRIO
3.ロケットで / 花*花
4.melody ~instrumental~ / jizue
5.tu-la-la / サカノウエヨースケ&SPIRAL SPIDERS
6. message / Hiroshi Nakamura (i-dep) + MASSAN (from MASSAN×BASHIRY)
7.願い / 吉田ゐさお (Jungle Smile)・日之内エミ
8.タイムカプセル / イズミカワソラ
9.荒野のガンマン / 鈴木組 (鈴木蘭々鈴木秋則河相我聞フジイケンジ・松本祐一)
10.此処から / 直枝政広 (カーネーション)
11.ソラまで / イズミカワソラ (music by 田淵智也 (UNISON SQUARE GARDEN) )
12.絵の具 / 斎藤宏介 (UNISON SQUARE GARDEN)

 

LIVE HOLIC extra Vol.2 (USGのみ)

f:id:xxkanakoxx:20180213135723j:image

LIVE HOLIC extra(Vol.1)ぶりの新木場STUDIO COAST。お元気ですか。

 

さて、LIVE HOLICはもうシリーズものみたいになっているけれど、今回はその特別編。4バンド+ゲスト3バンドを一度に観ることの出来る絶好の機会である。

 

f:id:xxkanakoxx:20180213195942j:image

 

今回はUNISON SQUARE GARDENに関してのみのレポートです。

 

f:id:xxkanakoxx:20180214132500j:image

f:id:xxkanakoxx:20180214132506j:image

 

yonigeのアクト終了後、フロア下手側の特設ステージでゆりっぱがトークコーナーを繰り広げる中、USGの機材が運ばれてくる。

調整終了後、1番はじめにステージに出てきたのは貴雄さん。チャカチャカドスドス、スタッフさんと話しながら調整とリハを進める。

 

ローディーさんの確認が終わってから田淵さんと宏介さんが登場。出るなり田淵さんはマイクスタンドが相当低かったらしく調整。宏介さんは髪の毛の一部がぴょこんとはねてたけど、後で登場したら直ってた。いつの間にか黒の上着脱いでた貴雄さん。

 

徐に始まるユニゾンのリハセッション。リハで1曲やるバンドは結構多いのだけどわたしはここで気持ちが冷めてしまうことが多くて、ああユニゾンはどこまでかゆい所に手が届くバンドなのだろうと毎回思う。以前R&R Band Wagonでリハの美学を語っていた回があり、自分の曲をリハでやるのはダサいというなんともシンプルな理由を伝えてくれて嬉しかった。フロアが既に圧倒されていて、こちらが誇らしい気持ちになる。

 

個性の強すぎる3人が、UNISON SQUARE GARDENという1点において交わる瞬間は本当に美しい。宏介さんがマイクチェックする中で目立たないように「ああ、あ、あ」ってチェックする田淵さん。

 

 

1分前に下手袖にはけていく3人。19:00をやや過ぎたところで上手上方にあるスクリーンにライブ映像とUNISON SQUARE GARDENの文字が登場すると、歓声が上がる。

 

いつものようにいつものSEをかけていつもの順で登場する3人。

 

【服装】
斎藤:肩から腕にかけて黒いシャツ、黒タイ、右尻白〇黒スキニー
田淵:78Tシャツ、ズタボロジーンズ、オレンジ紐靴、黒リスバン
鈴木:刺繍セットアップ、白Tシャツ

 

 

フェードアウトではなく完全にSEが止まったところで"Cheap Cheap Endroll"を鳴らす。前回のLIVE HOLICではアンコールで何も言わずにこの曲を弾き始めたのを鮮明に覚えている。いきなりエンドロールにしてしまう斬新さと軽快さが凄すぎた。

"オリオンをなぞる"は久々に田淵さんがAメロクラップに首を傾げるアクションしてた。攻撃的セットリスト仕様だからかな。

"BUSTER DICE MISERY""fake town baby"のリズム振り回しラインも最高。"BUSTER〜"は聴くたびにキメが洗練されてるし、"fake〜"は2番に入ってからのフロアのざわつきがすごかった。

 

 

今回はMCあり。
斎藤「どうも、UNISON SQUARE GARDENです。LIVE HOLIC、今回は先輩バンドとしてゲストに呼んでもらったということで、ちょっと先輩風を吹かせつつ、こう...肩で風を切りながら楽屋に入ったら、まさかの大先輩であるNothing's Carved In Stoneさんと同じ部屋でした。(肩で風を切った手を前に回して)このまま『おはようございます!!』って挨拶しました笑」

爆笑するベーシスト、微笑むドラマー。ナシスとユニゾンが同じ部屋だなんて、一瞬見せていただいていいですか...

斎藤「なので僕らまだチヤホヤされていません。打ち上げで後輩バンドとたくさん写真撮って、SNSにあげてもらおうと思ってます。

おっし、じゃあ新曲やります!」

 

 

ライトな曲フリから"君の瞳に恋してない"!関東では初披露。先日YouTubeで珍しくフルMVが公開されたとはいえ、アルバム曲でここまで盛り上がるって本当にすごい。田淵さんがぱぱぱぱっぱっとリズム口パクをしてたんだけど、貴雄さんに向けてやるときだけ口のリズムが違ってて(手は合ってる)、わざとやったのかなと思ったり。Twitterでそのリズム書いたのに反応が薄くて笑、ただ間違って書いた人みたいになってしまった。

間奏のギターソロを聴くたび、宏介さんギターほんとに上手いなと何度も思う。

間髪入れずに"Invisible Sensation"で高らかに空気空気両手に掴む。貴雄さん楽しそうすぎだし遊びすぎ。田淵さんはお気に入りの歌詞のところでわかりやすく表情変えすぎ。

ラストは"天国と地獄"。フェスやイベントにおいては定番曲とも言えるけれど、毎回細かい部分の表情が違っていて、それに気付いてからは毎回が楽しい。勢い余った貴雄さんは「駄々騒ぎー!!」ってシャウトしてましたね。曲の締めで床に置いたベースを踏みつける田淵さんが最高にかっこよかった。


斎藤「バイバイっ!」

 

 

約35分のアクト、本当にあっという間だった。

 


斎藤「LIVE HOLICどうもありがとうございましたUNISON SQUARE GARDENでした!(下手袖を指しながら)次はSHE'Sです!」

 

両手上げながら割と早めに去っていく田淵さん、フロアを眺めながら歩いていく宏介さん、客がぞろぞろと外に流れていく中ちゃんと全体を見渡して笑顔でお辞儀してくれた貴雄さん。

今夜も最強にかっこいい時間をありがとうございました。

 

 

 

入場時に目当てのバンドを聞かれてスタッフさんがそのバンド名の袋にチケットの半券を入れるという作業をしていたのだけど、明らかにUNISON SQUARE GARDENが多くて思わず他のバンド名を言いそうになった。集客力はバンドの実力を簡単に示せる1つの指標ではあるが、あまり突き抜けすぎるとイベントに呼ばれづらくなるという懸念もある。

今回はゲストでの登場だったからそれでもまだ許容範囲だと思うけれど、イベントの主催バンドよりはるかに売れてるだとか先輩より集客力があるだとか、いろいろ難しくなってくるだろうなあ。

まあそんなことは本人たちが1番よくわかっているだろうからあまり心配しないことにする。現在の無敵感も客観視しているようだし、これからも着々とかっこいいロックバンド道を突き進んでいってほしい。

 

 

 

LIVE HOLIC extra Vol.2 UNISON SQUARE GARDEN セットリスト 

01.Cheap Cheap Endroll
02.オリオンをなぞる
03.BUSTER DICE MISERY
04.fake town baby
05.君の瞳に恋してない
06.Invisible Sensation
07.天国と地獄

 

Mrs.GREEN APPLE - Love me, Love you

f:id:xxkanakoxx:20180213141834j:image

このブログを開始してから彼らのことを書くのは初めてだと思う。Mrs. GREEN APPLEが2/14に2018年第1弾となるニューシングル「Love me, Love you」をリリースする。

元々配信で表題曲だけ買おうと思っていたのだが、フラゲ日である本日訪れたタワーレコード渋谷店でちょうど流れていた曲がわたしの購入リストを狂わせた。もときくんの声だというのはすぐわかったし、YouTubeのダイジェストで聴いていたので何の曲かもすぐに検討がついたけど、やっぱりフルの魔力はすごい。CDを1枚増やしてわたしはレジに向かった。

 

なんとこれで6枚目のシングルだという。もっと出してたような気がしたのにな。初のファンクラブツアー「RINGO JAM TOUR ~東と名と阪~」の初日公演にてリリースが発表された。

昨年夏には5枚目となるダンサブルなシングル「WanteD! WanteD!」を、そして年末には配信限定でEDMを纏った「WHOO WHOO WHOO」をリリース。そこから一転、ピアノやホーンで彩られたミュージカル映画のような華やかな1曲が登場した。

 

表題曲の"Love me, Love you"は踊らずにはいられないサウンド。肩から上だけでのるなんてあまりにもったいない。どんどん色がついてカラフルになっていくような高揚感がありながらも構成はとてもシンプルで、多くの人の心を容易に掴むだろう。

劇場に入り込んだ気分になるような、華やかでポップな空気が放たれるメロディーの中で、底抜けに明るいだけじゃないのがすごく気に入っている。歌詞カードを見ながら身体を揺らしてほしい。

 

 

「早熟な天才」とはよく言ったもので、大森元貴って本当にすごいんだなあと感心せずにはいられない。"Love me, Love you"のような曲はきっと彼が得意としているジャンルではあるだろうけど、ソングライター・メロディーメーカーとしてはもちろん、潜在的なボーカル力がえげつない。声に表情を乗せるのが悔しいくらいに上手くて、あざといんだけど憎めないんだよなあ。そんなことを考えているうちにもう背中を押されている。

 

個人的な話だけれど彼はわたしの1つ下(1996年生まれ)で、その事実に何度も衝撃を受けている。好きなバンドのボーカルは大体自分より年が上であるためどこか遠いような感じで見ているのだけど、もときくんが年下だなんて、その才能と努力に呆気に取られるしかない。

新譜が出るたびに彼はメロディーに愛されているなと思うし、そうやって音と遊んでいる姿が魅力でもある。

 

 

 

カップリングには、坂口有望やドラマ「僕たちがやりました」のサントラなどを担当しているKan Sanoとのコラボが実現した"Log"と、大森元貴が高校の卒業式の翌日に書き、ライブ限定で披露されていた"春愁"が初音源化されている。

 

 

 

正直なところ「あまり好きではない」なんていうふわっとした緩和表現が出来ないくらい最近のミセスの売り方(売り出され方)が嫌いだ。でもそれは猛プッシュされている証でもあってそもそも音楽に罪はない。すべてに付き合う必要はないから、自分にとっての快適な距離感で彼らの音楽を愛していきたいと思った。売り出されるときに感じるあれこれも、曲を聴くと忘れちゃうんだよね。

UNISON SQUARE GARDEN×ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!- 「ACCIDENT CODE "R"」SPECIAL LIVE

久々のBIGCAT。BIGMAMA×UNISON SQUARE GARDENスペシャル対バン2days以来だから、1年半ぶりだろうか。

 

f:id:xxkanakoxx:20180207213844j:image

f:id:xxkanakoxx:20180207204345j:image 

2/7、UNISON SQUARE GARDENとROCK KIDS 802のコラボ企画として、「ACCIDENT CODE "R"」SPECIAL LIVEが行われた。

ズブズブの関係であることは周知の事実のはずなのに、昨年は関西ロックの大忘年会ともいわれる「RADIO CRAZY」にバンド名義での出場はなかった。そもそもバンドがフェス少ない年だったし、年末はthe pillowsのイベントで年越しが決まっていたし、年明けのあれやこれやもあって出ないことになったのだろう。その代わりと言っては情緒がないけれど、特別なイベントが設けられた。

 

この「ACCIDENT CODE "R"」、実は2015年にもなんばHatchで開催されている。そのときは東京スカパラダイスオーケストラLAMP IN TERREN、感覚ピエロと共演。武道館公演を控えているUNISON SQUARE GARDENだった。なんだか既に懐かしい。

 

 

さてこのRK802、radikoのプレミアム会員なのでよく聞いているのですが、やっぱり関東民に厳しい(気がする)。関西の人って基本的にそうなのだと思ってるんだけど、関東に対してものすごいバチバチですよね。わたしはそれがすごく素敵だなと思うのです。普段は。

今回みたいにチケットの抽選となるとまあ当たらない。ただ運が無かっただけかもしれないし意気込みが足りなかったのかもしれない、けどだいぶ当たり強い。年齢がなんちゃらも言われてますが、22歳で若くないと言われたらそりゃ仕方ない。

その後の先行も見事にすべて外れましたが、縁あって行けることになりました。多大なる感謝。

 

f:id:xxkanakoxx:20180207165806j:image

 

17:45、開場。整番は800番台だったので18:05頃入場。既にステージ下手側でオチケンさんがDJしてた。米津玄師、sumika、キュウソネコカミ...幅広いアーティストの楽曲をかけてフロアをあたためる。さすがの盛り上げ方でかっこよかったなあ。

 

18:25、オチケンさんはける。いつものローディーさん・スタッフさんが登場して機材の最終調整。

 

18:32、開演。いつも通りの感じで3人が登場。押されに押されつつも見やすい位置を確保。

 

 

【服装】

斎藤:肩から腕が黒いシャツ、黒タイ、右尻白〇黒スキニー
田淵:NirvanaTシャツ、ズタボロジーンズ、オレンジ紐靴
鈴木:刺繍セットアップ、白Tシャツ、茶ショートブーツ

 

 

UNISON SQUARE GARDENのアクトは"何かが変わりそう"からスタート。昨年6/8に行われたクリープハイプの自主企画「ストリップ歌小屋」以来。その前はツアー「Dr.Izzy」のチェンジ枠だったから、意外にレア曲。

また後で触れるけど、今回のイベントはUNISON SQUARE GARDENのライブを初めて観る、またはライブというもの自体が初という方も結構いたらしい。その人たちの中で何かが変わりそうな夜になったら素敵なことだ。もちろん備蓄米の人々も!


"オリオンをなぞる"。叩き始めから貴雄さんがにっこにこ。この曲においてワンマンでクラップ起きるの久々に見た気がする。2曲目にして早くもテンションMAX。


"オリオン〜"からの"Invisible Sensation"の流れに脱帽。ツアーの時はアンコール1曲目だったから宏介さんがMCしてから「本編でやってない方の新曲をやってみたいと思います」って紹介してからの披露だったわけだけど、直前に曲がいるのもなかなかよきですな。《とんでもないので》のところでとんでもない顔する田淵さんが好き。いまだに《夢中心コースアウト》がアウコに聞こえてしまう。

 
斎藤「どうも、UNISON SQUARE GARDENです!今日はROCK KIDS 802との合同ライブっちゅーことで、802曲用意してきました!残りまだあと799曲あります、よろしくお願いします!」

 

 

貴雄さんがリズムをとる。"等身大の地球"。クラップ率が対バン並に低くて驚いたけど、やるもやらないも自由。先月行われたnexUsと同じく、「Dr.Izzy」ツアーを想起させる。Aメロの宏介さんの手の動きが相変わらずうるさくて最高。ベースがエロくて至高。

 

"蒙昧termination"。前回の"R"のセトリにも入っていたけど割と対バンやイベントで披露されてる率が高い気がして、それこそワンマンで聴けるのは久々だったような。ツタロックでもやったっけね。ツアーだと「Catcher In The Spy」以来かな。《田淵に言っておいて》《ご勝手に》の宏介さんの歌い方に痺れる。

 

"BUSTER DICE MISERY"に繋ぐ攻めのライン。キメの部分が以前にも増して洗練されてた。田淵さんは上のコーラスが映えると思う。結構高めの。だからまたダイナソーバージョンの"クローバー"コーラスしてほしい。

 

いつものイントロからの"天国と地獄"。やっぱり盛り上がりがすごい。サビ前の田淵さんの表情が毎回よくて指差ししてしまう。

最近ドラムソロの1音パターンが定着していて嬉しい。あのインターバルが好きなんですよね。オーケーピーポーワンモアタイムのときの田淵さんの表情がめちゃめちゃかっこよかった。

 

"8月、昼中の流れ星と飛行機雲"。「Dr.Izzy」ツアーが終わってもこうして聴けるのは嬉しいですね。今2月なんですけどね。

宏介さんのボーカル力を感じられるナンバー。コーラスが相変わらず好き。最後の1音が鳴り終わるまでオーディエンスが聴き入っていたのが心地よかった。

 


斎藤「えーっと、なんか聞くところによると今日ユニゾン観るの初めてって人が結構いるみたいで、あとライブ自体が初めてって人もね、たくさんいるみたいで。皆さんどうもはじめまして〜(小さく手をふりふり)。これが本物の田淵でーす!(田淵さんタオルで顔ゴシゴシしたあと目見開く)
でね、そういう人たちが来ることを想定してなかったので…みんな知ってる曲あったかな?もしかしたら知らない曲ばっかりかもしれない笑。

で次にやる曲は最近802でもよく流してもらってるから、もしかしたら知ってるんじゃないかなと思います。新曲やります」

 

 

まさかのというべきか、やっぱりというべきか、何にせよ嬉しい"君の瞳に恋してない"の初披露。ライブの日になった瞬間YouTubeにフルバージョンがアップされていて、自称「時代遅れのバンド」なのになぜ?と思っていたけれど、タイミング的にはもしやと少しだけ期待していた。いざやってくれるとなると嬉しすぎて涙。カラフルな照明と、感慨深そうにその空間を噛み締める3人のキラキラした表情が印象的だった。


"君の瞳に恋してない"効果は絶大。そのあとの流れに多幸感を振りまく。"Silent Libre Mirage"。《張り切って跳べ》の田淵さん、今日1番の口の開き具合を記録してた。

《漂って癪にさわるけど》の直後は音源よりライブバージョンが好きかも。


"10% roll, 10% romance"。"Silent Libre Mirage"からの流れは「One roll, One romance」ツアーでもお馴染みだったけど、貴雄さんのカウントが「1.2!」じゃなく「1.2.3.4!」になってた。個人的には裏で取るから周りとどうしても合わないんだけど、それでいい、合わせなくていいんだって背中蹴ってくれたのもこのスリーピースロックバンドだったなあ。

 

斎藤「ラスト!」


"crazy birthday"でした。《せーの、バカー!》のところ、田淵さんがバーカバーカ言ってて笑ってしまった。好きすぎる。

ステージの上の3人が楽しそうだとこちらまで楽しくなってしまう、最上級の空間。

 

 

本編はこれで終了。着替えなしでアンコールに応えてくれた3人(梅さんも一緒に出てきてて笑ってしまった。多分機材調整と貴雄さんのヘッドホン付けだと思う)。

 

 

斎藤「アンコールどうもありがとう!実はね、あそこ(フロア後方上部)にカメラがあって、ライブ始まる前ずっとそれに映ったみんなの後頭部を見てて。オチケンさんが『ライブ初めて見る人ー?』とか『ユニゾン初めての人ー?』とか聞いてたじゃないですか、そしたら結構手が上がってて...これ今日大丈夫かな?って言ってたんだけど。っていうのも今日全然そういう人たちが来ることを...ありがたいことなんだけどね、想定してなかったから。でも楽しかったでしょ?今日初めてユニゾンのライブ見て『お、なんかユニゾンいいじゃぁーん』って思った人がいたら、ユニゾンよりもカッコいいバンドは日本に山ほどいるんで、802を聞いて、このバンドいいな!って思ったらぜひそのバンドのライブに行ってください!よろしくお願いします!」

 

これ聞いて昨年のビバラでのMCを思い出す。

 

斎藤「今日色んなバンドを見たと思います。新しく好きになったバンドだとか、やっぱり自分の贔屓のバンドが最高だぜ!って人とか。ここで僕からみなさんにお願いがあります。どうか明日、そのバンドの音源を聴いてください。そして必ずワンマンに行ってください。ワンマンに行くとそのバンドが更に好きになると思います。どうか、これからも、ロックバンドをよろしくお願いします」

(http://xxkanakoxx.hatenablog.com/entry/vivalarock2017day2 より)

 

今日は田淵さんが妙に誇らしげに頷いてたし、謙遜じゃなく彼らはこう思ってるんだろうな。確かにかっこいいバンドは山ほどいるけど、UNISON SQUARE GARDENもめちゃめちゃかっこいいですから。

初めて観るUNISON SQUARE GARDENのアクトが今日のライブっていう人々、なかなかに羨ましい。

 

 

斎藤「こないだオチケンさんの番組に出演させてもらった際に無茶振りをしまして。今回はワンマンライブっていうふれこみだったけど『ワンマンライブだったらやだ!落合健太郎とのツーマンライブじゃないとやだ!』って言って駄々をこねたんですよ。そしたら僕らが出てくる前にオチケンさんがステージに立ってDJをやってくださって。このあとラジオもあるのにあんなに喋って頂いて。ほんとありがとうございます。でももし次があるならまた無茶振りをしたいなと思ってて。あのー僕、ラジオとか歌番組とかでイントロが流れたときにアナウンサーの人が曲紹介を歌い出しギリギリまでして、そこから歌入るみたいな。あれ好きなんですよね。昭和の歌番組みたいな。『...花は桜木、男は花道。それでは歌ってもらいましょう!北島三郎で、与作』『…ぃよさくはぁ〜〜きをきる〜〜』次回こういう曲紹介やってほしい。オチケンさん英語ペラペラだしかっこよく紹介してもらってから歌いたいな。...いや次があったらの話ね笑。

じゃあアンコール、一曲だけやります!」

 


"シュガーソングとビターステップ"のイントロが鳴るやいなや下手袖からオチケン登場。MCで言った通りの曲紹介に、会場は大盛り上がり。宏介さん曰く、「実はめっちゃ練習してました笑!」とのこと。やられましたな。

1番Aメロの入り際宏介さんがニコニコしてて、曲フリ嬉しかったんだなあと思った。直後切り替えて真剣に歌う姿もいとをかし。

アンコールで使われる"シュガー〜"がすごく好き。多幸感を引き連れたまま、UNISON SQUARE GARDENのライブは終了。

 

 

オチケンさんの番組に出た際、田淵さんは「(ACCIDENT CODE "R"の)セトリまだ考えてねえや。MODE MOOD MODEツアーのセットリスト組んで満足してた」なんてことをへらへら言ってたのに、蓋を開けてみたらこれですよ。セトリおじさん本当にすごいな、という気持ちしかない。

 

今回は"Invisible Sensation"→"オリオンをなぞる"の流れと、初披露の"君の瞳に恋してない"からの流れが個人的にすごく好きだった。

特に"君の瞳に〜"はライブでやるのは初めてのはずなのに、もう既に空間が完成されていて驚いた。ライブ映えがすごかったのでホールでも早く観たいな。多幸感の権化だった。

普通なら「MODE MOOD MODE」ツアーで初披露になるはずなのかもしれないけれど、今回はリリースからツアー開始まで結構空いている。RK802で初披露された上に何度も流してもらっているということに対して恩を返すじゃないけど、かたくなにやらないとかではなくちゃんとイベントで披露してくれる柔軟さに感動した。このバンドの好きなところの一つかもしれない。

リード曲の役割をちゃんと全うしている"君の瞳に恋してない"の瞳に、恋してる。

 

 

そしてオチケンさんがすごくかっこよかった。ラジオを通してはずっと聞いていたけれど、生で観たのは久々。前回のACCIDENT CODE "R"といい兵庫県大でのキュウソとの対バンといい今回といい、FM802の企画でいい思いをしすぎている気がする。

本当に楽しかったです。弾丸だったけど大阪まで行ってよかった。素敵な時間をありがとうございました。

 

 

今月はLIVE HOLICとA FLOOD OF CIRCUSを控えている。好きなバンドをいくつも観ることができるイベントは嬉しい。

現在のUNISON SQUARE GARDENの無敵感を引き続き存分に楽しませてもらいたいと思います。

 

 

 

 

UNISON SQUARE GARDEN×ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!- 「ACCIDENT CODE "R"」SPECIAL LIVE セットリスト

01.何かが変わりそう
02.オリオンをなぞる
03.Invisible Sensation
04.等身大の地球
05.蒙昧termination
06.BUSTER DICE MISERY
07.天国と地獄
08.8月、昼中の流れ星と飛行機雲
09.君の瞳に恋してない
10.Silent Libre Mirage
11.10% roll, 10% romance
12.crazy birthday
en.
13.シュガーソングとビターステップ